9週間のお花

今年も久美子さんのテレビ収録のお手伝いをすることになりました!
帰国してすぐに声をかけてもらったのが
もう3年前のこと。
今回が3回目になります。

収録の間はアシスタントの仕事がかなり重要になってくるので
いっときも気が抜けないお手伝いですが、
テレビの料理番組の裏方が見られて、
自分にとっても、楽しい経験♪

QP花1

毎回、収録が終わると、
スタジオに飾ってあるお花を「先生に」といただいて帰ってきます。
それを、久美子先生、マキさん、わたしで山分け。


QP花2

先週、我が家に持ち帰ったお花はこんな組み合わせ。
9週間のお楽しみのひとつです♪

スポンサーサイト

9月お仕事のご報告その2

9月のお仕事報告第2弾です。

綾鷹


●オレンジページ 2011 10/2号(9/17売) 
 コカ・コーラ 綾鷹タイアップ広告

 お茶に合うロールケーキとランチのご提案をしています。


暑かった夏から、ようやく気持ちのいい秋へ。
クリームのお菓子も、おいしい季節になってきましたね~♪

台風一過


各地に大きな被害をもたらした今回の台風、
被害にあわれた地域の方に、心からお見舞い申し上げます。

東京でも、かなりの強風が襲ってきました。

いつもたいして影響を受けないので
余裕で構えていたのですが、ベランダのグリーンたち、思った以の暴風にあおられ・・・。

台風1

シャルドネちゃん、今にも風に持っていかれそうに・・・!

気がついたときには鉢が倒れて、
つるが伸びきり、風でばさばさと音を立てていました。

びっくりして根元を紐で縛り、雨どいにくくりつけたのですが、
それでも鉢は倒れ・・・。

2重、3重に枝を縛りつけ、窓に固定してなんとかしのぎました。


台風2

翌朝は朝から快晴。
シャルドネちゃんは、
すっかり葉が飛んでいってしまい、
ちょっとさみしい姿になってしまいましたが、
なんとか持ちこたえました。

台風3

他のハーブは大丈夫だったのですが、
意外にもやられたのが、ヴェルヴェンヌ。
葉っぱが全部茶色くなり、とても悲しい姿になってしまいました。
寒さには弱いのですが、風もだめだったんですね。


とにもかくにも、災害の多い2011年。
この後は穏やかに過ぎてくれることを
心から願います。




ベルエ・コンセイユ東京講習会2011


ベルエ1

今年も行ってきました。
年に1度の、ベルエ・コンセイユ校長、ジャン=ミシェル・ペルション先生による
特別講習会@東京。


ベルエ2

なんだかんだで、
今年で参加3年目になりました。
同行される通訳の方も、生徒さんも、古株の方が今回はいらっしゃらず、
去年までとはまた違った雰囲気。
ちょっぴり古株になってしまった私は、
ペルション先生にしっかり(?)覚えていただき
何かといえば名前を呼ばれ、アパレイユ作りをお手伝いさせていただきました。



ベルエ3

今年の2日間講習はこんな感じです。
キャラメル、ナッツ系が多く、全体的にブラウンな仕上がりになっています。

いつも講習会が終わると、撮りためた写真を整理し、
走り書きをまとめなおしてノートを作るのが、私の趣味(?)。
さてさて、今年もノート作り、がんばります!

9月教室のご報告

週末あたりから、また暑さがもどってきましたね。

木曜から始まった今月の料理教室。
無事終了しました!

今月は、秋の訪れを感じさせるようなメニューにしてみました。

2011_9教室_7

テーブルクロスは、今年の春にパリのマルシェで買ったものの一つ。
まだお披露目していないものが残っていました。
ナプキンとのおそろいになっていて、秋らしい少し落ち着いた色合いを
とても気に入っています。


2011_9教室_4

テーブル上には出てこないのですが、
かわいい刺繍が入っています。
横から見るとこんな感じ。
お気に入りのエッフェル塔のポワ・ド・ナップ(クロスの重し)もつけて♪

2011_9教室_6

クロスに映える、落ち着いた色合いの花をと思い、
今月はこんなお花にしてみました。

秋バラ、ワレモコウ、そして、シンフォリカルポス。
白い実が、プチプチと、かわいいのです。


2011_9教室_1

Blini aux champignons et jambon cru
~きのこと生ハムのブリニ~
ブリニは、そば粉のパンケーキのこと。たっぷりのきのこと生ハムを合わせ、
前菜仕立てにします。
シトロンのシャンティとパセリのソースを添えて。
例の大黒本しめじは、ここで使いました。


2011_9教室_2

Filet de canard en croûte de sel, légumes de saison sautés
~鴨肉の塩釜焼き 季節の野菜のソテー~
ハーブをたっぷり加えたクルートで鴨の胸肉を包み、オーブンで焼き上げます。
食感の楽しい旬の根菜、里芋とレンコンををバターでカリッとソテーして付け合せに。


2011_9教室_3

Crumble aux raisin ‘Kyoho’ sauce caramel choco-raisin
~巨峰のクランブル チョコ&ぶどうのキャラメルソース~
ぶどうの季節がやってきました。
クランブル生地で巨峰をサンドし、パート・ブリックでカップを作って
一人分ずつ焼き上げます。
キャラメルソースにはチョコレートと、こちらにもぶどうを入れて
ポルトで風味付けしました。


2011_9教室_5

合わせたワインはこちら。

初めてフランスを飛び出して合わせたワインは、
イタリア、ヴェネト州のもの。
そば粉の香ばしさや、きのこのうまみに、きれいに合ってくれました。

きれいに熟成したシャトーヌフ・デュ・パプも
絶妙の味わいでした。

夏の日差しがもどってきた週末、
このワインたちを飲むには、ちょっと暑すぎたかな・・・?
でも、これからの季節、おいしくなるワインたちです。


来月の教室は、年に1度の特別企画、
テリアンシェフの特別デモンストレーションです。
シェフからメニューも届いたので
それに合わせたワインを探したいと思います!



pas de cepe!

今月の料理教室がスタートしました!

9月のメニューは、秋らしい食材をいろいろ探してみました。

イチオシはこちら。
大黒本しめじ

前菜に使うきのこ。
大黒本しめじです。

マツタケ同様、栽培が難しいと言われていたホンシメジの栽培に成功した、というのが
このしめじ。
名前はしめじですが、
よくスーパーで見かけるものとはまったく味わいは違います。

フランスで秋のきのこの代表といえば、セップ茸。
大好きで、この季節になるととっても恋しくなるのですが、
このしめじ、バターでソテーすると、なんだかセップに近い
濃厚な味わいになるのです。

香りマツタケ味シメジ、とはよく言ったものだなぁと。


教室地図_1

教室の風景を少しご紹介。

料理に合わせて出すワインの説明に、
ワインの産地マップをいつも壁に貼っています。

どんな場所で作られるワインなのか、
少しでも身近に感じてほしいという思いから
いつも地図を指差しながら、ワインの説明をしているのですが、
心はいつも地図の中の土地にトリップしています(笑)。


教室地図_2

今まではフランスワインオンリーでやってきたのですが、
今回ついにフランスを飛び出すことになりました。

フランス全土の地図しかもっていなかったので、
急遽ヨーロッパのワインマップを探してきました。

こうやって改めて地図を見ると、
本当にいろんな場所でワインが作られているんだなぁと
しみじみと実感します。


メニューのほうは、教室が終わったら
改めてご報告します!



9月お仕事のご報告

9月に発売になった雑誌等の
お仕事のご報告です。

2011_9お仕事

食べようび vol.3
●シリコンスチーマーおかず

サンキュ!10月号
●おべんとうおかずカタログ

●別冊ドーナツBOOK

こどもちゃれんじ ぷち通信9月 たいけんのトビラ
●野菜でスマイルサラダ

PLUS1LIVING 10月号
●フレンチデリで持ち寄りパーティ

シリコンスチーマー


ど~んと並んだテーブルいっぱいのシリコンスチーマー。
撮影用に持ってきてくださったものを並べてみたら、
テーブルからあふれました・・・。
シリコンスチーマーって、こんなにたくさん出てたんだ・・・とびっくり。
とってもカラフルで、見ているだけで元気になります。


ドーナツBOOKは、まるごと一冊、
ミスタードーナツのメニューが再現できるというもの。
ポンデリングもできちゃいました♪

PLUS1LIVINGは、
念願の、久美子さんとの初共演!
久美子さんちでフレンチデリの持ち寄りパーティという、
ほぼノンフィクション(?)のテーマでした。
築地での買出しから仕込み、撮影にその後の試食まで、
まる2日間ぜ~んぶ一緒に。
楽しかったなぁ・・・♪


よかったら、ぜひぜひ見てください~♪




ぶどう収穫!


vendange2011_1.jpg

そろそろかな?
そろそろかも?
と、ずっと様子を伺っていたシャルドネちゃん。

8月も終わりだし・・・と
収穫いたしました♪



vendange2011_2.jpg

収穫時期の決め手は、
ぶどうの皮が透けて、種が見えるようになったら。
(と勝手に思っているのですが、実際のところはわかりません)


vendange2011.jpg

今年はこの1房くらいしかなりませんでした。

貴重なぶどうを味見。
さすがワイン用品種、小粒でぎゅっ。
種が思ったより大きくて、実がほとんどない・・・。
太陽はちゃんと浴びているので、種も渋くないのですが、
なにせ夏場は24時間ずっと暑い東京のベランダなので、
残念ながら、まったく酸はのってございません。
酸のしっかりきいたスパークリングワインのおつまみにしたら
ちょうどよかったです(笑)。

ぶどうのカーテンがそもそもの狙いとはいえ、
やっぱり一房だけだとちょっと寂しい気持ちも・・・。
秋にボルドーの兄さんが指導に来てくれるとのことなので、
そのときに剪定の仕方や手入れの仕方など、
いろいろ教えてもらおうと思います。

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク