春のスイーツレッスン


リクエストを受けて、
先日、単発でスイーツの教室を開催しました。

先日のブログでもご紹介した、桜マドレーヌ。
今回のメインはこの子です。


教室2013_4スイーツ

焼き菓子の回ということで、一緒にリクエストのあった
カヌレも一緒にご紹介しました。

桜色のデザートなので、料理教室のときと同じではあったのですが、
やっぱりこのクロスをセレクト。
お花は、微妙に生け変えてみました。

少人数だったので、皆で手分けして作って、
最後はティータイム。
桜のはなびらを浮かべたダージリンティと一緒にいただきました。


たまにはスイーツのレッスンもいいなぁと思う今日このごろ。
急なご案内だったので、都合のつかなかった生徒さんから
また開いて、とリクエストいただいたので、
そのうちお菓子のレッスンもまた考えたいと思います♪

スポンサーサイト

ブドウのつぼみ

ベランダで成長中のぶどう日記です。

0423ブドウ2

我が家のシャルドネちゃん、ずいぶん大きくなりました。
今年も両サイドにそれぞれ枝を固定して、そこから上に向かって枝を伸ばしています。

左に固定した枝よりも、右に固定した枝の先のほうが、
出てきた芽の成長が早いのは、光の当たり方が違うせい・・・?
右の枝(写真の億に見えるほう)は、すでに写真から飛び出すくらい伸びているのです。

0423ブドウ1

その右の枝についている、花のつぼみです。
こんなに大きい子がいます。
今年はたくさんブドウがなるかな・・・♪

出水のアジ


いつもお世話になっている築地の仲卸さんで
「今日はアジを買いたい!」と頼んだら、
「今日はこれしかないよ~」と、出していただいた、アジ。


出水のアジ

出水(いずみ)のアジです。
ちょっぴり小ぶりですが、黄金色をしていて、
身はプリプリしています。

ちびっこなのに、ほかの立派そうなアジよりも
この子は高級品なのです。
先日、念願かなってようやくうかがったお寿司屋さんでも
全員が絶賛していたのが、この出水のアジの握り。
旨みが強くて、しっかりした食感。かつ繊細な肉質。
アジであって、アジでない味わい。
なので、これしかないよ、じゃなくて、これがあるよ!ですね、本当は。

すっかり写真を撮り忘れてしまって、
変身後をお見せできなくて残念なのですが、
最初にちょっぴりお刺身でいただき、
あとはたたきにしました。

ごちそうさまです!

教室のご報告2013avril


4月の料理教室ご報告です。

教室2013_4_10

東京の桜はすっかり終わってしまいましたが、
春らしい色合いでテーブルを、と思い、桜色をベースに考えました。


教室2013_4_6

テーブルを飾る花も、桜色で。
いろんなピンクのグラデーションにしてみました。


教室2013_4_12

テーブルクロスは、お気に入りの一枚。
厚手の、おそらくカーテン生地だと思うのですが、
いつものごとく、パリの布やさんで買った生地を縫って作ったものです。
フランスにしては優しい色合いで、
デザインもとっても繊細。


教室2013_4_8

花を何に生けようかと、また家じゅうを探し、
今回選んだのは、白い陶器の計量カップ。
高さも色も、これがベスト!だったのですが、
側面に大きく「500ml」の印字が…。
あまりにも目立ちすぎるので、目隠しにリボンをつけてみたら、
これはこれで、素敵な演出になったかも?
手前にいるミニカップは、本来はエッグスタンド。
水差しからカップに注いで…というシチュエーションのつもりで
両サイドに置いてみました。


教室2013_4_1

今月の特選素材その一。

ポワローです。
洋風のおだしを取ったり、煮込みなどのベースを作るのに欠かせないポワロー。
以前は輸入ものしか見つからず、1本700円!とかしていたので
なかなか気軽に手をだせなかったのですが、
最近築地の青果市場で、国産のものをふつうに見かけるようになりました。
お値段も1本200~300円なので、これなら!と今回ご紹介することに。
こちらのポワローさんは、岡山県産。
立派な子たちです。

教室2013_4_4

前菜
Crème vichyssoise glacée aux pommes de terre nouvelles
tartine aux crevettes
~新じゃがのヴィシソワーズ 海老のタルティーヌ添え~

定番の冷たいじゃがいものスープ、ヴィシソワーズを、
旬の新じゃがを使って作りました。
ポワローさんはあくまでわき役なのですが、ヴィシソワーズの味わいを
ぐんと引き立ててくれています。
冷たいなめらかスープには、芝エビのペーストで作った
カリカリのタルティーヌを添えて。


教室2013_4_2

特選素材その二。

モリーユです。
日本名は、アミガサタケというそう。
春のマルシェでわくわくしながら眺める食材の一つがこれ。
ちょっとお高級なきのこですが、
この香りにつつまれると、ああ春がきたなあとしみじみと感じます。
フレッシュもおいしいけれど、
ドライのものは、いっそう香りがひきたちます。


教室2013_4_3

メイン
Vol au vent au volaiile aux morillles
~鶏とモリーユのヴォロヴァン~

ヴォロヴァンは、パイ生地で作ったケースに詰め物をした料理。
モリーユと鶏のクリーム煮は王道メニューですが、
それぞれのよさが引き立つ、大好きな組み合わせです。


教室2013_4_5

デザート
Baba aux fruits rouges
~赤いフルーツのババ~

ババ・オ・ラムをちょっと変形させて、
赤いベリーがたっぷりの、さわやかなババに変身させてみました。
全体的にレモンの香りをきかせ、
しっかり味だけれど、さわやかに食べきれる味わいを目指しました。


教室2013_4_9

合わせたワインはこちら。
ヴィシソワーズには、オーストリアのロゼ、シルヒャーを。
この色合いもまた、春のテーブルの一員に。
メインには、うちの教室ではめずらしい(?)
ブルゴーニュのシャルドネがひさしぶりに登場しました。
クリーム煮だけだと、ちょっとワインが勝ってしまうのですが、
パイ生地がそこに加わると、お互いを高め合ってとてもいい相性になります。


教室2013_4_11

今回は金曜クラスにいらしてくださったライターのTさんから、
また料理に合わせたワインの差し入れをいただきました。
メインは、お国違いの樽のきいたシャルドネ比べになったのですが、
どちらも全く違う方向からのアプローチで、とても興味深かったです。


今月もありがとうございました!



届け、桜マドレーヌ


桜マドレーヌを作りました!

sakuramadeleine_4.jpg

たっぷりの桜の花を混ぜ込んだマドレーヌ生地に、
ホワイトチョコレートのガナッシュ。
春らしいコントラストと味わいを目指してみました。


sakuramadeleine_1.jpg

東京の桜はもう散ってしまいましたが、
桜の花を見ると、何か新しいことが始まる春の訪れを喜ぶ、
うきうきした気持ちになります。


sakuramadeleine_3.jpg

そんな気持ちを届けたくて、作ったマドレーヌ、120個。
被災地支援の青空レストランのデザートとして
心をこめて、焼きました。


sakuramadeleine_2.jpg

桜色が映えるように、と、選んだグリーンのパッケージ。
今回は、南相馬の仮設住宅への、お届けです。


sakuramadeleine_5.jpg

現地で、こんな風におべんとう仕立てになります。
銀座の韓国料理sunmoonさんのビビンバとカルビスープ、
同じく銀座の天冨良いわ井さんの天ぷらと一緒に入れていただいています。

ご縁あって、被災地支援団体aoSORAntの活動に、
こうして私も参加させていただくことになりました。
https://www.facebook.com/aoSORAnt
今回は初参加ということで、現地にはいかずにデザートを用意するのみとなりましたが、
次はぜひ、現地に行きたいと思っています。

未だ改善されない生活を余儀なくされている被災地の皆さんに、
自分のできることは本当にわずかしかない。
それでも、何か一つでも、自分にできることがあれば…。
食という、自分の生業を通じて、少しでもそれを実現できたらと思うばかりです。

プレミアムいちご

先日、築地で
やっちゃばのお兄さんにプレゼントをもらいました♪

開けてみたら…

白いちご1

白いちご!

なんと、1個ずつ、緩衝材でカバーされています。


白いちご2

白いちごはとっても高価。
通常の、おいしいいちごの10倍くらいします。
「数が少ないから、どうしても値段があがっちゃうんだよ」と
仲卸のおじさんから聞きました。

なかなか自分では買えないので、とってもうれしい(^^)。
1つずつ、ありがたく、おいしくいただきました♪。

九州でお花見


少し前になるのですが、
九州にプチ旅行をしてきました。

博多~黒川温泉~唐津の三都物語(?)の旅です。

唐津城1

ちょうど九州の桜がとてもきれいな時期でした。

奥に見えているのは、唐津城。

唐津城4

唐津城の天守閣までのぼってきました。

お城と桜って、同じような儚さをどこかに感じ、
美しく、また切ない気持ちになります。


唐津城3

桜の木の下で聴く、荒城の月。


唐津城2

唐津城から見下ろす桜。

ちょっぴり黄砂でかすみがかった景色ではありましたが、
なかなか見られない、海と街を見下ろす絶景の花見でした。

隆太窯

今回の旅の、一番の目的は、唐津焼の名匠、中里隆先生のところで開催される
握りの会に参加すること。

憧れの隆太窯に、初めて訪問しました。
こちらも美しい桜の木が、凛と1本。


隆太窯2

お寿司を握ってくださるのは、元・きよ田の新津さん。
そして、銀ずしの阿部さん。
東京ではもう出会えない、伝説のお鮨をいただきました。


福岡城跡2

こちらは、博多で出会った枝垂れ桜。

福岡城跡、舞鶴公園の桜です。
この日は満開の上に天気もよく、絶好のお花見日和でした。


福岡城跡4

ここでもやっぱり、「お城と桜」に見とれ…。


福岡城跡3

「お花見スポット」に大勢の人がおしかける東京のお花見とは、違う気持ちになった
九州の桜。
もちろん、お花見をしに皆さんいらしているのですが、
気忙しさを忘れて、ゆったりとした気持ちで桜を眺められる、ひとときでした。



4月お仕事のご報告

4月に出た掲載誌のご報告です。

2013_4仕事


サンキュ!5月号
●KARDI商品を使ったカフェスイーツ
●キューピータイアップ企画
●別冊付録 ホームベーカリーパンレシピ

ホームベーカリー

ホームベーカリーの撮影は、20斤近いパン&成形パンを作ったのですが、
一度スタートボタンを押すと、5時間くらい待たないといけないので、
仕込みが大変…!
メーカーさんからお借りした3台のホームベーカリーを、24時間フル稼働させての準備でした。
写真は、撮影後包みなおしたパンたち。
スタッフのみなさんで山分けしました。
ちなみに私のお気に入りは、ぞうのジャムパンです。
よかったらご覧になってくださいね!


プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク