夏野菜!



実家野菜2011ete_1

京都の実家から、夏野菜が届きました。

トマトにきゅうり、かぼちゃ、みょうが、
なすに万願寺、伏見の唐辛子2種。



実家野菜2011ete_2

届きたてをすぐに食べたくて、
お昼の冷麺に乗っけてみました。


有名な産地のおいしいお野菜がたくさんあることはよくわかっているのですが、
自分にとって一番は、なんだかんだいって地元のお野菜だなぁと
つくづく思います。


実家野菜2011ete_3

唐辛子はシンプルに食べるのが、何よりもいちばん。
網でこんがりと焼いて・・・


実家野菜2011ete_4

たっぷりのかつお節としょうゆを少々。
これがお気に入りです。

唐辛子の甘みと、焼いた香ばしさがぐんと引き立って
いくらでも食べられます。
そして、たま~に大当たりの辛いものにあたると
あ~唐辛子だったなぁ、この子、と思い出すのです(笑)。

スポンサーサイト

デラックスなキャンプ?


すっかり先週のことになってしまいましたが、
プチお盆休みということで、キャンプに行ってきました!

キャンプ2011_6

メンバーは、フランスで知り合った人たち総勢10名。

富士山の見える、河口湖湖畔を選んだのは、
ユニッソン・デ・クールの2番手シェフ、ヤニックに、
富士山をたくさん見せてあげたかったから。

ここでみんなでバーベキューをしました。

バーベキューと言うと、
肉を焼いて、野菜を焼いて、みんなでワイワイ・・・。

その言葉どおりではあったのですが、
いささか様子が違いました。



キャンプ2011_4

焼いた肉。
ブレスの鶏。(ブレス鳩もいました)

キャンプ2011_2

そして、オマールブルー。

キャンプ2011_3

仕込む人。
星つきレストランの2番手シェフ。

キャンプ2011_1

そして、20本以上のワインたち・・・。

キャンプ2011_5

バーべキューハウスのテーブルに、お皿とカトラリー、ナプキンをセッティングし、
アペリティフの準備は万端!
(ワイングラスも、一人1脚全員持参です)
この時点で、お隣でBBQをしていた人たちは、目が点になっていました・・・。

このアペリティフで、みんなすっかり満足してしまい、
肉を焼き始める頃にはすっかりいい気分になっておりました。
(ヤニックがかいがいしく肉を焼いてくれていたのに、まともな写真があまりなく・・・)

大人のバーベキュー、恐るべし。



キャンプ2011_7

翌日は、そのまま北上して、
勝沼のワイナリーを訪問しました。

なんだかんだ言って、毎年必ず1度は来ている勝沼です。

キャンプ2011_8

年を追うごとに、進歩し続けている、日本のワイン。
今年のブドウはどんな風に仕上がっているのでしょうか。

そろそろうちのシャルドネちゃんも、収穫時期かな・・・?



8月料理教室のご報告


す~っかりご報告が遅くなってしまいましたが、
今月も無事に料理教室が終了しました!

2011_8教室9

今月はお料理が黄色一色なので、クロスはあえて涼やかなブルーに。


2011_8教室7

お花は、クロスのブルーとも相性のいい、
少し紫の入ったダリアにしました。
一緒にいけているのっぽさんは、デザートにからめて、パイナップルツリーです。


2011_8教室2

ナプキンはVoilierという折り方にしました。
いわゆるヨットです。
ブルーのクロスの海を進む帆船をイメージして。

2011_8教室4

前菜
Tarterette au mais ’miel corn’, émulsion de poitrine salée
~ミエルコーンのタルトレット、パンチェッタのエミュルションを添えて~

ミエルコーンは、甘さと食感をいかしたタルトにしました。
表面だけをあぶって香ばしさをプラス。
パンチェッタの塩味でバランスをとって。

2011_8教室1

タルト生地に使った小麦粉はこちら。
去年にひきつづき取り寄せた、マーク・アンジェリの小麦粉です。
塩味のものに使うパート・ブリゼに絶対合うはず!と思い、
今回のメニューに取り入れました。
素朴なな香ばしさが、コーンの旨みをさらにひきたててくれます。

2011_8教室5

メイン
Porc rôti, sauce Robert au pamplemousse
~豚肩ロースのロティ グレープフルーツ風味のソースロベール~

夏の疲れを吹き飛ばしてくれる豚肉メニューは、
肩ロースを使って。
外はパリッ、中はジューシーに焼き上げます。
柑橘の風味をいかしたソースで、軽やかに仕上げました。


2011_8教室6

デザート
Déclinaison d’ananas
~パイナップルのデクリネゾン~

パインは、ソルベ、マリネ、チップス、キャラメリゼの4変化。
レモンのコンフィと、前菜にも使ったパート・ブリゼをここでも少し使い、
アクセントにしました。

2011_8教室3

あわせたワインはこちら。
どちらもお料理とよく合う組み合わせになったかなと思います。
赤ワインは特に、ひさびさにおいしいBANDOLに出会いました。


2011_8教室8

土曜クラスはワインライターさんからの差し入れもあり、
こんなに盛大になりました。
違うワインと合わせてみるのも、やっぱり面白い!

今月から1クラス増え、新しい生徒さんが来てくださいました。
さらに緊張の連続ですが、ますます気を引き締めて、
がんばっていきたいと思います!

黄色いメニュー!



aout2011.jpg

パイナップルにコーン、レモンにグレープフルーツ・・・。

こちら、今月の料理教室の食材たちです。

8月のメニューは、暑い季節にも元気の出るような
黄色いメニューにしました!


mielcorn2011.jpg

今回の教室にあわせて仕入れた、イチオシくんは
このミエルコーン。

'ミエル’と名前がつくだけあって、ハチミツのように甘い甘い
とうもろこしです。
糖度はだいたい17~18度。
これは、メロンよりも高い値なのだとか。
皮が薄くて、生食にしてもおいしいところがポイントです。

北海道から入るこのとうもろこし、
今年は例年よりも遅いときいていたので、
教室に間に合うかしら・・・と、どきどきしていました。
無事に到着したミエルコーンを使って、
今日から教室、スタートです!


今月のお仕事報告

7月~8月のお仕事のご報告です。

8月仕事2011

オレンジページ 8/17号 TODAY'S COOKING
巻末のおかずページです。

毎回、素材が決まっていて、今回のメイン素材は、かぼちゃ。
かぼちゃやいも類などは、女性は好きな人が多いのですが、
なかなか男性うけがよくないことが多く・・・。
今回は、そんな男性にも喜んでもらえるかぼちゃおかずを、
というミッションがありました。

とりあえず、かぼちゃの煮物にあまり箸がのびない夫は、無事クリア。
撮影後の試食では、同じくかぼちゃがそんなに得意ではないという
カメラマンさん(男性)からも、OKをいただきました♪

皆さんのご感想、お待ちしています!


きょうの料理ビギナーズ8月号のほうは、
お料理を担当したわけではないのですが・・・。

先日発売になった、私のレシピ本の制作風景を
ちょこっと紹介していただいています。

さてさて、本は無事に売れているかしら・・・。
どきどき(*_*)。



桃とヴェルヴェンヌ

夏は、大好きなフルーツがたくさん出てくる季節です。


pecheverveine1.jpg

そのうちの一つが桃。

かるく冷やして、そのまま食べるのが
何よりもおいしいのですが、
それだけじゃ芸がない(?)ので、
コンポートにしたり、冷たいスープにしたり、
大量にあるときはコンフィチュールにしたりと、
いろいろ形を変えて楽しんでいます。

今年ぜひともやりたかったのが、この組み合わせ。

桃とヴェルヴェンヌです。


pecheverveine3.jpg

ヴァニラとヴェルヴェンヌでコンポートにしました。
ヴェルヴェンヌのほのかなレモンっぽい香りと清涼感、
ヴァニラの甘い風味が、桃のみずみずしさと肉厚な食感を
さらに引き立ててくれます。


pecheverveine4.jpg

出来上がったコンポートは、桃を食べるのが目的ですが
副産物のシロップがまたおいしいのです。

炭酸水で割れば、暑い夏の昼下がりにぴったりの
涼しげなドリンクの出来上がり。


pecheverveine2.jpg

真夏の暑さに、元気をなくしてしまうハーブが多いのですが、
このヴェルヴェンヌは太陽が大好き。
今、ぐんぐんと大きくなっています。

この夏は、たくさんヴェルヴェンヌウォーターがいただけそうです♪
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク