パリからのおみやげ


最近、仲のいいお友達が次々と
パリへと出かけていきます。

そんな話を聞くたびに、
私もまた早く行きたいなぁと気持ちはすぐにフランスへ・・・・。

先週までパリに行っていた
お友達から、素敵なおみやげをいただきました。

0506お土産1

マカロンブックは、レシピ本とグッズがセットになったもの。
ルクエのシリコンまきすは、
ちょうど今、パリで和食の調理道具フェアをやっていたのだそう。


0506お土産2

かわいいピンクのマカロンブックの中身は
レシピ本、シリコンのベーキングシート、絞り袋と口金のセット。
これを買えば、すぐにマカロン作りがはじめられるというキットです。
(コンセプトは、ちょっとハピコレに似ていますね(笑)

このシリーズは、他にもグラスのついたデザートブックや、
陶器のかわいいれんげがついたアミューズブックなどのシリーズが。

こんなにかわいいキットをいただいて
急にまたマカロンを作りたくなってきました。


0506お土産3

2月に来日していた、ホテルムーリスのスーシェフ、
ヨーリックとも連絡を取ってもらっていたのですが、
彼からも素敵なプレゼントが。


モンマルトルの丘にあるエピスリーのようなのですが、
初めて聞く名前。
Appellation d'Origineという店の名前、
とっても気になります。
今度パリに行くときは、寄ってみないと。


Merci, Yoric!
スポンサーサイト

原谷苑の桜

京都に戻って、一番に行きたかったところに
まずその足でかけつけました。

桜の名所、原谷苑。

京都にいたころは、知らなかったのですが、
フランスから帰ってきたときに
行きつけのお店の兄さんに、ぜひ行っておいで、と教えてもらい
去年からずっと行こうと思っていたのでした。


金閣寺からさらに西へ。
行きづらい場所なので、ここに来るのはきっと
原谷苑へ行く以外の用事はないであろう場所。
タクシーの運転手さんに、ちょっと遅かったですね、
でもまだ花は残っていますから、気を落とさずに・・・と
慰められながら現地へ。


原谷苑1

今までに見たことのない光景でした。

たくさんの種類の桜が、苑内に咲き乱れ、
桜で人が霞むほど。

原谷苑2

黄桜、緑桜、山桜、八重紅しだれ、
ソメイヨシノ以外にもたくさんの桜があって、
全体的に繊細で可憐な雰囲気。


原谷苑3

あまりの桜のすごさに、
どうレンズに収めていいのか、
迷ってしまいます。


原谷苑4

こちらはもともと私邸の農園で、
あまりにも桜がきれいなので、この時期だけ一般公開するようになったというところ。
なので、アクセスも不便だし、入園料も結構高いのですが、
それでも絶対に来る価値のある場所。


原谷苑5

桜は苗木の販売もしているのですが、
それ以外にもいろいろな木々、花々が咲いていました。

原谷苑6

こちらは、しだれ桃。

原谷苑7

石楠花も咲き始めていました。

原谷苑8

満開の時期よりは少し遅かったようですが、
それでもまだまだ全盛期。
タクシーの運転手さんの心配は思いっきり空振りで
本当に美しい光景でした。


原谷苑9

わずかに散り始めた桜もあって、
風がざぁっとふくと、周りがみえなくなるくらいの桜吹雪に包まれました。
訪れている人たちから、わぁっと歓声が。



原谷苑10

ここは桃源郷ならぬ、桜源郷。
また来年も、ぜひとも来たいと思います。


巨大アイス


夏にでる、冷たいスイーツのムックを担当させてもらえることになり
今、ちょうど撮影の準備をしています。

紹介するスイーツは、
アイス、アイス、シャーベット、ゼリー、ムース、ババロア・・・・・と
冷たくてつるんとしたもののオンパレード。

今はまだまだ寒くて
ほっこりしたあったかいものがほしくなったりしますが、
これが出るころには、のどこしのいい冷たいものしか
食べたくないような暑さになるんだろうなぁ。


巨大アイス

大量につくるアレンジアイス用に発注した
特大サイズのハーゲンダッツです。
容量なんと5L.。
写真ではなかなか大きさが伝わりませんが
横にちょこんとかしこまっているミニなハーゲンダッツは
これでもれっきとしたお徳用大パックの473mlのものです。
大きいほうは、高さが26cmもあります。
冷凍庫に入れるだけでも大変!
これを全部食べたら、いったい何キロカロリーになるんだろう・・・・!?

春のお花


お花屋さんでミモザを見つけて
うれしくて買ってしまいました。

花2月1

ふんわり、黄色のボンボンがとってもかわいいミモザ。
パリのマルシェでも、この時期になるとお花屋さんに
たくさんのミモザが並んでいたなぁと思い出します。
あんまりにもいっぱいあるので、ミモザで花粉症になった、という人も・・・。
(絶対ぬれ衣だと思うのですが)

花2月2

あと、こんなにかわいいチューリップも発見。
ちょっと大きさが伝わりづらいかもしれませんが、
この子、とっても小さいのです。
花は親指の先くらい。
(このブログの写真が、ちょうど実物大くらいです)
お花屋さんで聞いたところ、チューリップの原種らしい、とのことでした。

春のお花はどれも、うきうきするような色合い。
こんな色のお菓子を作ってみたいな・・・。

ぶどうの葉


秋にフランスへ行ったとき、
ブルゴーニュの畑で、きれいに紅葉したぶどうの葉を少し
記念に持って帰ってきました。

紙ではさんで、本で重石をしておいたら
意外と色もとばずに、きれいな押し葉に。


ぶどうの葉

せっかくなので、フレームに入れて
飾ってみました。

このぶどうの葉のためだけに
ちょうどいい大きさの、アクリル板をオーダー。

最初は、食事のときのカナッペを並べるプレートにするつもりだったのですが、
ちょっともったいないので、今は壁にたてかけて飾っています。

これを見ていると
黄金に輝いていたコートドールのことを
いつも思い出します。
(訪問したときのブログはこちら
ちなみに、ブログの最後の写真にあげているぶどうの葉は、
左上の子です。

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク