2月お仕事のご報告 その2

2月のお仕事ご報告第2弾です。

2012_2仕事

●きょうの料理 ビギナーズ 3月号
 青菜サラダ

パンに合う、青菜のサラダレシピをご紹介しています。
ワインにも合うかも・・・!♪



スポンサーサイト

食い倒れシンガポール


すっかりご報告の順番が入れ替わってしまったのですが、
2月の頭に、シンガポールへ行ってきました。
写真をちゃんとまとめたら・・・とのんびり構えていたら、
次の飛行機が押し迫ってきてしまったので、とりいそぎご報告!

シンガポール1

友人夫妻を訪ねてやってきたシンガポール。

10年ぶりに訪れたこの国は、建築ラッシュ。
人もモノもたくさん動いていて、活気があります。


シンガポール2

シンガポールは各国からの移民が自分たちの文化を花開かせています。
インド人街にはヒンドゥー教のお寺が。


シンガポール3

チャイナタウンには、中国のお寺や市場。

アラブ人街にはモスクもあります。


以前に来たときは、中国とも、マレーシアとも、どことも言えない
この中途半端な文化が理解できず、それぞれの国に行ったほうが面白いような
気がしていたのですが、
今回はそのごちゃまぜになった中から生まれたものが
こんなにも面白いのかと改めて感じさせてくれる出会いがたくさんありました。


シンガポール4

マレーシア人と中国人の混血、プラナカンが花開かせた文化は、
美しい、手の込んだものがたくさん。


シンガポール5

陶器にも、南らしい鮮やかな色彩。


プラナカンの料理も、とても複雑で手の込んだものが
たくさんありました。

そう、料理。

今回は’とにかくシンガポールの料理を知りたい!’と、
友人夫妻にお願いして、滞在中毎日食べ歩きました。

全部紹介したいところなのですが、
あまりにも膨大なので、いくつか写真だけ…。

シンガポール6 シンガポール7
シンガポール8 シンガポール9 シンガポール10 
シンガポール11 シンガポール12 シンガポール13
シンガポール14 シンガポール15
シンガポール16 シンガポール17
シンガポール21 シンガポール18

チキンライスやチリクラブのような、
定番のシンガポール料理をはじめ、
プラナカンの料理、
インド料理やマレー料理、
地元の人でにぎわう、住宅街の市場のフードコートの料理、
とにかく時間のある限り、足を運びました。

地元で人気の店は、どこも長蛇の列。
そんな店をチェックして、事前に予約してくれた友人夫妻に本当に感謝です。
(ありがとう!)

どの料理にも、この土地、この気候、この人々だからこその料理だという
理由がちゃんとあります。
チキンライス一つをとっても、
牛を食べないヒンドゥー教徒、豚を食べないイスラム教徒、
さまざまな宗教を信仰する人々が集まったこの地だからこそ、
誰もが手を伸ばせるチキン料理が広まったのだと思うのと、
納得。

いろんな国の人たちが集まっていることそれ自体が
この国の文化なんだなぁと改めて感じる瞬間でした。


シンガポール19

ラッフルズホテルのロングバーで
シンガポールスリングを手に。

刻々と変化し続けているシンガポール。
次に来るときには、どんな顔を見せてくれるのか
本当に楽しみです。



素敵な贈りもの


お教室に来てくださる生徒さんは
いろんな経験をお持ちの方がいらっしゃいます。

beurre.jpg

今月から新しく来てくださった生徒さんの中には、
フランスと日本を往復してはや数十年という方も。
ご本人は、東京が大好きなのだそうで、ずっとこっちにいたいそうなのですが、
フランス大好きな私にとっては、いつでも替わって差し上げたいくらいうらやましい!(笑)

フランスのおいしいバターを、お土産に持ってきてくださいました♪
フランスのバターの、豊かな風味は本当に本当に大好き!
何に使おうかと考えるだけで、わくわくします。


キャラメルGJ

さらにお住まいのご近所だからと
ジャック・ジュナンさんのキャラメルも。
濃厚な味わいとやさしい口どけは、彼のキャラメルだからこその味わい。

かやのやセット

厳選素材を使った調味料が有名なお店でお勤めのAさんからは、
お店の素敵な調味料の詰め合わせをいただきました。

寒い日に食べたくなる鍋にぴったりのたれや、体が温まりそうな生姜ごはんの素。
大切にいただきたいと思います。

グラスマーカー

ちょうど2月が誕生日だったこともあって、
こんな素敵なプレゼントもいただきました!
ワイングラスのマーカーです。
Tちゃん、素敵なセレクトをありがとう!


花束とくさん

オレンジと黄色を基調とした、かわいいブーケは
長年のつきあいですっかり私の趣味を熟知しているとくさんから♪

オレンジは大好きな色。
見ているだけで元気をもらえます。


皆さんのお気持ちに本当に心から感謝!
自分にできることは本当に少なく、なんだか申し訳ないくらいなのですが、
喜んでいただける料理をご紹介することで、少しでもお礼ができたらと思っています。

2月教室のご報告

2月の料理教室のご報告です。

教室2012_2_10

2月は、バレンタインを意識したテーブルにしてみました。
淡いココア色(?)のクロスにピンクのお花です。

教室2012_2_7

と、さも自分でアレンジしたかのように書いちゃいましたが、
この素敵なお花、今回はいただきものです。
ちょうど教室直前に、
オレンジページ主催の料理教室イベントで講師をさせていただき、
そのイベントで飾られていたお花をプレゼントしていただいたのでした。
今回自分がイメージしていたお花の色とぴったりだったので、
手を加えずにそのまま飾らせていただきました。

教室2012_2_8

今月のメイン素材はこちら。
ホタテです。
プリッと肉厚な貝柱を使いました。

市場で、むいたホタテの貝柱を注文するときは、
同じサイズのパックに入る貝柱の大きさで入る数が変わります。
今回お願いしたのは、15玉のサイズ。
つまり、1パックに15個入る大きさの貝柱です。
さらに大きなものになると、12玉、10玉となっていきます。


教室2012_2_9

ちょっぴり珍しい付け合せは、
コプリーヌというきのこ。
小ぶりで、マッシュルームの違う形のようにも見えますが、
食感はどちらかというとマイタケ?
焼いて香ばしくいただきます。


教室2012_2_1

Ballotine aux crevettes sauce pomme epicée
~海老を包んだバロティーヌ エピスの香るリンゴのソースを添えて~

前菜のバロティーヌには、鶏と豚のひき肉、えび、ピスタチオを入れて。
このリンゴのソースが味のポイントです。
他にもいろんな素材に合いそう!と生徒さんたちにも好評でした♪


教室2012_2_2

Coquilles Saint-Jacques poelée, champignons,
risotto de flocons d’avoine
~ホタテときのこのポワレ オートミールのリゾット風~

ホタテは表面を短時間でカリッと焼いて、
食感とうまみをプラスします。
オートミールのリゾットは、独特の食感と香ばしさが決め手。
カリカリのアーモンドと、バターの香りを最後に添えます。


教室2012_2_36

Terrine de chocolat au marron
~ショコラのテリーヌ マロン風味~

フランスで教わったレシピの中で、お気に入りリストに入っている
ショコラの生地をご紹介したくて
今回のメニューを考えました。
おまけで付けた栗は、去年の秋に仕込んだ丹波栗の渋皮煮。
ここでも活躍してくれました♪
コーヒーやラムもほのかに香り、ウィスキーにも合うと
我が家の酒飲みにも好評のデザートです。


voleiのオイル

いつもはパンに添えるのはバターなのですが、
素敵なオリーブオイルヌーヴォーをいただいたので、
今月はオリーブオイルを並べました。
しぼりたてのギリシャのオリーブオイルヌーヴォーは、
フレッシュで、オイルじゃないみたいにきれいな味わい。
’ヌーヴォー’と言えるうちに消費しないと、と
いろんなものに使っています。


教室2012_2_5

合わせたワインはこちら。
今月は初の試みで、白2本をご用意しました。
普段は白赤1種類ずつなのですが、メニューを考えると
白白も面白いのではないかと思い、初挑戦。
今までの傾向で、生徒さんに人気のワインは白のことが多かったので、
赤がない!という不満はないかなぁとは思っていたのですが、
それでも、ちょっぴりドキドキしながら・・・。

結果はどちらも好評!

それぞれが、異なる味わいなので、
飲み比べて自分の好きなワインをみなさん見つけてくださったようです。

今月からいらしてくださった新しい生徒さんも加わり、
さらににぎやかになりました。
来月も楽しいメニューでお待ちしています!

2月のお仕事報告

2月のお仕事ご報告です。

2012_2仕事

●『見てすぐできる!「結び方しばり方」の早引き便利帳』(青春出版社)

→お料理に使える結びものの監修をさせていただきました。

●サンキュ!3月号
 日清食品タイアップ企画
 トミカタイアップ企画

●サンキュ!ムック『みんなが食べたい!おべんとうレシピ』
 
●ESSE とっておきシリーズ
『おいしくて太らないおかず』

●こどもちゃれんじ ほっぷ通信
「初めてのお弁当テクニック」

→サンキュ!ムック、ESSE、こどもちゃれんじは、
 過去にご紹介したページを再掲載いただきました!

トリュフ卵で幸せタイム


おいしい卵をおすそ分けしていただきました。

トリュフ卵1

生卵とトリュフを一緒に寝かせて香りをつけた
その名も’トリュフ卵’です。

トリュフの香りはとっても華やかで濃厚!
卵の黄身にまで、しっかりと香りがついています。


トリュフ卵2

「おすすめの食べかたは、やっぱり卵かけごはんかな」
と教えていただき、
さっそく実践してみました。
ぜいたくに、トリュフもちょっと削ってみたりして。


トリュフ卵3

さらに、オムレツにも。
これだけで、テーブルがリッチになります。

まだまだ香るトリュフちゃんに、
新しい卵を寄り添わせて、タッパーに入れてみました。
トリュフ卵、増産中です♪

アリッサの会2012



あっという間に2月。

そして、ちょっぴり日本を離れている間に
すっかりブログをほったらかしにしてしまいました・・・(^^;)。

1月にちょっとだけさかのぼってのご報告から。

アリッサの会2012_1

「おいしいメルゲスがあるよ!」
というお誘いに飛び乗り、クミコ姉さんのおうちへ。
メルゲスはくみこさんの大好物の一つなのですが、
一緒に食べていたら、前までそんなに注目していなかったのに
すっかり虜になってしまいました。

アリッサの会2012_2

メルゲスにはやっぱりアリッサも・・・。
ということで、第二回アリッサ作り大会開催!
今回は、第一回の教訓をいかし、しっかりゴム手袋をして唐辛子を刻みました。

アリッサの会2012_3

アリッサも完成して、
宴のはじまりはじまり♪

やっぱりアナゴの白焼き&アリッサは
とってもナイスなコンビネーションです。


アリッサの会2012_4

持参した、かぶとオレンジのマリネ。

アリッサの会2012_6

こちらも持参の下仁田ねぎのマリネには、くみこさんの九条ネギがプラスされ、
合作のねぎプレートができました。

アリッサの会2012_7

山盛りのメルゲス!


アリッサの会2012_8

たっぷり野菜のおいしいスープと・・・

アリッサの会2012_9

クスクスをくみこさんが用意してくださいました♪

アリッサの会2012_10

しかも、デザートつきです。
ポンヌフ、久しぶりに食べました!
しみじみ、おいしい・・・。

アリッサの会2012_11

ステキなシャンパーニュは、
一緒にアリッサ作りを約束していた
天ぷらやさんのご主人から。

他にも盛りだくさんのテーブルでした。
素敵な時間と、楽しい仲間に感謝!です。


プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク