11月のお食事会


091129食事会_7

ひさしぶりに、
古巣編集部の先輩がご飯を食べにきてくださいました。


091129食事会_1

今日も季節の食材たちをいろいろ使って。
本日のきのこは、大黒しめじと、最近はまっているあぎ茸。

091129食事会_3

お魚はイボダイ。
東京ではエボダイというそうです。


091129食事会_4

今年初の生牡蠣は、
厚岸のもの。

091129食事会_8

きのこはバターでカリッと焼いて、カナッペに使いました。
そば粉のパンケーキ、生ハムと重ねて。
カナッペ2種も添えました。

091129食事会_9

牡蠣はシンプルにエシャロットヴィネガーで。
ヴィネガーは、シードル、白ワイン、フランボワーズの3種類で
食べ比べをしてみました。


091129食事会_11

イボダイはカルパッチョにして、ヴィネグレットで。
大間の本マグロはたたきにして、オリーブソースを添えました。


091129食事会_10

久しぶりに作りました。
カリフラワーのフラン。
コンソメとあわせて、スープ代わりに。
大好きなカリフラワー、冬が近づいてきて
ようやく安くおいしくなってきました。

091129食事会_12

本日のメイン、牛ホホ肉の赤ワイン煮。
寒くなってくると、だんだん煮込みが食べたくなります。

091129食事会_13

デザートはりんごを使いました。
一人分ずつ焼いたタルトタタンに、りんごのシャーベットを添えて。


091129食事会_14

あわせたワインはこちら。
牡蠣にロワールのソーヴィニヨンブランを合わせたかったのですが、
残念ながら、あまり状態がよくなかった…(涙
でも、2001年のChateau Fontenilは、いい感じに熟成していて
メインといいバランスでした。


こうやって書き並べてみると、
冬の訪れを感じさせるメニューだったかも・・・。

もう12月。
今年もあと1ヶ月です。






スポンサーサイト

毎週のお花



2週目のバラ

今週のわが家には、
こんな素敵なバラの花があります。

先週からまた週に1回、大先輩であり、お友達であり、私のお教室の生徒さんでもある
くみこさんのテレビ番組収録のお手伝いをしているのですが
収録が終わるとスタッフの方が、毎回キッチンセットに飾られているお花を
先生に、と手渡してくださいます。
そのおすそ分けをいただいたのが、このバラ。
先週も、ピンクのとってもかわいいお花だったのですが、
写真を撮りそびれました(涙)。
お手伝いのこの1ヶ月間は、
毎週素敵なお花に癒されます♪

くみこさんのお手伝いは、
去年の夏のテレビ収録に続いて2度目。
この仕事を始めてから、定期的に誰かに会うということが
全くなくなってしまっていたので、
毎週集まって、準備をして、収録スタジオに行って・・・というのが
とってもとっても楽しかったのでした。

今回も週に一回の収録の日が
とても楽しみな毎日です。

久美子さんちの猫

くみこさんのうちに、最近やってきた猫ちゃんたちです。
最初は近づくだけで逃げられてしまったのが、
今週にはだいぶ仲良くなり(?)、
肉球も見せてくれました♪
3匹ともとてもかわいくて、猫ちゃんたちに会うのも
毎週の楽しみの一つです。






子持ち昆布


ずいぶんと秋も深まってきました。

築地までの自転車道も、景色が少しずつ変わってきています。

銀杏並木浜離宮前

浜離宮脇の銀杏並木も、ずいぶんと黄色くなりましました。
太陽の光が透けて見えて、とってもきれい。
自転車で走り抜けるのが、気持ちいい道です。


子持ち昆布1

本日の築地の品はこちら。
子持ち昆布です。
かなり分厚い立派な子持ち昆布。

これはカナダのもの。
昔は北海道あたりのものがもう少しあったのが、
今は、ニシンがずいぶん減ってしまって、
子持ち昆布も数の子も、ほとんどがカナダから入ってくるのだそう。


子持ち昆布2

塩抜きして漬けてみました。
こりこりした食感が、本当になんとも言えない~。
お酒がすすみそうな一品です。

ヌーヴォーの会


今年も、ヌーヴォーの季節がやってきました。

毎年、
「今年のヌーヴォーはいい!」
というふれこみで、ボージョレヌーヴォーがやってきますが(笑)、
今年は特によかったとか。
(というより、毎年いろんな技術が進化したりして
年々レベルが上がっているかもしれませんが・・・)


20091119.jpg

解禁日当日は、あまり時間がなかったのですが、
晩ごはんを兼ねて行ったワインバーで1杯(正確には2杯・・・)

ALBERT BICHOTのヌーヴォーが
樽で振舞われていました。


20091121_4.jpg

おうちでは、週末に友人と一緒に。
友人が持って来てくれた、LOU DUMONTと、
私が選んだシャソルネイのラパン。

先日のビショーも今回のルーデュモンも、
果実味がたっぷりで濃厚、ヌーヴォーにしてはとっても豊かなワインでした。
ラパンにいたっては、’Nouveau’ではなく’Primeur’とラベルにあるだけあって、
これから熟成させるべき、生まれたばかりの若いワインといった味わい。
来年以降までとっておいて飲んだら、
もっとおいしくなりそう♪
いずれにしろ、パーティなどで気軽にわいわい飲むガメイではないなぁという
印象でした。

20091121_3.jpg

今回は皆で大皿料理をつついて。
ガメイにはやっぱり豚肉や、シャルキュトリが合うなぁと思います。
塩豚と、ソーセージ、じゃがいもをことこと煮込んで、
どーんと出しました。


今年のヌーヴォーは、
ペットボトル入りもずいぶんと出ていたよう。
スーパーで見つけて、
ちゃんとワインボトルの形に似せて作られているペットボトルを
感心して眺めていたのですが、結局手にすることはありませんでした。

フランスの生産者サイドからは、あまり印象がよくなかったようですが
さてさて来年はどうなるのでしょう・・・・。

ESSEお菓子のきほん


お仕事のご報告です。

ESSEから出た別冊に、
私のお菓子も紹介されました。


ESSEお菓子のきほん

取り上げていただいたのは、
マフィンやドーナツ、プリンなど。

以前に本誌で紹介させていただいたものの中からの
ピックアップなのですが、
またこうやって世に出ると、なんだかうれしいです。
よかったらみてくださいね。




料理とワインの教室、始めます

去年春の帰国以来、
ずっとやろうと思い続けていたこと。
自分の料理教室を、
今月からとうとうスタートすることになりました!

始めるならちゃんと準備をして・・・・と思っていたら逆に構えてしまい、
なかなか一歩が踏み出せなかったのですが、
周りの方たちに励ましていただき、ようやく前に進むことができました。


教室0911_1

第一回料理とワインの教室。

自宅でのクラスなので、
椅子がある限りの少人数制。
自分も一緒に席について、となると、1クラスMAX5名です。

今回は、初めての教室ということで
私の先生練習(?)でもあったので、よく知っている方たちに声をかけて、
参加していただきました。

教室0911_8

教室でご紹介するのは、
季節の食材を使った、家庭で作るおもてなしの料理を
前菜、メイン、デザートのコース仕立てで。
そして
料理に合わせてセレクトしたワインとのマリアージュ。

今回は、秋の素材、栗や洋なしを使ったので、
テーブルにも少しおすそ分けして飾ってみました。

教室0911_11

自宅のキッチンでは、皆で作るスペースまではないので、
教室はデモンストレーション方式。
3品の仕込みを見ていただき、その後、前菜から順に仕上げていきます。
できたものから、セッティングしておいたテーブルに運び試食。
ワインとあわせて味わいます。
メイン、デザートも順に仕上げをしたらテーブルへ。
最後はゆっくりおしゃべりタイムです。

教室0911_3

今回のメニューをご紹介します。

Veloute de marron a la muscade
~栗のポタージュ ナツメグの香り~

栗をことこと煮て、なめらかな舌触りのポタージュに仕上げます。
ナツメグの香りただよう泡と、サラミ、栗チップスを添えて味のアクセントに。

教室0911_5

Roulade de volaille aux champignons
~きのこを巻いた鶏のルーラード~

鶏の胸肉に、たっぷりのきのこを巻いた一品。
表面はカリッ、中はしっとりという仕上がりになります。
青菜やきのこ、ペコロスを添え、バター風味のシンプルなソースをかけて。

教室0911_6

Poires farcies aux fruits secs,Tuiles aux amandes
~ドライフルーツを詰めた洋なし アーモンドのチュイール~

スパイスたっぷりのシロップでさっと煮た洋なしと
ドライフルーツをキャラメリゼして。
混ぜて焼くだけの簡単チュイールを食感のアクセントに添えました。


教室0911_10

あわせたワインはこちら。

Jean Foillard   VDT  Mon Vin Blanc (2005)

Domaine Le Briseau  Coteaux du Loir   Les Mortiers 2005

どちらも挑戦的な(?)ワインだったのですが、
お料理の素材や調理、味付けとの組み合わせを
いろいろと試してみました。

試食タイムには、みんなで
ワインの味やお料理との組み合わせのことなども
楽しくお話したり。

楽しい生徒の皆さんのおかげで
第一回の教室、無事に終えることができました。


今回はお試し教室的なところもあったのですが、
来月からはきちんと決めていきたいと思っています。

レシピのレベルや進め方、クラスの設定の仕方など、
もう少しちゃんと詰めないといけないのですが、
少しでもたくさんの方たちと、お料理とワインのある食卓を
分かち合っていけたらうれしいです。

悲しいかな、私のブログは
あまりコメントをしてくださる方がいらっしゃらないのですが(涙)、
きっとたくさんの方が見てくださっていると信じて、
ここでもご挨拶させていただきます。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします~!






先日の築地で。

この日のおためしは、この2つでした。

1030小鯛

小鯛。
いちばんの旬の時期ではありませんが、
酢でしめて食べるのはおいしいよ。とのこと。


1030ししゃも

これからが旬のししゃも。
北海道厚岸のものです。
ししゃもというと、一夜干しのイメージが強くて
生は初めて。
こんな顔をしていたんですね。


1030小鯛sushi

小鯛は酢でしめて、おすしにしてみました。
ちょっとさっぱり甘めに仕上げたすしめしと
とってもよく合います。

ししゃもは、せっかくなので、最初はお造りで。
次はフリットにしてそのまま食べてみました。
(写真がなくてごめんなさい・・・)
生だとねっとり甘い味。
フリットにすると、キスとかああいう感じの白身魚と似た風味です。

最後は定番の一夜干し。
さっと網でやいてシンプルに。
肉厚でうまみたっぷりの味わいでした。


これだとワインじゃなくて、日本酒かな・・・・(笑)。




プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク