夏のドリンク事情

あまり冷たいものばかりを口にしてはいけないと思っていますが、
それでも暑い暑い日には、冷たい飲み物がほしくなります。

以前は、シュワシュワしたものが飲みたいね~なんて話をすれば、
シャンパーニュ?という暗黙のお誘いだったりしたのですが、
アルコール抜きの生活になってからは、それに代わるおいしい飲み物探しの旅が始まりました。

レモネードシロップやジンジャーシロップを作ってみたり、
ハーブウォーターを作ってみたり・・・・。


赤しそジュース1

赤しそシロップも作りました。
教えていただいて、使ってみたい!と思っていた、京都・大原の赤しそです。
大原は、京都の料理屋さんの間でも有名な野菜の産地ですが、
ここの赤しそは、種が他と違うのだとか。

収穫した赤しそは、しっかり洗って汚れをおとし、一晩冷蔵庫でパリッとさせたうえで
送ってくださるという、手をかけられたもの。
みずみずしくて、香りもいいいのです。


赤しそジュース2

少しずつ長い間楽しみたいので、お砂糖もあまり控えず、しっかりめのシロップを作りました。
炭酸水で割れば、色もきれいな甘酸っぱい赤しそソーダの完成です。

フランス、シャブリ地方でワインを造っている、日本大好きのフランス人の友人が、
自宅の庭でしそを育てているのですが、
このシロップをおすそ分けしたら、「来年は赤しそを育てて、これを作る!」と
張り切っていました(笑)。


麦茶1

甘いドリンクは、食事のときにはなかなか合わないので、
普段の食事どきには、麦茶を。
一保堂さんの麦茶が好きで、いつもこれを買っています。

そのままでも、しっかりめの煎り具合なのですが、
もっとしっかりめも好きで、勝手にさらに焙煎?をすすめて、
好みの色にしてしまっています。


麦茶2

これがもとの色。
焙煎用の道具を持っているわけではないので、
ふつうに鉄のフライパンで乾煎りしていきます。


麦茶3

これくらいしっかり色づいたら完成。
コーヒー色の麦茶になります。


麦茶4

冷やしても、温めてもおいしいので、
夏だけでなく、年中おすすめのコーヒー麦茶?です。

スポンサーサイト

真夏の料理教室 2016年8月

今月も無事に料理教室が終了しました!

教室2016_8_4

猛暑の東京、テーブルは少しでも涼やかに…と、
ブルーラインのクロスにしてみました。


教室2016_8_5

センターは、季節のお花、ダリアを中心に。
パープルピンクでちょっと乙女シック?な装いです。


教室2016_8_8

夏の料理教室で使おう!と今年に入ってからずっと決めていた
万願寺とうがらし。
ようやく満を持して登場しました。

万願寺とうがらしは、京都北部舞鶴地方、満願寺近くでうまれた甘長唐辛子。
伏見とうがらしと、外国産の甘とうがらしを掛け合わせて、生まれたそうです。
肉厚で、種が少なく、甘味があるとうがらし。
今回は、築地でお世話になっている仲卸さんにお願いして、
立派なものをそろえていただきました。


教室2016_8_7

もう一つ、今回使おうと決めていたのが、
この胡椒。
生胡椒を房ごと塩漬けにしてあります。
仲良くしていただいてる料理人さんから分けていただいたものなのですが、
乾燥の胡椒とは違って、ちょっと花椒や山椒っぽくもあり、
またそれとも全然違、う独特の風味にすっかりはまってしまい、
ぜひレッスンでも一度使いたいなと思っていたのでした。


教室2016_8_1

まずは前菜から。
Soupe de 'MAANGANJI', congre frit
~万願寺とうがらしの冷たいスープ 穴子のフリットを添えて~

たっぷりの万願寺のピュレにブイヨンを合わせ、冷たいさっぱりスープに仕立てました。
サラダのようなさわやかさの中に、こっくり甘味のあるこれまた今が旬の穴子をフリットにしてトッピング。
穴子にかけているのが、刻んだ純胡椒です。


教室2016_8_2

続いて、メイン。
Blancs de volaille aux crevettes au parfum de curry
~鶏むね肉と海老のロール仕立て カレーの香りで~

開いたむね肉に、芝えびを混ぜたひき肉生地、小松菜でまいた車海老を巻いて
オーブンでしっとりと火を入れています。
カレーソースには、海老や鶏のガラ、端っこ野菜やトロピカルフルーツがいろいろ入っていて、
旨みたっぷり。
うちの教室は、ソースのおかわり自由なので、
生徒の皆さん、たっぷりソースを足して召し上がっていただきました♪


教室2016_8_3

デザートはさっぱりと。
Mousse d'amande, sorbet pastique au gingembre, tuile de sésames
~アーモンドのムースとすいかのジンジャーソルベ、ごまのチュイルを添えて~

手作りアーモンドミルクをベースに、アイスのように凍らせたアーモンドムース、
カリカリの香ばしいチュイル、そして、しょうがの香るすいかのソルベを重ね、
ライムのソースをまわりに添えています。
すいかのソルベは、先日、きょうの料理ビギナーズのテレビ番組でご紹介したものを
ちょっとアレンジして、大人のデザート仕様に。
すいかの中のしょうがの風味と、ごまのチュイルを一緒に食べると
なんだか雷おこしを食べているみたいな錯覚にもなる、ちょっとおもしろい組み合わせです。


教室2016_8_6

合わせたワインは、こちら。
今回は、白2本になりました。
どちらも個性的ですが、料理との相性がとてもよく、
お互いを引き立ててくれる素晴らしいパートナーになってくれました。

今は、お酒を飲めないので、
ちょっぴり味見するしかできないのですが、
お料理を食べているともっと飲みたくなるような素敵な組み合わせでした。


暑い中、お越しくださったみなさま
今月もありがとうございました。
産休前のレギュラーのレッスンは、残すところ9月のあと1回となりました。
来月も楽しいメニューをご用意して、お待ちしています!



7月お仕事のご報告

7月に出た、掲載誌のご報告です。

お仕事2016_7

●Como 8月号
以前に掲載いただいた、夏のデザートを再掲載いただいています。

●きょうの料理ビギナーズ 8月号
8月のテレビ放送で、ひんやりスイーツをご紹介しています。
そのテキストです。

放送は、以下の日程です。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/ryouri-begi/

●ゼリー編 
8月1日 Eテレ21:25~21:30 (再放送 8月2日 総合10:40~10:45 Eテレ23:25~23:30)
●シャーベット編 
8月2日 Eテレ21:25~21:30 (再放送 8月3日 総合10:40~10:45 Eテレ23:25~23:30)
●パンケーキ編
8月3日 Eテレ21:25~21:30 (再放送 8月4日 総合10:40~10:45 Eテレ23:25~23:30)
●和風編
8月4日 Eテレ21:25~21:30 (再放送 8月8日 総合10:40~10:45 Eテレ23:25~23:30)

4日間の夏のスイーツ企画です。
簡単にできるものばかりなので、よかったらご覧ください♪




7月料理教室のご報告

今月の教室が無事に終わりました。

教室2016_7_4

7月のテーブルは、オレンジ。
ちょっと昭和な気分のレースのランナーをしいて、
レトロに?仕上げてみました。


教室2016_7_5

センターは、今月の食材や、器の色をイメージして、
グリーンベースにほんのりローズ色。
色あわせにはいつも悩みますが、
この時期は、花の日持ちにもかなり気を使います。


教室2016_7_8

今月の特選食材は、えび。
北海道は古平の、縞海老です。
本来は、お造りとしてそのまま食べておいしい海老なのですが、
さっと火を通すと、また違ったおいしさがあるよ、と築地で教えていただき、
今回の前菜に使う海老は、いろいろ試した中で
この縞海老を使うことにしました。
縦に入った鮮やかな縞模様が本当にきれいな海老ちゃんです。


教室2016_7_7

たっぷりのハーブも登場します。
メインは、バジル。
生徒さんに、「ベランダ栽培ですか?」と聞かれるのですが、
さすがに教室で使う量はベランダでは賄いきれず・・・。
いつもお世話になっている、築地のお店でお願いしています。
水耕ものが多い中で、地植えのハーブを扱ってらっしゃるところがあって、
本当に香りがいいのです。


教室2016_7_6

グリーン&ローズのフルーツは、こちらのライチ。
今が旬のライチですが、産地によって、色や味が少しずつ違います。
今回、勧めていただいて選んだのは、中国産のグリーンライチ。
熟した状態が緑色で、少し粒は大きめ&種は小さめ。
他の品種より甘みがしっかりしています。
皮をむいた瞬間に、トロピカルな香りが部屋いっぱいに広がります。


教室2016_7_1

まずは前菜から。
Tarte croustillante a la tomate, aux crevettes et au pistou
~トマトと海老、ピストゥのタルト~

パイ生地を焼き上げたサクサクの器に、トマトコンフィ、ピストゥ、さっと湯通しした海老を重ねています。
パリッと揚げたバジルチップスと、バルサミコのソースが、味のアクセントに。
南フランスの風を感じさせてくれるような、
夏らしい前菜に仕上がりました。


教室2016_7_2

メイン
Filet de canard roti sauce aux abricots et aux amandes
~鴨胸肉のロティ アプリコットとアーモンドのソース~

しっとりロゼ色に仕上げるのがちょっと難しい鴨肉ですが、
オーブンで思った色に焼き上げるコツをご紹介しました。
酸味のきいたソースには、香ばしいアーモンドと甘酸っぱいアプリコットを合わせて。
付け合わせは、香ばしくて軽やかなポレンタを、グラタン仕立てにして添えました。


教室2016_7_3

デザート
Terrine a la rose et aux litchis
~ローズとライチのテリーヌ仕立て~

ローズパウダーを混ぜ込んだビスキュイに、軽やかなヨーグルトムース、ライチのコンポートを合わせて
テリーヌ型で仕上げました。
ライチのコンポートの煮汁はとてもいい香りで、そのままおいておくには忍びない味わいだったので、
ビスキュイにシロップとしてしみこませました。
口いっぱいに、バラとライチの香りが広がる、乙女なデザートです。


教室2016_7_9

合わせたワインはこちら。
前菜には、プロヴァンスのロゼがいいなぁとは思っていたのですが、
これは、トマトの香りやバジルソースの風味ともぴったり!
見た目は完全に白ワインですが、100%黒ブドウから作られている、
れっきとしたロゼワインなんです。
メインは、酸味メインでいくか、しっかりめの味を強調するかで、
リハーサルの時もかなり意見が分かれたのですが、
ナッツやドライフルーツ、コーンの香りも含めて楽しめる赤を選びました。
ただ、ちょっとボリュームもあるタイプなので、やや冷やし気味で。
夏には、あえて赤ワインを低めの温度で酸を楽しみながらいただくのも
ひとつの楽しみ方かな、と思っています。


教室2016_7_12

今月の食後のお茶は、Boissierの紅茶でした。
いろんな花の香りに、ビスキュイやマジパンの風味が入って、
華やかでこっくり甘いようなニュアンス。
今回のデザートのお供にぴったりでした。
缶のデザインも、何度見てもかわいい♪


ちなみにデザートのテリーヌ、切り分けたはしっこは、
翌日の雑誌の撮影に持参して、おめざとしてスタッフの皆さんに召し上がっていただきました。
喜んでいただけて、ほっと一安心。
教室のデザートは、なかなかそのままでは生活雑誌の中でご紹介できないのですが、
また差し入れにもっていきますね♪

ご報告 新しい命を授かりました

babyシューズ

このたび、コウノトリさんが我が家にも来てくださることになり、
新しい命を授かりました。
現在、妊娠5か月、ようやく安定期に入りましたので、
改めまして、ご報告させていただきます。

食べものを扱うお仕事をしている手前、
味覚が変わってしまったり、食べられなかったりして
お仕事に支障が出たら・・・と心配していたのですが、
幸いにも、つわりはとてもかるい方だったようで、
無事に乗り切ることができました。

今は体調もずいぶん安定し、
夏を乗り切る体力をつけよう、と思えるくらいに元気に過ごしています。

雑誌やテレビのお仕事も、料理教室も、変わらず続けさせていただいています。
体力的に不安なところは、強力助っ人さんにお手伝いいただけることになり、
ほっとひと安心。
10月いっぱいまでは、続けられたらと思っています。

残念ながらアルコールはしばらくお休みなので、
ワインのご縁でお仕事や食事会等、ご一緒させていただいている方々には、
しばらくお目にかかれず残念なのですが、
また復活したときには、ぜひまた一緒にグラスを傾けさせていただけたらうれしいです。

何もかもが初めてで、とまどうことばかりですが、
今しかない時間を大切に、毎日を過ごしていけたらと思っています。

皆さま、これからも変わらずお付き合いのほど、よろしくお願いいたします!




プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク