お気に入りのヨーグルト


好きな食べ物のひとつ、ヨーグルト。


ヨーグルト

先日、フランスのヨーグルトが日本に入っているのを発見!
しかも、うれしいことにそんなにお高くない・・・!
残念ながら不定期に入ってくるようなので、お店に行ってもないこともあるのですが、
先日、差し入れにいただいちゃいました♪

日本ではなかなか気に入ったものに出会えず、探し求める毎日。
フランスは他の乳製品とおなじく、ヨーグルトもとってもおいしくて
毎朝のパンと同様にヨーグルトを選ぶのも楽しみだったなぁ。


yaout_3.jpg

お気に入りのヨーグルトコレクション(写真だけですが)を
ちょっぴりご紹介します♪
スーパーで売っているヨーグルトは、日本にも入っているような大手メーカーのものがほとんどですが、
チーズ屋さんで売っているものは、小さな造り手さんの手作りヨーグルトだったりします。


yaout_4.jpg

おいしいだけじゃなくて、パッケージもとってもかわいいのです。
思わず、食べた後にとっておきたくなります。

yaout_1.jpg

こんなかわいい陶器のカップに入ったものもあります。
中には、思わず記念に持ち帰ったものも♪


yaout_2.jpg

ミニスプーン入れや、
お花を生けるちょっとした花瓶にも使えるので、大活躍。

こんなブログを書いていたら、
またヨーグルトが食べたくなってしまいました。

スポンサーサイト

2013年1月お仕事のご報告


1月に発売になった掲載誌のご報告です。

2013_1仕事

サンキュ!2月号
●日清タイアップページ

●コラボ企画~ロッテ~
→ロッテの「コアラのマーチ」「パイの実」「雪見だいふく」
がおうちで作れるレシピをご紹介しています。

●コラボ企画~リンガーハット~
→長崎ちゃんぽんのメニューたちをおうちで再現するレシピをご紹介。


クララ 2月号
●バレンタインのスイーツレシピ
小中学生が見るバレエの専門誌があるということを、初めて知りました。
憧れのバレエダンサーさんに送るチョコレシピをご紹介しています。


よかったらご覧になってください!

2013年最初の料理教室

今月の料理教室が終わりました!

教室2013_1_7

2013年最初の料理教室、新年らしいテーブルにしようと、
クロスは金ラメ、金のプレートをアンダーにして、
金&グリーンでまとめてみました。


2012冬クッション

ソファに置いているクッションカバーもグリーンに。
こちらは、去年フランスで探してきたクロスをようやく形にしたもの。
本来は、グリーン&ブラウンのストライプのクロスを、クッション2個分だけ買っていたのですが、
他の布を探してきて継ぎはぎし、デザインを変えて4個のクッションカバーにしてみました。


教室2013_1_8

お花は、マム(菊)をメインに。
合わせる花や花器次第で、菊も洋のテーブルによく合います。
細く繊細な花びらが、テーブルの中心をきりっと引き締めてくれました。


教室2013_1_1

今月の季節の食材。
青りんごです。
グラニースミスという、酸味の強いこのリンゴ、
サラダなどにも合うし、加熱すると紅玉のように煮溶けるので
デザートにもぴったり。
フランスではよく使っていたのですが、日本にはいなかったので
ずっとほしいと思っていたリンゴでした。
ようやく日本でも栽培されるようになってきたみたいで、
この年末に築地で紹介していただき、
早速今月の教室で使ってみました。


2013しばえび

もう一つの旬の食材は、芝エビ。
今回は、前半のレッスンは熊本産、後半のレッスンは愛知産のものを
使いました。
もともとの名前の由来は、東京の芝浦のほうでとれたからなのだそう。
小ぶりで、色も淡いですが、他のエビにはない、
独特の繊細な旨みや甘みがあります。


教室2013_1_10

今月のメニューはこちら。

Saucisson lyonnais purée de haricots blancs
~リヨン風ソーセージ 白いんげんのピュレ添え~

いろいろ考えていたら、郷土色の強いメニューが出そろいました。
今回の前菜とメインは、リヨンの料理をアレンジしたもの。

前菜は、ピスタチオ入りのゆでソーセージ。
お年始だしおめでたい付け合せで・・・と大福豆をピュレにして
ソーセージに合わせました。
ヴィネグレットの酸味もプラスして、サラダ仕立てに。


教室2013_1_2

Quenelles de crevettes sauce crustacés
~芝エビのクネルとそのソース~

メインもリヨンの料理。
本来、川カマスで作るクネルですが、芝エビを使って作りました。
ザリガニで作るソースも、芝エビの頭と殻で。
芝エビをまるごと味わう、旨みたっぷりの一皿になりました♪


教室2013_1_3

Tarte aux deux pommes, glace au calvados
~2種のリンゴのタルト カルヴァドスのアイスを添えて~

グラニースミスはデザートで登場。
リヨンから突然北上して、ブルターニュ地方へ、
タルトのベースはガレットブルトンヌの生地をアレンジ。
ラム酒とレーズンをたっぷり練りこんだサブレ生地を厚めに焼き、
グラニースミスのコンポート、ふじの細切りを重ねて
食感を楽しめるタルトに仕上げました。
一緒に添えたカルヴァドスのアイスも、スプーンですくって
’クネル’にします。


教室2013_1_5

合わせたワインはこちら。
リヨンに最も近いボージョレ地方のワインで
赤白ともに揃えました。
ヌーヴォーではない、ボージョレワインの楽しみ方を
少しでも知っていただけたら、と、ご紹介しました。


教室2013_1_6

今回もまた、ワインライターのTさんからの素敵な差し入れワイン♪
かなり熟成が入ってきたドイツのリースリングと、
ブルーノ・デュシェーヌの初ヴィンテージのパスコール。
貴重なワインをありがとうございました!


教室2013_1_9

教室が終わった後、少し余った芝エビをお団子にして、
冷蔵庫のお掃除を兼ねて晩御飯は団子鍋。

鶏団子にエビ団子。
やっぱり‘クネル’な一日でした。

今回は、喉を壊してしまって、
はるな愛もびっくり(!)のすごい声でのレッスンになってしまいました。
とっても聞き苦しかったことと思います。
来てくださった皆さん、本当にご迷惑をおかけしました(*_*)。
料理教室は、作るのはもちろんですが、話もとっても重要な部分。
声がでないことを甘く見すぎていたことを反省しています。
次回は、万全の体制でのぞみます!!




新年築地のご挨拶

新年第一回目の築地、今年は市場の初日に伺いました!

初競りの大間の本マグロは、1億5000万円を超えたのだとか。
す、すごい値段…!


築地年賀2013

お年始に仲卸さんのところにご挨拶に行くと、
懇意にしていただいているところでは、お年賀の手ぬぐいやタオルをいただきます。
屋号が入った手ぬぐいやタオル、今年はこんなにたくさんいただきました♪

こういうのをいただくと、なんだか築地の常連さんになれた気がして
ちょっとうれしくなります。

さあ、今年も頑張って通うぞ!

おせち2013

新しい年の始まりです。

お正月は、京都の実家で。
年末からおせちをつくったり、
姪っ子甥っ子ちゃんたちと遊んだりで、わいわいがやがや。
のんびり、ゆっくり・・・とはいきませんでしたが、
家族の絆を感じるお正月でした。


おせち2012_5

今年のおせちはこんな感じになりました!

おせち2012_2

いつものごとく、実家は光を拾うのが難しく
なかなか思うような写真が撮れないのですが、
記録と思って、パチリと撮ってきました。


おせち2012_3

いつも、おせちは母との合作。
煮物系や田作り、たたきごぼうなどは母が担当。
お肉ものや、甘めのもの、見た目が華やかなものは私が担当。


おせち2012_4

棒だらや、龍飛巻きなどは、京都ならではのおせちメニュー。
おせちやお雑煮は、家庭ならではなので、
他のおうちのものってどんな味なんだろう…?といつも興味津々です。

さて、今年も頑張って、ブログを更新していきたいと思います。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク