離乳食スタート


赤ちゃんの離乳食は、
5~6カ月くらいがスタートの目安、と言われています。
ゴールデンウィークがあったり、なんだかんだで時期を逸していたのですが、
ようやく、離乳食スタートしました。

離乳食スタート1

かなり早い時期から、大人の食事を見てよだれをたらしていたり、
とても興味を持ってながめていたので、
いつでもスタートできるかな、と思っていたのですが、
もちろん最初は、ほんのひとさじから。

とても少量で、入れる器もおちょこサイズ。
それなら!と、
私のコレクションしているエッグスタンドを登場させることにしました。
卵サイズだから、少量のおかゆを盛るのには、ちょうどぴったり。


離乳食スタート2

今回使ったのは、こんなエッグスタンド。
ほとんどがフランスの蚤の市で見つけ出してきたものですが、
これは、プレゼントでいただいたもの。
最初のひとさじの器に選ばせていただきました。


ハーフバースデー

あっというまに、ハーフバースデー。
元気にすくすくと成長してくれていることに、
心から感謝です。

スポンサーサイト

2017年新春


すっかり出遅れで、今さら・・・ですが、
2017年最初のブログです。

ずっと家にいるのに、なんだかんだとばたばたしているうちに
いつも一日が終わってしまい・・・。
ブログを書く体制をとれずにいました。

2017正月2

今年は、初めて東京ですごすお正月でした。
毎年、年末は京都の実家に戻り、錦市場で買い出し、
おせちを作り、お餅をついて・・・というのが習わしだったのですが、
産まれたばかりの子を連れてあわただしい年の瀬に移動するのも不安だったので、
東京で、親子3人での年越しでした。

少しはお正月らしいことをしたいな、と、
お雑煮だけはちゃんと作りました。
丸もちに海老芋、金時にんじん。白味噌仕立てで、たっぷりとかつお節をふるのが
我が家の食べ方です。
白味噌のお雑煮は、体が芯から温まって、ほっとする味。
寒い京都の冬には、やっぱり白味噌が合うのかもしれません。


2017正月1

おせちを作る余裕はないけど、お正月らしいことがしたい、という
私のわがままにこたえて、
久美子さんが、おせちを作って遊びにきてくださいました。
丁寧に仕上げられた一品一品に、感動!
しみじみ、ありがたくいただきました。



2017河津桜

まだまだ寒い毎日ですが、
少し寒さがやわらいで、天気のいい日には、
親子でプチ散歩を始めました。
近所を歩いているだけなのですが、
川沿いの、河津桜が五部咲きに。

少しずつ春は近づいているんですね。



家族が増えました

しばらくブログの更新が滞ってしまいました。

気が付けば、今年もあとわずか。
時の流れの早さに、びっくりです。

11月24日、我が家に新しい家族が増えました。

東京は、50数年ぶりというめずらしい11月の雪の日。
窓の外は、真っ白な雪景色でした。

逆子が治らず、予定帝王切開での出産。
予定日よりも2週間早い出産で、まだ小さいんじゃないかと心配していたのですが、
2902gで元気に生まれてきてくれました。


monfils.jpg

昼夜ない生活で、寝不足真っ最中ですが、
日々変化している様子を見ていると、本当に毎日が新鮮です。

この子のためのごはんを作るのも、これからの楽しみ♪

親子ともども、どうぞよろしくお願いいたします!

手作りベビーグッズ


11月、出産のためのお休みに入らせていただいています。

会社勤めではない分、劇的に生活が変わるわけではないのですが、
普段できないことに時間を費やせるようになりました。

まずは・・・と、ベビーグッズ揃え。

せっかくだから、とつい、手作りにはしってしまい、
たいして知識もないのですが、
見よう見まね?でいろいろ作ってみました。


手作りグッズ1

こちらは、知り合いの方から譲っていただいた、バウンサー。
これから冬だし、ちょっとあったかい装いにしようかと、
布を買ってきて、オリジナルを参考に型紙をとり、
自分で縫ってみました。


手作りグッズ2

インディゴカラーのキルティングで、
ちょっとシックな感じに仕上げてみました。
実際に使ってみないとわかりませんが、
見た目はかなり満足の出来♪


手作りグッズ3

オーガニックコットンのガーゼ生地も、
まとまった量を買ってみたので、
何かと活躍しそうなガーゼハンカチ作り。

刺繍糸を使って、ちょっと楽しげなモチーフを
いろいろと縫い込んでみました。

刺繍って、いったんやり出すと本当に時間を忘れて没頭してしまいます。
あまりにも集中しすぎて、
一度角膜炎になってしまい…。
眼科の先生に、目の使い過ぎです、と叱られてしまいました(^^;)。


手作りグッズ4

本当は、スタイや肌着なんかも作ったら楽しそう♪と思っていたのですが、
はまりすぎてしまう自分の性格に反省し、
いったん休憩。
で、ちょっと落ち着いてから、ハンカチ第2弾を作ってみました。
今度は無理しないように、ちゃんと時間を決めて(^^;)。

ベビー用と言いつつ、
自分のお気に入りハンカチになりそうです♪





夏のドリンク事情

あまり冷たいものばかりを口にしてはいけないと思っていますが、
それでも暑い暑い日には、冷たい飲み物がほしくなります。

以前は、シュワシュワしたものが飲みたいね~なんて話をすれば、
シャンパーニュ?という暗黙のお誘いだったりしたのですが、
アルコール抜きの生活になってからは、それに代わるおいしい飲み物探しの旅が始まりました。

レモネードシロップやジンジャーシロップを作ってみたり、
ハーブウォーターを作ってみたり・・・・。


赤しそジュース1

赤しそシロップも作りました。
教えていただいて、使ってみたい!と思っていた、京都・大原の赤しそです。
大原は、京都の料理屋さんの間でも有名な野菜の産地ですが、
ここの赤しそは、種が他と違うのだとか。

収穫した赤しそは、しっかり洗って汚れをおとし、一晩冷蔵庫でパリッとさせたうえで
送ってくださるという、手をかけられたもの。
みずみずしくて、香りもいいいのです。


赤しそジュース2

少しずつ長い間楽しみたいので、お砂糖もあまり控えず、しっかりめのシロップを作りました。
炭酸水で割れば、色もきれいな甘酸っぱい赤しそソーダの完成です。

フランス、シャブリ地方でワインを造っている、日本大好きのフランス人の友人が、
自宅の庭でしそを育てているのですが、
このシロップをおすそ分けしたら、「来年は赤しそを育てて、これを作る!」と
張り切っていました(笑)。


麦茶1

甘いドリンクは、食事のときにはなかなか合わないので、
普段の食事どきには、麦茶を。
一保堂さんの麦茶が好きで、いつもこれを買っています。

そのままでも、しっかりめの煎り具合なのですが、
もっとしっかりめも好きで、勝手にさらに焙煎?をすすめて、
好みの色にしてしまっています。


麦茶2

これがもとの色。
焙煎用の道具を持っているわけではないので、
ふつうに鉄のフライパンで乾煎りしていきます。


麦茶3

これくらいしっかり色づいたら完成。
コーヒー色の麦茶になります。


麦茶4

冷やしても、温めてもおいしいので、
夏だけでなく、年中おすすめのコーヒー麦茶?です。

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク