ワインとおつまみの素敵な関係♪

おつまみとワインのイベント、
無事に終わりました!

2012_11_23_3.jpg

今回は、おつまみレシピ5品のデモンストレーションと、
11種類のワインのレッスン。
作り方を見ていただき、実際に食べながら
合うワイン、合わないワインをそれぞれ試していただいて
なぜ合うのか、合わないのかについてのレクチャーを受けるという
盛りだくさんの内容です。

会場には、私のレシピ本も飾っていただきました♪

2012_11_23_1.jpg

参加いただいた方は計18名。
定員15名をオーバーする応募に感謝!
せっかくなので、皆さん参加していただけるように枠を広げました。


2012_11_23_2.jpg

ワインは、実際に飲み比べながらお勉強。


2012_11_23_4.jpg

今回のレッスンでご紹介したワインはこちら。
合うワインはともかく、合わないワインを実際に試してみるということは
なかなか日常ではできないことなので、
飲み比べを経験していただけるいい機会になったのではないかなと思います。

最初は静かだったレッスンも、
おつまみやワインが進むにつれ、どんどんにぎやかに。
初対面だった参加者の皆さん同士も仲良くなって、
とっても楽しそうでした。

食べものとワインを通じて人と人がつながっていく・・・。
まさに私が食を通じて実現したいことそのもの。
このイベントを開催できたことを心からうれしく思い、
また自分自身の目指すべきものを改めて確認した瞬間でした。

一緒に企画し、ワインを担当してくださったオルヴォーの田中さん、
そして、素敵な会場を提供してくださったヒュープラスさん、
本当にありがとうございました!
こちらのサイトでも、イベントの写真、ご紹介しています。
よかったらご覧になってください。



また第二回、第三回と続くといいな…♪
スポンサーサイト

11月お仕事のご報告


11月のお仕事報告第2弾です!

2012_11.jpg

●ESSE 12月号
ホットケーキミックスおやつランキング「クリスマスケーキ人気ベスト7」

全部ホットケーキミックスを使って作る、
ノエルのお菓子たちをご紹介しました。

●きょうの料理 ビギナーズ 12月号
ハッピー肉料理 フライドチキンページ

人気のあのフライドチキンをおうちで再現!
にチャレンジしました。

●Wi-not? vol.3
「今宵、巷の、ワイン会」
我が家のワインと食事の会を取り上げていただきました。
先月のブログでご報告した栗のとエピスの会です♪


よかったらご覧になってくださいね!

新刊のご報告


私の新しいレシピ本が、発売になりました!

DSC_0423.jpg

『「深い味をつくる」レシピ』(NHK出版)
6月からNHK出版のサイト「あしたの生活」で続けているレシピブログ「深い味をつくる!」
1冊の本になりました。

なんと今年2冊目の著書です…!
まだ本やさんに見に行っていないので、ドキドキ・・・。
明日、行ってみようかな。

渋皮煮作り2012


今年もまた、地元丹波の栗で渋皮煮を作りました。

渋皮煮2012_1

夏の気候の影響か、今年は栗の出来が悪いというのが巷の噂。
あれれ、そうなのかしら、と実家にお願いして送ってもらった栗がこちら。

本当?出来が悪いの?と思うくらい、立派な栗が届きました。


渋皮煮2012_2

右は、近所のスーパーで買った栗。
左が送ってもらった丹波栗。
大きさだけが決め手ではありませんが、丸々としていて、艶のいい大きな栗は
今までの経験上、だいたいおいしい栗でした。
今年も、例年に劣らずいい出来なのでは…??

と、思っていたのですが、こんなに立派な栗が届いたのは、第一弾のみ。
今年は10月中旬、下旬に分けて送ってもらったのですが、
10月いっぱいまでは大丈夫、と言われていたのが、
下旬にはあっというまに大粒の栗は取れなくなってしまったそうで、
後半はちょっぴり普通サイズになってしいました。

それでも、サイズは小ぶりなものの、味はしっかり濃厚でした♪

渋皮煮2012_3

1度目は我が家用に、2度目は、教室の特別レッスンで炊きました。
渋皮煮は鬼皮をむくときだけはとっても気をつかいますが、
それ以降は、じっくり気長にお鍋と向き合う作業。


渋皮煮2012_5

渋皮を残して栗を煮るなんて、
誰が最初に考え着いたんでしょう…?
栗の甘さにほどよい渋みをわざと残して楽しむなんて、
日本人の感覚だなぁと、改めて思います。

渋皮煮2012_4

瓶詰めした栗たち。
すぐ食べるもの、おすそ分けするもの、お菓子に使うもの、お正月にお披露目するもの…。


2012渋皮煮

渋皮煮を作るときに、もう一つ楽しみなのは、
この副産物。
栗を煮たシロップと、
割れてしまった栗をシロップで炊きなおして作ったコンフィチュール。

シロップはヨーグルトやアイスにかけたり、紅茶やコーヒーに入れたり。
コンフィチュールはマロンクリームとしてモンブランに使えるし、
そのままパンに塗るのも大好き♪
こちらのほうが気軽に使えるので、重宝していたりもします。

今年も、秋の恵みに感謝です。

11月教室のご報告

11月の料理教室が無事に終了しました!

教室2012_11_6

先月は、テリアンシェフのレッスンだったので、2か月ぶり。
1月あくだけで、なんだかちょっと久しぶりで緊張しちゃいます。


教室2012_11_13

今月のテーブルセッティングは、落ち着いた秋の雰囲気に。
お花も、かわいらしさを出しつつ、シックな色合いでまとめてみました。


教室2012_11_1

そして、テーブルのあちらこちらに、エッフェル塔さんが隠れています。
まずは、センターにいる透明なこの子。

対になった、ソルト&ペッパーケース。
中身を入れないほうがかわいいので、空のまま飾っちゃいました。


教室2012_11_3

ナプキンリングもエッフェル塔。

教室2012_11_4

ポワドナップもエッフェル塔です♪


教室2012_11_7

今月の特選素材その1。

マイタケさんです。
菌床ですが、美しく、かつ香りも高いものでした。

きのこの女王と書いてありますが、ということは、王様はやっぱり松茸…?
今年は松茸が不作らしく、質の悪い松茸よりもいい舞茸を、と
舞茸を使う料理屋さんが多いそうで、築地でも争奪戦に。
本当は天ぷらやさんに行くはずだったものを、
こっそり仲卸さんが取りおいてくださいました。(感謝!)


DSC_0227.jpg

マイタケさんは、ハナビラタケさんと一緒に使います♪
ハナビラタケは、薄いきくらげのように、コリコリした食感で、
とってもいいアクセントになります。

教室2012_11_9

もう一つの旬の素材は、キウイ。
これからキウイは本番を迎えます。

こちらは、紅鮮(こうせん)という品種のキウイ。
種の周りがこんなに真っ赤なのです。

教室2012_11_14

よく見るグリーンキウイと比べると、
だいぶ違いがよくわかると思います。
大きさも小ぶり、色もやや黄色がかっていて、
種のまわりの赤さが引き立ちます。
赤いところは、まるでイチゴジャムみたいに甘い!

キウイの種類は何十もあるそうで、これはそのうちの1つ。
中が赤いキウイは、ほかにもレインボーレッドなど、いくつかあるそうですが、
この、静岡は掛川でとれる紅鮮がいちばん色が濃く、
味もしっかりしている品種なのだそうです。


教室2012_11_10

Consommé de Maitake ravioles de crémeux de volaille blanc
~マイタケのコンソメ 鶏ムースのラビオリ~

前菜は、野菜だけで作るコンソメスープ。
以前にパリの三ツ星レストラン、アルページュに行ったとき、
いただいた野菜のコンソメに感動して、こんなコンソメが作れないものかと
ずっと考えていました。
野菜だけのパワーだと、日本のものはなかなか難しいと思い、
香り高いきのこに目をつけた1皿です。
マイタケにひと手間を加えて香りをさらに引き立たせ、
綺麗に澄んだコンソメに仕上げました。
特製ラビオリの中には、キノコと鶏で作ったつるんとしたムースを入れて。

教室2012_11_11

Tian d’agneau à l’orange
~ティアンダニョ オレンジ風味のソース~

ラムロース肉の骨を外し、真ん中の赤身だけをロティする贅沢なメニュー。
外した骨と筋と使って、おいしいソースを作ります。
合わせるワインをイメージして、トマトやオレンジをきかせた仕上がりに。
まわりの白玉団子のような?子たちは、かぶと紅芯大根を丸くくりぬいてソテーしたものです。


教室2012_11_12

Blanc-manger au kiwi rouge mariné aux herbes
~ハーブマリネしたレッドキウイとブランマンジェ~

キウイはできるだけそのまま生かしたいと思い、
コロコロと大きく残してハーブマリネにしました。
濃厚なブランマンジェとの相性が抜群で大満足♪
バキバキと大胆に割って突き刺しただけのチュイル生地が
意外にもかっこよくまとめてくれたりします。
このチュイルが一番簡単なので、作ってみよう!と決意する人続出でした。


教室2012_11_2

合わせたワインはこちら。
白は、先月のワインと料理のマリアージュの会の際に、持ってきてくださったものが、
やっぱりとってもよく合っていたので、今回の教室にセレクトさせていただきました。
赤のほうは、6月に訪問したドメーヌのもの。
航空便で持って帰ってきて、しばらく休ませていたものを
ようやくお披露目しました。
このシノン、やっぱりおいしい…!


教室2012_11_8

またまたワインライターさんが、素敵なワインを持参くださいました。
まるでピノブラン!?のような、可憐なオーストリアのシャルドネと、
綺麗に熟成したサントネイ。
いつも本当にありがとうございます!


来月はこの教室が始まって、3周年の記念すべき回。
12月なのでクリスマスパーティにします。
さて3周年、どんな回にしようかな…?

料理とワインのマリアージュ


先月は、料理とワインのマリアージュ会強化月間?でした。

楽しく食べて、楽しく飲む会はとっても大好きですが、
いろいろ考えてワインを選び、食事を選び、
それをみんなで語りながら集う会は、やはり特別です。

栗とエピス1

ナプキンリングに栗を乗せたこの会のテーマは、
「栗とエピス」
全メニューに栗とスパイスを使い、私が料理を準備。
それに合わせたワインをみんなで持ち寄りました。

栗とエピス2

最初におつまみで出したケークサレは、
大好きなカヌレの型で焼きました。
先日の石川ツアーで買った、輪島塗の丸重をお披露目です。

栗とエピス3

この日は4人で持ち寄りました。
一人一人、お料理に対してイメージするものや、
セレクトするワインの方向性が違うので、
一堂に会したときの楽しさは1人のときの何倍にもなります。
合うのかなぁと思っていたものが、びっくりするくらいきれいにマッチしたり、
イメージの中では一番合うと思っていたものが、
全然ピンとこなかったり。
ちなみにこの日、一番の’う~ん’は、私のセレクトしたワインでした・・・(;_;)。

きのことワイン1

大勢で集まったこの会は、
別のワインセミナーで知り合った方たちとの集い。

きのことワイン2

皆でテーマを出し合って、「きのこ」に決めました。
いろんなキノコを、いろんな調理法でお料理に入れていき、
それぞれに合うワインを探していきます。

きのことワイン4

この日のトップバッターは、きのこのフリットでした。
香りの強いきのこに合わせた食感しっかりのカリカリころもは、
パルミジャーノも入れてさらにコクのある味わいに。
美しい泡の、瓶内二次発酵日本酒との素敵な共演になりました。


きのことワイン5

並んだワインのどれ一つも、同じ形のボトルでないことにびっくり。
あまり詳しい料理の説明もなかったのに、
ピタリと楽しい組み合わせを見つけてきてくださった皆さんに本当に感謝です。

たくさん勉強させていただき、ありがとうございました!



イベントのご案内(11/23)


今日は、単発のお料理&ワインレッスンのご案内です!

私の料理教室は、自宅を使って開催しています。
一度に入っていただける人数も少ないですし、
自宅の場所を公開するにあたってあまりおおっぴらに生徒さんの募集もできず、
限られた方にしかご案内できないのが現状。
教室に行ってみたいけれど、入れないの?単発はないの?というお問い合わせも
いただいて、なんとかできないかなぁと思っていました。

そんなときに、いつも教室のワインのことなどでお世話になっている
インポーターさんから声をかけていただき、
ワインと料理のイベントを開催することになりました!

企画からいっしょに作り上げる料理イベントは今回が初めてなので
どきどきです。
以下、開催するスタジオのHPより抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
hueplus events

『ワインとおつまみの素敵な関係』 11月23日(祝日)

hue×料理家 関岡弘美×オルヴォー田中常博

11月23日(金曜・祝日) 場所ヒュープラス(海岸アネックススタジオ)
17:00~20:00 定員15名(定員になり次第受付終了)
会費4500円(レシピ、フード、ワイン込)

料理家の関岡弘美さんと、ワインインポーターの田中常博さんによる、ワークショップです。魚には白、肉には赤、という従来通りの選び方ではなく、使っているスパイスや料理の色合いなど、より一層おいしく感じられるワインの選び方を教わります。当日は5品のおつまみレシピを学んだあと、10種類のワインをテイスティングして、お気に入りの組み合わせを探してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申し込みは、以下のサイトからできます。
http://www.hue-hue.com/pg83.html

ご興味を持ってくださった方、ぜひいらしてくださいね。
お越しをお待ちしています~!


10月&11月のお仕事ご報告

きゃー、気が付いたらもう11月!

月末に怒涛の撮影ウィークに突入してしまい、
すっかりブログの更新が滞ってしまいました。

ワインと料理の検証会や、築地見学ツアーなど
いろいろと盛りだくさんだったのに・・・。

また遅ればせながら、ご報告させていただきたいと思います。

だいぶため込んでしまいましたが、まとめて10月後半&11月の
お仕事ご報告です。

2012_11仕事



●すてきにハンドメイド 11月号
小さなコラムではありますが、ワインのしみ抜きアドバイスを担当しました。

●はんど&はあと 12月号
こちらもプチコラム。
フランスのクリスマスをちょっぴりご紹介しました。

●別冊エッセ「合わせダレで作るおかず」
以前に掲載いただいたパスタレシピを再掲載いただいています。

●サンキュ! 12月号
「電子レンジでふっくらジューシー肉まん」
イーストなし、蒸し器なしで作る、肉まんレシピ。
いろいろ試作して、硬くならない生地をがんばって開発しました。

「日清ラーメン」タイアップページ
引き続き連載中の、ラーメンレシピです。

●別冊エッセ
「覚えておきたいお菓子の基本110」
お菓子の基本がギュッとつまった一冊、ブログでご報告していた真夏の撮影は、
この本のためのものでした。
これだけの内容が詰まっていて、この価格?!という
とってもお得な一冊です。


●そして、NHK出版ブログサイト、あしたの生活での「深い味をつくる!」も
どしどし更新中です。
http://ashita-seikatsu.jp/blog/fukai
最新ブログでもご紹介していますが、このブログの内容を1冊にまとめた本が、
今月19日に発売になります♪
すっきりとした美しい表紙が、すでにブログで登場しております!

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク