お年始の築地

今年は少し長めに京都に戻っていたので、
築地に新年のご挨拶にうかがうのが、すっかり遅くなってしまいました。

2014正月

新年最初の築地は、教室の食材買い出し。
いつもお世話になっている仲卸さんから、お年賀の手ぬぐいやタオルをいただきました。
最近は、年賀状すらメールで代用する人も多い中で、
こういう風習にふれると、温かい気持ちになります。


nanakusa2014_1_20140111165026e4f.jpg

こちらは7日にお粥にいれた七草。
小さいころは、祖母が田畑の畔に生えている七草を探しにいくのに
ついていったりしました。


nanakusa2014_2_201401111650284fe.jpg

七草粥、余っていたお餅も焼いて入れてみました。
今年も健康で暮らせますように・・・!




スポンサーサイト

緑のナス、赤いナス


少し前に、築地で「ぜひ試してみて」と、いただいた野菜です。

タイナス_1

これ、ナスなんです。

グリーンのナスは、タイ料理などでも見かけるので、
初めてではなかったのですが、赤いナスは初めてみました。
どちらも輸入ではなく、日本で栽培しているもの。

早速、どうやって食べたらおいしいか、いろいろ試してみました。

タイナス_3

まずはシンプルに炒め物。
しっかりした肉質なので、炒めても食感がしっかり残ります。
皮はやや固めですが、全体がしっかり食感なので、そこまで気にならないかも。
ちょっと香りをたしたくて、コリアンダーシードと一緒に炒めてみました。
色は少し抜けますが、意外にもちゃんと残ります。


タイナス_2

次は揚げ浸し。
素揚げして、ヴィネグレットであえてみました。
こちらのほうが色はしっかり残りました。
一般的なナスより、あくが強いので、最後にほろにがさがちょっと残ります。
でも、食べ応えのある一品になりました。

「皮がかたいから、カレーみたいな煮込みにしたほうがいいと言われている」と、
やっちゃばでうかがったので、最後はカレーにもしてみました。
最初から一緒に炒めて煮込んでも、柔らかくはなるものの、どろどろに溶けず、ちゃんと形状を保っていました。

ただ、皮の固さだけは変わらず、煮込むと皮が口の中に残り…。
煮込むときは、皮を外したほうがいいのかもしれません。

築地には、まだまだほかにも、いろんなナスが目白押し。
なすづくしでも、フルコースができるかも!?





穴子の季節だ!

今月の料理教室のメインには、穴子を使うことにしました!

穴子1

海水の温度が上がってくると、活動的になり、身も厚くなる穴子。
なじみの仲卸さんのところで、
用途を伝えてサイズを選んでもらいます。


穴子3

一度、河岸で開く練習をさせてもらったことがあるのですが、
なかなか家ではまな板に目打ちを立てられないので、
お願いして開いてもらっています。

一日に何百単位でさばいていらっしゃるだけあって、
速い!美しい!


穴子2

穴子は生簀に泳いでいるのですが、
なんと今日はスイカを発見!
あまりにも大きすぎて冷やす場所がないから、
一緒に入れたのだそう。
おもしろい光景に、思わずレンズを向けてしまいました。

生簀の水温は8℃くらいなので、
スイカを心地よく冷やすにはちょうどいいのかも?
でも、長く置きすぎると、浸透圧のせいなのか、
皮はそのままなのに、中身がべしゃべしゃになって生臭くなってしまうのだそう。
冷やしすぎには要注意のようです(笑)。


築地ウェア2013

築地で注目してもらったら、何かご縁がつながるかな…?と、
被災地支援に着ていっているaoSORAntのTシャツを
築地に着ていってみました。

結構派手な蛍光ブルーなので、何か言われるかなぁと待っていたのですが、
意外にもなじんでしまったようで…。
普通に、この夏の築地ウェアになってしまいそうです。
もうちょっとアピールしないとダメかな(笑)。


プレミアムいちご

先日、築地で
やっちゃばのお兄さんにプレゼントをもらいました♪

開けてみたら…

白いちご1

白いちご!

なんと、1個ずつ、緩衝材でカバーされています。


白いちご2

白いちごはとっても高価。
通常の、おいしいいちごの10倍くらいします。
「数が少ないから、どうしても値段があがっちゃうんだよ」と
仲卸のおじさんから聞きました。

なかなか自分では買えないので、とってもうれしい(^^)。
1つずつ、ありがたく、おいしくいただきました♪。

新年築地のご挨拶

新年第一回目の築地、今年は市場の初日に伺いました!

初競りの大間の本マグロは、1億5000万円を超えたのだとか。
す、すごい値段…!


築地年賀2013

お年始に仲卸さんのところにご挨拶に行くと、
懇意にしていただいているところでは、お年賀の手ぬぐいやタオルをいただきます。
屋号が入った手ぬぐいやタオル、今年はこんなにたくさんいただきました♪

こういうのをいただくと、なんだか築地の常連さんになれた気がして
ちょっとうれしくなります。

さあ、今年も頑張って通うぞ!
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク