被災地支援~東松島へ~


先月、桜マドレーヌを作った、被災地支援団体aoSORAntの活動。
今回は、現地参加ということで、デザートに加え、サラダも担当することになりました。

東松島の仮設住宅、170名分。
初めての東北です。

aoSORAnt0526_1.jpg

初夏のデザートを、と今回は、バナナとブルーベリーを使ったケーキにしました。


aoSORAnt0526_13.jpg

コンベクションの天板いっぱいに生地を広げて焼き、
切り分けていきます。
なかなか大きさが伝わりづらいのですが、
これ、結構なサイズなんです。

aoSORAnt0526_12.jpg

お届けする容器のサイズに合わせてケーキを切り分けたら、
一つずつ包んで、テープで留めていきます。
レモンの風味をつけたバナナとブルーベリーを混ぜ込み、
ココナッツをまぶして焼き上げた、スクエアケーキ。

このケーキと、サラダ用に仕込んだドレッシング、野菜をもって、
いざ、東松島へ!


aoSORAnt0526_9.jpg

道具や材料をすべて運ぶ本部隊は前日発で車でむかうのですが、
私たちは、早朝の新幹線で仙台に降り立ち、車で現地へ。
今回私が参加したのは、いつもお世話になっている
銀座の天ぷら、いわ井さんのチーム。
170人規模の仮設住宅はかなり大きなほうだそうです。


aoSORAnt0526_2.jpg

今回お届けするメニューはこちら。
メインは天丼。
そして、韓国料理に、私のちょぴり洋風なサラダとデザート。


aoSORAnt0526_3.jpg

まずは、天丼以外のメニューをすべてセットしていきます。
仮設住宅の集会所のキッチンをお借りして、
お住まいのみなさんにも手伝っていただきながら下ごしらえ。


aoSORAnt0526_4.jpg

ご飯をよそったら、揚げたての天ぷらを乗せていきます。

aoSORAnt0526_7.jpg

岩井さんの天ぷらと

aoSORAnt0526_5.jpg

銀屋さんの天ぷら。


aoSORAnt0526_6.jpg

2人体制とはいえ、170人分の天丼はすごい量です。


aoSORAnt0526_8.jpg

サラダとデザートのセッティングが終わったあとは、
最後の仕上げのお手伝い。


aoSORAnt0526_11.jpeg

完成したら、出来上がりを待って並んでくださっている
お住まいのみなさんに渡していきます。

戸数が少ないところだと、集会所のあたりで皆さんで一緒に食べたりされるそうなのですが、
さすがに今回はそれもかなわず、それぞれの自宅へ持ち帰っていかれました。


aoSORAnt0526_10.jpg

今回の東松島には、子供たちの姿もたくさん。
一緒に参加した、アメリカ人写真家さんに、地球儀で場所を教えてもらったりと、
普段できない交流のひとコマもありました。

初めての現地参加、量が多かったことや、あまり勝手がわからなかったこともあり、
思うように動けないままだったことが悔やまれます。
お住まいの皆さんとも、もう少し話ができればよかった、
周りをもう少し見ておけばよかった、と
あとで思うことはたくさんありますが、
とにもかくにも、まだ参加したばかり。

「続ける」ということが、いかに大切で、大変なことか
きっと分かってくるのはこれからだとは思いますが、
’自分にできることを、続けよう’
これが今の思いです。
スポンサーサイト

5月料理教室の報告その2

5月の料理教室、メニューのご報告です。

教室2013_5_11

新緑をイメージした、爽やかグリーンのテーブルにしてみました。


教室2013_5_2

テーブルセンターのお花は、
こんな感じ。


教室2013_5_4

ちょうど母の日の週末だったので、
メインの白い花は、カーネーションに。
ちなみに手前のグリーンは、先日のブログでもご紹介した
ベランダのベリーちゃんの、間引いたシュートです(^^)。


教室2013_5_12

ここからメニューのご紹介。
前菜
Terrine de volaille
~鶏のムースのテリーヌ~

鶏胸肉で作る、ふんわり、しっとりのムースをベースにしたテリーヌ。
ベビーコーンは、独特の食感と旨みに加え、
ひまわりのようなかわいらしい断面もうれしいポイントです。
ディルとクミン、2種類の香りのソースを添えて。


教室2013_5_13

メイン
Ceinture d’argent poêlée à la lavande et aux sojas verts
~太刀魚のポワレ ラベンダーソース 枝豆を添えて~

太刀魚は3枚におろして、皮目をパリッと焼き、枝豆のピュレと層状に重ねました。
ラベンダーの香る、ほのかにピンク色のソースがやさしい印象になります。


教室2013_5_14

デザート
Tarte aux deux pample mousses et au romarin
~2種のグレープフルーツとローズマリーのタルト~

タルト生地はしっかり焼いたのが大好き。
空焼きした生地にアーモンドクリーム、グレープフルーツを入れて焼き上げます。


教室2013_5_15

一緒に添える、ソルベにもローズマリーをしっかりきかせて。
去年、ロワール地方のシノンの町に行ったとき、
アンティークショップで見つけたsarregueminesのお皿。
ようやくお披露目です。


教室2013_5_10

合わせたワインはこちら。
セミヨン種メインのボルドーのクレマンは、
前菜の柔らかい味わいにぴったり。
メインに合わせたヴヴレイは、収穫も参加して、よく知っているドメーヌのマダムが作ったもの。
合う料理のときに使おう、と事前に買い揃えていたものが登場しました。
太刀魚の柔らかい質感、ラベンダーの香りにぴったりと寄り添ってくれる
包容力のあるワインです。


教室2013_5_16

そして、またまたワインライターのTさんが、
料理に合わせて選んできてくださったワインたち。
ご本人も組み合わせを試してみたいから、とはおっしゃってくださっているのですが、
最近お約束のようになってしまって、なんだか申し訳ない…。
ぜひ、次回は手ぶらでいらしてください♪

今回も、季節の食材と一緒にご紹介したメニュー、
おうちでまた、試してもらえたらうれしいです!

5月料理教室の報告その1

今月の教室が無事に終わりました。
新緑の季節、風薫るハーブのテーブルが、5月のテーマです。

教室2013_5_5

今月も、特選素材が目白押し。
まずは、前菜用の、ベビーコーン。
鹿児島県産です。

ベビーコーンは、トウモロコシを栽培する際に、
メインとなるトウモロコシを残して、芽がきした、小さなコーンたち。
独特の爽やかな香ばしい香りと、シャキッとした食感が
あとをひくおいしさです。


教室2013_5_7

メインに使ったのは、タチウオ。
これからおいしくなるタチウオは、夏が旬。
今回は、鹿児島から航空便で届いた、とっても立派なタチウオです。
日本語では太刀魚と書きますが、
フランス語だと、Ceinture d'argent。銀のベルト(帯)という意味になります。
国は違えど、この見た目は、やはり名前に現れるのですね。


太刀魚

ちなみに、縦にこんな感じで泳いでいます。
この姿からタチウオと名がついたとも言われています。


教室2013_5_6

メインの付け合せは玉すだれ。
本来、枝豆の中の品種名なのですが、枝付き枝豆の総称として呼ばれることもあるそうです。
早生の品種で、とっても香りがよく、うまみがあります。


教室2013_5_8

デザートに使ったのは、グレープフルーツ。
年中手に入るフルーツですが、
国産のものはほとんどなく、大半はアメリカからの輸入もの。
中でもおいしいと言われるフロリダ州産の、樹上完熟のものが、
このゴールデンクラウン。
フロリダ州のグレープフルーツが一番おいしいのは4~5月と言われています。
今がまさに、旬!

さて、どんな料理になったかは、次のブログで…♪

花咲くベランダ

GWの暖かさで、ベランダのグリーンたちもずいぶん成長し始めました。
あまりお出かけはできなかった分、
グリーンたちをずいぶん観察(?)しました。

ブルーベリーの花

ブルーベリーは、可憐な白い花をたくさんつけてくれました。
また別物ではあるけれど、ブルーベリーの花はなんとなくすずらんぽくて、
お気に入りです。

ラズベリーの花

ラズベリーの花は、こんな感じ。

ラベンダーつぼみ

ラベンダーはまだつぼみ。
素敵な香りがただようまでは、あともう少しです。

saugeつぼみ

こちらは、セージのつぼみ。
花開くと、きれいな紫色の花をつけます。

ブルーベリーの小さな実

ブルーベリーは、まだちらほら咲いていますが、
実もずいぶん大きくなってきました。


sauge.jpg

セージは、一輪挿しに生けてみたら、なんだか和の雰囲気に。

ラズベリーも、いっぱい伸びてくるシュートをわざと残して、
テーブルに生ける花に添えるグリーンに使ってみたり。
(これは、実家で母がやっていたので真似してみました)

もう少ししたら、ブーラシュも花をつけるので、楽しみ、楽しみ♪

小さなベランダながら、生活を豊かにしてくれる頼もしいお供たちです。

突撃、ZARA HOME!

毎年パリに行くと必ず立ち寄る雑貨やさんが、何軒かあります。
そのうちの一つが、ZARA HOME。
洋服のZARAのインテリア雑貨バージョンのお店なのですが、
ヨーロッパらしいデザインのクロスや食器、テーブル周りの小物などが
お手頃価格で充実していて、必ずチェックするお店です。

先日、お仕事をした生活情報誌のニュースインフォーメーションページをパラパラ見ていたら
「ZARA HOME日本上陸!」の文字が!

これは大事件!と、
いつも一緒にパリに行く久美子さんに報告。
日本のZARA HOMEに何が入っているか、見に行こうということになり、
いざ、横浜ららぽーとへ。

zarahomejapon1.jpg

リネン類が多かった印象ですが、そのほか、食器やクロス、テーブル周りの小物などなど。
想像していたような品揃えに、
安心したような、がっかりした(?)ような…(^^;)。
でもやっぱり、ヨーロッパの雑貨の色使いやデザインは、日本にはない、
目を引くものがあります。


zarahomejapon2.jpg

今回の、戦利品。
ガラスのキャンドルケースです。
ついつい向こうでの価格と比較して見てしまう中、これはお買い得でした♪
ガラス製品や食器類は、かわいくても重量や、壊れるリスクを考えると、あきらめることも多いので
今後そういう商品が充実してくれたらいいな♪とひそかに願いながら…。

5月お仕事のご報告

5月に出た掲載誌のご報告です。

2013_4仕事

はんど&はあと 6月号
ひんやりスイーツの特集を担当させていただきました。

手作りものの会員誌なので、書店で探していただくことができないのですが、
お持ちの方、ぜひご覧になってくださいね!

この本を見ると、布のふちを縫ってテーブルクロスにしているばかりじゃないくて、
もう少し、「手作りしてます」と言えるものを作らないとなぁと
反省するばかりです。

喉のおとも

ここ3週間ほど、咳がずっと止まらなくて困っていたのですが、
数日前から急激に悪化して、夜も寝られないほどに。

これはまた、数か月前にもなった、例の咳喘息?!と、
病院に行ってきました。
前回の病院があまり納得いかなかったので、
違う病院にしてみたのですが、結果的に薬が効かず、
二度足を運ぶことに・・・。
でも、今回もらった薬は効きそう(?)

咳をしすぎると、体力が奪われてそれだけで疲れてしまうし、
なんだか味覚もちょっと微妙になってしまいます。
そのうえ、アルコールが入ると咳症状が悪化するので、
ワインもちょっと控えるはめに。
仕事柄、それは困る…!!

the.jpg

まずはほっと一息、心を落ち着けないと。
うちには素敵なお茶があることを思い出しました。
教室の生徒さんからいただいた、お土産のお茶。
Tちゃんがハワイで見つけてくれた、のどに効きそうなオーガニックのハーブティーと、
Sさんが、アメリカで見つけてわざわざ取り寄せをされている、
これまた素敵なブレンドのルイボスティー。

おいしいお茶を入れてリラックスしてみます。
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク