1月料理教室のご報告

遅くなりましたが1月料理教室のご報告です。

教室2012_1_13

新しい年を迎えて最初のレッスンということで
ちょっと引き締まった色のクロスでお迎えしました。
先日のブログでもご報告しましたが、
1月のメニューは冬の食材に、京都の野菜、フランスの1月の風物詩、と
季節感満載の内容になりました。

教室2012_1_1

Veloutcé de navet ‘shougoin’ friture de laitance
~聖護院かぶのヴェルーテ 白子のフリット添え~

前菜は、聖護院かぶの甘みたっぷりポタージュ
白子のフリットは、ころもをちょっと厚めにして、
その食感と一緒に楽しめるようにしてみました。


教室2012_1_2

Volaille au vin
~若鶏の赤ワイン煮~

コックオヴァンはブルゴーニュ地方の郷土料理。
コック=老いた雄鶏ではなく、普段手に入る若鶏で作っておいしく仕上がるよう
調整をした調理法をご紹介。
京野菜たちは、あえてごろごろと大きく使って
その食感を楽しんでもらえるようにしました。

教室2012_1_9

Galette des Rois a l’orange, Glace vanille au raisin
~オレンジ風味のガレット・デ・ロワ ラムレーズンバニラアイスを添えて~

ガレットデロワは、オレンジの風味をきかせて
爽やかに仕上げました。
いつもは、きちんと盛り付けてからテーブルに運ぶのですが、
今回は、テーブルのセンターにおいて、皆でわいわい切り分けました。


教室2012_1_10

フェーブが当たった人には、王冠をプレゼント。


教室2012_1_6

合わせたワインはこちら。
今回も、楽しいワインとの組み合わせをご紹介でいたかなと思います。
特に白ワインのほうが、今回は人気の組み合わせだったようです。


教室2012_1_1

年末に見つけて即買いしたポワドナップ(テーブルクロスの重し)。
大好きなぶどうちゃんのです♪

皆さま、次回もよろしくお願いします!


スポンサーサイト

シャルドネちゃん剪定

寒い寒い冬です。

ベランダのグリーンたちも、ひっそりと息をひそめています。

ようやく時期がきたな、と剪定を始めることにしました。


剪定2012_4

これは12月の時点でのシャルドネちゃん。
私のボルドーのお兄さん、麗雄さんが東京にいらしたとき
剪定講習会をしてもらいました。
そのときは、まだこんなに葉も残っていて、完全には冬支度でなかったので
一応枝の分け方などを口頭で教えてもらい・・・。


剪定2012_3

1月も半ば。
すっかり葉は落ち、寂しげな姿に。
こうなったら、枝のお手入れの時期です。

1日がかりで剪定にとりかかりました。

剪定2012_5

アフターがこちら。

一つの窓に置く鉢を一つにし、
両サイドに枝を分けて、突っ張り棒に固定しました。
今までは樹勢が強すぎてこんがらがっていた枝も
これですっきりするはず。

剪定2012_6

もう一つの鉢は、お隣のお部屋の前に移動。
今年は緑のカーテンをもう一つ増やせそう♪

支柱を立てるのに、土のスペースを増やせなかったので
突っ張り棒を選んだのですが、真っ白なものしかなく・・・。
ぶどうが大きくなってきたときに、一体感が出てくれるほうがいいなと思い
頑張ってテープを巻いてグリーンにしました。

これで準備万端のシャルドネちゃん。
春が待ち遠しいです。
あ、ちなみに今年も切り取った枝を土にさしてみています。
芽が出たら、おすそ分け申し込み、受け付けます♪

冬の味覚


冬になると必ず食べたくなるもの。

実家の青ネギ

実家の青ねぎです。

年中出回っている野菜でも、やっぱり旬の時期が一番うまみが増して
おいしくなります。
実家は京都なので、ねぎと言えば、青ねぎ。
東京ではやはり日常的ではないので、送ってもらったねぎが届くと
わ~い♪と大喜び。

実家のかぶ

泥だらけですが、とってきたばかりなもので・・・(^^;)。
年始に実家に帰ったとき、勝手口の外に転がっていた
大根とかぶらです。

かぶらも、青ねぎも、今となってはありがたいものなのですが、
昔は、買ってきたレシピ本に載っているメニューを作ろうとしたら
写真に載っているような材料がそろわなくて
白ネギや小かぶを探してわざわざスーパーに行ったりもしました。

青ネギと油揚げ2012

いつもおなじみですが、
ねぎはお揚げさんと炊くのがやっぱり一番好き。
他にも和えものにしたり、炒めものにしたり、
いろいろ楽しむのですが、一位の座はやっぱり譲れません。

黒豆ごはん2012

実家のある丹波地方は黒豆も有名だったりするのですが、
お正月が終わると黒豆の出番に困ってしまうので、
煎って香ばしくしてから、お出汁につけて豆ごはんにしてみました。
これなら、年中黒豆大活躍♪

かぶらは、教室メニューのほかにも、マリネにしたり
なんちゃって千枚漬けにしたりと楽しんでいるのですが、
こちらはまた改めてご紹介します。

こうやって書き並べてみると
夏よりも冬のほうが京都のお野菜って多かったりするのかな・・・?

2012年最初の教室


2012年最初の料理教室。

教室2012_1_12

不覚にも体調を崩してしまい、
1クラスレッスン日を変えていただくことになってしまいました。
来週開催なので、詳しいお料理はそのあとにご報告したいと思います。

白子

今月の旬の食材は、こちら。
白子です。
これは根室のもの。
新鮮な白子は、ぷりぷりしていて本当に美しい。
フランスでは使わない食材ですが、
やはり旬のものはおいしいので、今回はこの白子を前菜に。

京野菜2012

野菜は、聖護院かぶに、金時にんじん、海老芋。
京都のお正月に欠かせない野菜たちです。
1月らしい野菜を、と今回は、前菜とメインに使うことにしました。


教室2012_1_7

デザートに使うのは、こんなかわいい子たち。
フェーブです。
1月のお菓子、ガレットデロワに入る、陶器の人形。


教室2012_1_8

フランスにいたとき、いろんなお店のガレットデロワを食べ比べたくて
1月の間じゅう、パティスリーを巡りました。
入っていたフェーブのコレクションを見ると、
懐かしく思い出されます。
こんな数のホールのガレットを買っていたんですね・・・(^^;)。

1月お仕事のご報告


1月に出た掲載誌のご報告です。


1月2012仕事

サンキュ! 2月号 
冬の節電&省エネ特集

夏に出版した、『カセットボンベ1本で、これだけ料理ができました!』を
 取り上げていただきました。

はんど&はあと 2月号
ハートクローバーシリコン型で作るスイーツ&料理

キットのシリコン型は、形やサイズ、色など、
型そのものの開発から監修に入って、一緒に作りげてきました。
表は大きなクローバーで、切り分ければハートが4つ。
逆の面から使うと、ミニハートがとれるという両面使いのできる型。
皆さんにいろいろ使っていただけるとうれしいな・・・。


築地のお年始

今日は七草粥の日。

七草2012

朝、築地に行くばたばたで作りそびれたので、
お昼にいただきました。

子どもの頃は、祖母が田畑で摘んできてくれた七草。
今日は、セットになったものをお店で手に入れました。



お年始2012

今年最初の築地は、
お世話になっている仲卸さんのところへ年始のご挨拶に。

屋号の入った手ぬぐいやタオルを、年賀にいただきました。
こういう昔ながらのやりとりも、
東京で出会えるのは、私にとって、ここ築地だけ。

築地の皆さま、今年も何卒よろしくお願いいたします~!


2012年のはじまり

2012年の幕開けです。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

この年末年始は、久しぶりに実家での年越しとなりました。


oshougatu 2012_1

我が家のお正月をちょっぴりご紹介いたします。

元旦は、大福茶(’おおぶくちゃ’と読みます)から始まります。
結び昆布と梅干しが入ったこのお茶、
由来をたどれば、平安時代までさかのぼるそう。
(京都だけなのかな・・・?)
家族全員でお正月のあいさつをし、このお茶を飲みます。


oshougatu 2012_13

お雑煮は、白みそ。
金時人参、大根、頭芋とお餅が入って、上にはたっぷり削り節をかけていただきます。
ちょっと煮込んで、頭芋がとろっとなったくらいのお汁が、私の好み♪


oshougatu 2012_4

ちなみに頭芋はこんな感じです。
おうちによっては一家の長男だけが食べるそうですが、
うちはみんなで分けていただきます。


oshougatu 2012_6

おせちは毎年、母との合作。
(いつも写真を撮る場所がなくて・・・。ボケた写真ですみません)
求肥巻や、棒鱈は、京都っぽい一品でしょうか。


oshougatu 2012_2

おせちの材料の買い出しには,
いつものごとく、錦市場に繰り出しました。
ほぼ観光地化しているので、ちょっと目についた華やかなものを買うくらいなのですが、
行くと「あ~、年末だなぁ」としみじみ感じます。

oshougatu 2012_7

初詣には伏見稲荷大社に行きました。
ふだんは家の近くの寺社にだけ行くのですが、
今年はちょっと足をのばして。

oshougatu 2012_8

千本鳥居は、本当は何本あるんでしょうか…?
お山をぐるりと回って、ずっと続いているので、
「鳥居を全部見ようと思ったら今日一日歩かないと無理やで」と
前を歩いていたおじさんにさとされ、途中で折り返しました(^^;)。


oshougatu 2012_12

ここからは大阪です。
師匠たちと、うちわ新年会。

oshougatu 2012_9

なんと、ミエラルのシャポンを用意してくれていました!
しかも焼いてくれたのは、ユニッソンの凄腕、ヤニック。

oshougatu 2012_11

ワインもずいぶんあきました。
お正月から幸先のいい、ワインスタートです♪


東日本大震災で状況が一変し、
つらい気持ちになることが多かった2011年。
自分自身の足元や、人とのつながりを改めて見直す年でもありました。
そこから1歩前に踏み出して、2012年は新しい気持ちで前に進んでいきたいとおもいます。
皆さま、今年もよろしくお願い申し上げます!
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク