初ソウル

どうせ飛行機に乗るなら、遠くに・・・と
ついフランスまで飛んでしまう私ですが
今回はお隣の国に飛んできました!

一瞬のお休みを狙って、弾丸韓国ツアーです。

ソウル1

せっかく行くなら、おいしい本場の韓国料理を食べたい!と
韓国に詳しい方たちに、いろいろオススメを聞いて、
地図にしっかり書き込み、出発!

行き先はソウル。
おのぼりさんは、まず南大門市場へ。


ソウル2

アジア独特の雑多な感じは、
国は違えど共通かも・・・。
ここは、マレーシアの市場を歩いたときと、感じが似ています。
あちこちから、「いい偽ものあるよ~」という売り込みの声が・・・・(^^;)

屋台のトッポキが、やけにおいしく感じました。


ソウル3

今回の私の目的は、
とにかく「食べ物」。

その目的を果たすために、
オススメのお店を教えてもらい、
ハングルで書いてあっても必ず行き着けるように、
ハングルをちょっと勉強しました。
おかげで、会話は挨拶くらいしかわかりませんが、
街の看板はある程度読めるようになりました♪
(ただし、発音できるだけで意味はわかりません・・・)


ソウル4

最初に食べたのは、タッカンマリ。
韓国のおばちゃんは、とっても仕事が速くて、
席に着いたと思ったらすぐに鍋がでてきました。
鶏丸ごと1羽の写真を撮るまもなく、
がしがしと切っていってしまったおばちゃん・・・。

自家製のコチュジャンと、にら、にんにくをつけて食べるこの鶏。
おいしかった~!

ソウル5

おいしかったもの、ちょこっとご紹介です。

干しだらのスープ。
朝ごはんにいきました。
こちらはこういうスープものが
本当においしい!
私の中では、「韓国料理=おいしいスープ」という方程式ができあがりました。

ソウル6

まだまだ暑かったので、冷たい冷麺が食べたくて・・。
ここのフェネンミョン、
絶妙のピリ辛とうまみでした。
すぐに麺を切りにとりかかるおばちゃんに
今回は「ちょっと待って!」が言えた!(笑)。


ソウル7

冷麺横丁のすぐ近くにある市場は、
他とは雰囲気がちょっと違ってなんだかディープな場所。
魚介を中心に、いろんな乾物がありましたが、
この魚がかなりリアルでした。

ソウル8

韓国のうどん、カルクッス。
スープの中で煮るので、味がよくしみています。
うどん企画を担当していたときに
世界のうどんを調べていたので、どんなものなのかとても気になっていました。
しっかりスープなのが、日本のつゆとは違うところですが、
親しみやすい味わいです。


ソウル9

最近は、韓国でもワインの人気が上昇中と聞きました。
確かに、こじゃれたカフェやバーには、「ワイン」の文字が。

でもやっぱり食事と一緒に皆が飲んでいるのは
これ。
チャミスルがいちばん多かったです。

ソウル13

疲れたときは、やっぱりお茶。
韓国のお茶は、ゆず茶くらいしか知らなかったのですが、
いろんな種類のお茶があって、
とってもおもしろい!

一番のお気に入りは、五味子茶。
こちらは、スイカやなしなどが入っていて、とてもフルーティなタイプ。
甘酸っぱくて、すっと疲れがとれる気がします。



ソウル10

通仁洞の市場には、ハルモニキンパを探してでかけたのですが、
残念ながら、出会えませんでした。

市場で見つけた餅菓子やさんで
できたてのおもちがとてもおいしそうで、
おばちゃんに取り分けてもらいました。


ソウル11

色とりどりのおもちは、かすかにごま油の風味。
中にはほのかに甘みのあるあんが入っています。
日本のお餅とはまた違う食感。

ソウル12

ナツメや栗が入ったおこわ。
これがとにかくおいしくて、
市場の帰りに乗ったタクシーの中で
つまみ食いしたら、とまらなくなってしまいました・・・。


う~ん、全然時間が足りなくて、
今回はこれくらいしか行けませんでした(*_*)。
(私の食べたいものリストにはこの3倍メモしてあるのです!)

行けなかったところは持ち越しということで、
次回を楽しみにしたいと思います。
次は少しくらい、会話できるようになっておきたいな・・・。






スポンサーサイト

9月の教室が終わりました

ああ、
またブログの更新が滞ってしまいました・・・。

筆不精なブログですみません(*_*)。
今月の教室のご報告、させていただきます。


教室9月4

9月に入っても、あまりにも暑かったので、
なかなか秋のメニューに手が出ず・・・。

ちょっと足踏みのメニューになりました。
でも教室当日は少し涼しくなったので、
(結局二日目以降はまた暑くなりましたが(^^;)
テーブルだけは少し秋を意識したものにしてみました。


教室9月8

クロスを最初に決めていたので、
お花はそれに合わせてナチュラルカラーでそろえてみました。
ピーチホワイトのケイトウと
パープルのバジル。
今月のメインにはバジルを使っているので、
ちょうどいいかな、と思って・・・。

教室9月5

クロスは、お気に入りのもののひとつ。
ブドウの刺繍が入っています。
フランス留学から帰る直前に、まだダイニングテーブルも買っていないのに
テーブルクロス用に、と選んだ布です。
全然サイズが足りなくて、お裁縫上手のとくさんにクロスを足してもらいました。

教室9月7

足してもらったのは、ブドウの色に合わせた生地。
これが気に入っている理由のひとつです。
クロスを支えてくれているpinces nappe(クロスの重し)も
ブドウでそろえました。

教室9月1

前菜
Gambas frites a l'aigre-doux
エビのフリット ソースエーグルドゥー

前回、とってもマニアックなワインとの組み合わせにしてしまったので、
今回は王道コンビで行こう、と思い、
お料理もそれにあわせて王道料理にしてみました。


教室9月2

メイン
Carre d'agneau en croute d'ail confit et basilic, gratin d'auphinois
子羊のロティ にんにくコンフィとバジルのクルート グラタンドフィノワ

こちらも同じく王道料理。
前菜、メインと今回はかなりボリュームがあったかも・・・。


教室9月3

デゼール
Tarte au citron
レモンのタルト

パリで働いていたパティスリーのレシピをもとに
自分でアレンジしたもの。
食事の後のデザートっぽくアレンジしてみました。


教室9月6

合わせたワインはこちら。
どちらも、組みあわせとしては、ワイン教本に出てくるような
あわせかたですが、選んだワインの造り手さんは、お料理との相性のいいものを
セレクトできたかな、と思っています。

それにしても今月は、まったく旬の食材が使えなかったな・・・・。
そろそろ涼しくなってきたので、
秋らしい食材をそろえたいところです。

来月の教室は、特別企画。
今、現在進行形で企画を進めています。
またこのブログでもご報告したいと思います!



ミエルコーン


先日の天ぷら講習会で、
私がいちばん気に入ったのが、
コーンだけのかき揚げ。

天ぷらやのご主人、Iさんが、
とってもおいしいコーンを持ってきてくださったのですが、
その名も’ミエルコーン’。

'ミエル'はフランス語でハチミツ。
ハチミツのように甘いってこと?だと思うのですが、
甘みもうまみもぎゅっと詰まっていて
それはそれはおいし~いコーンでした。

これは、築地ではなくて
東京駅や銀座にある、地方物産館の北海道のところで買えると聞いて、
早速行ってみました!


コーン1

上がミエルコーン。
一緒にあった真っ白なコーンは、ピュアホワイトという名前の
とうもろこし。
両方試してみることにしました。

「減農薬で育てられたこのとうきびの特徴は、生で食べられるということ」
とあったので、まずは生で試食。
どちらもとってもみずみずしくて、
かむとミルキーなジュースがとびちるくらい!
本当に甘くて、とうもろこしって生でこんなにおいしいの!?と
目からうろこでした。


コーン2

両方半分は蒸して、残りはピュアホワイトは生のままサラダに
ミエルコーンは生のままさっとバターで炒めてみました。

火を入れるとさらに甘みが倍増!
先日の天ぷら会でIさんが、ピュアホワイトは、ちょっと天ぷらにはむかないと思って・・・と
おっしゃっていたのですが、確かに、これだけ甘みが勝ってしまうと
ちょっと別物かも・・・と納得。
そのままお菓子になりそうなくらい。(糖度はメロンと同じなのだとか)
ミエルコーンのほうは、甘みもありつつ香ばしさがしっかり強いので、
加熱してお料理に使ってもバランスがいいのかも。

すっかりこのコーンのとりこになってしまった私。
9月上旬までとのことなので、今年はあと少しだけれど
来年はこれで料理教室のメニューをひとつ考えてみたいな・・・♪




今月のお仕事


先月~今月に出た雑誌、
お仕事のご報告です。


ボンメルシィ!スクール小学生クッキング 9月号 うどん作り特集

ボンメルシィ!リトル 9月号 5分でできるミニおかず

オレンジページクッキング 秋レシピ 連載


先日のブログでちょこっと書きましたが、
編集&ライター&料理を全部担当したのが、このうどん企画です。
まとめてページを担当するなんて、なかなかない経験・・・・
とっても大変ですが、
でもやりがいもたくさんあります。
ということで、引き続き、今後もがんばります~。


markのうどん

企画を担当して、すっかりうどんライフが定着しました。
うどんが食べたくなったら、ちゃちゃっと簡単うどんも
打っちゃいます♪

マークの小麦粉でもうどんを作ってみました。
とってもとっても素朴な味のうどんができあがりました!

マークも、まさか自分の小麦粉でうどんを作っている人間がいるとは
思わないだろうなぁ・・・(笑)
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク