青空レストランin南相馬


週末、福島県は南相馬市に行ってきました。
被災地支援団体aoSORAntの、青空レストラン。
2回目の現地参加です。

aosorant2013_6_3.jpg

今回うかがったのは、牛河内第三応急仮設住宅。
周辺一帯は、大小さまざまの仮設住宅が連なる場所です。


aosorant2013_6_9.jpg

自治会長さんが、各戸にお知らせをしてくださっているとのことなのですが、
午前中はほとんど人も見当たらず、本当に皆さん来てくださるのかな・・・と
ちょっとどきどきするくらいの静けさ。


aosorant2013_6_2.jpg

今回の私の担当は、前回に引き続き、サラダとデザート。
デザートは、仕込んだものをラッピングして搬入。
今回は、今が季節の花を、と思い、ローズのケーキにしました。
ピンク色はローズとフランボワーズのケーキで、奥のグリーンはピスタチオのケーキ。


aosorant2013_6_1.jpg

こんな感じで、一人分ずつラッピングして準備完了。


aosorant2013_6_5.jpg

今回の団長は、浅草橋「サンムーン」の清水シェフ。
銀座店にいらしたときに紹介いただいて以来、清水さんの冷麺の大ファンな私です。


aosorant2013_6_6.jpg

キンパ(韓国風のり巻)を、清水シェフ指導のもと、皆で巻いていきます。


aosorant2013_6_4.jpg

銀座「天冨良いわ井」の岩井さんは、今回は料理ではなく、
なんと包丁研ぎ師としての参加。
なかなかこんな機会もないので、と、皆さん続々と包丁を持って集まっていらっしゃいました。
おいしいお料理を食べていただくだけでなく、
日々の生活のちょっとしたことのお手伝いも、
本当はあるとうれしいことなんだと、改めて実感。


aosorant2013_6_7.jpg

今回のメニュー看板は、こちら。


aosorant2013_6_8.jpg

キンパ、プルコギ、ホタテのサラダ、焼き菓子、梅のシロップ煮。
彩り鮮やかなメニューが完成しました。


aosorant2013_6_10.jpg

最初は、ほとんどどなたも見かけなくてドキドキしていましたが、
スタート時間になると、皆さんそろっておべんとうに並んでくださいました。
作っているところをのぞきに来てくださったり、
包丁が研ぎあがるのを待ちながら、一緒におしゃべりしたり。
帰りは、車の見送りに来てくださいました。


aosorant2013_6_11.jpg

仮設住宅を出て帰路につく前に、海沿いまで車を走らせてもらいました。
ものの5分ほどで到着した海岸沿い。
壊れたままの道路の脇は一面、緑の草原。


aosorant2013_6_13.jpg

どこまでも緑が続く平地は、もともと家が建っていた場所。
今は、土台のコンクリートだけがぽつり、ぽつりと見えるばかりです。
何もないままの、ただただ、広い視界。


aosorant2013_6_12.jpg

残された土台を埋めるように、シロツメクサが咲き乱れていました。
行き場のない思いで、胸が熱くなりました。

この思いは、忘れちゃいけない。



スポンサーサイト

6月料理教室のご報告

今月の料理教室が無事に終了しました。

教室2013_6_16

6月は、季節の花、バラをテーマにした
淡い色調のテーブルにしてみました。


教室2013_6_15

センターのお花は、大小のバラを中心にした、
優しい色合いのブーケに。


教室2013_12

アンティークローズと名のついたこのバラ、
花びらの微妙なグラデーションが、とっても綺麗でした。


教室2013_6_18

バラ、ではないかもしれませんが、
テーブルクロスにもたっぷりの刺繍が。


教室2013_6_13

クロスとセットで見つけたナプキンにも刺繍が入っています。
ナプキンリングもバラ♪


教室2013_6_8

先日のブログでご紹介した食材を使ったメニューは、こんな感じになりました。

●前菜●
Bavaroise de palourdes & gelée de cerlis
~あさりのババロアとセロリのジュレ~

あさりを白ワイン蒸ししてとっただしをベースにババロアを作り、
上にはセロリの爽やかなジュレを重ねました。
クルトンで食感をプラス、ウニと、爽やかなハーブをちりばめます。


教室2013_6_9

●メイン●
Cotes d’agneau Champvallon à la garrigue
~子羊肉のシャバロン風 ガリーグの香り~

子羊肉と玉ねぎ、じゃがいもを層状に重ね、鶏のブイヨンで煮ていきます。
タイムやローズマリーなど、香りの強いハーブをきかせて、
あとは塩こしょうでシンプルに。
シンプルですが、味わい深い一皿です。


教室2013_6_10

●デザート●
Paris brest à la rose et aux framboises
~バラとフランボワーズのパリブレスト~

お花の形に絞り、プラリネローズをまぶして焼いたたシューに、
バラの香りの軽いクリームをサンドし、
フランボワーズの酸味をあわせました。
バラの繊細な香りを活かした、かるいクリームに仕上げたことが
今回のポイントです♪


教室2013_6_11

合わせたワインはこちら。
いずれも、今の季節にぴったりのワインたちでした。
おうちでもぜひぜひ、活用させてもらえたらと思います。

来月もどうぞ、お楽しみに♪



教室が始まりました

6月の料理教室が始まりました。

梅雨入り宣言はあったものの、雨は降っているの・・・?という毎日。
むしろ、紫外線の強さが気になるくらいの日差しも。

そんな季節を元気に、爽やかに過ごせるような料理をと思い
今回のメニューを考えました。

今月の食材はこちら。

教室2013_6_2

まず、前菜で使うのは、あさり。
そしてウニ。
あさりは年中手に入りますが、この時期が一番身がふっくらしていておいしくなります。
こちらは、愛知は伊良湖の天然のあさり。
厚みのある旨みたっぷり、ミネラルたっぷりの味わいです。

ウニは、お寿司屋さん向けの高級ウニを取り揃えていらっしゃる仲卸さんで
私にも手が出せそうなものを選んでいただきました。
ロシア産と言われたのですが、いわゆる北方四島なので、日本と言えば日本?
お味もおいしいのです♪

教室2013_6_7

デザートに使うのは、ローズ。
バラが咲き乱れるこの季節になると、うちの家にバラがない私は、
パリのバラを思い出します。

教室2013_6_3
パリ郊外の、ブーローニュの森にあるバガテルのバラ。

教室2013_6_4
ロダン美術館の庭のバラ。


教室2013_6_5
住んでいたアパルトマンの窓際のバラ。


教室2013_6_1

今回は、そんなバラの香りが広がるデザートに。
ブルガリアのダマスクスローズも、砂糖がけにして、デコレーションに使います。


教室2013_6_6

ブーラーシュ(ポリジ)もたくさん花を咲かせてきたので
こちらも一緒に使います♪


さて、どんなメニューになるか、お楽しみに♪

おいしいお土産♪

ずいぶんと日がたってしまったのですが、
いただいたおいしいお土産たちのご報告です。

教室2013_5_19

いつも素敵なフランスのお土産を持ってきてくださるNさんから、
マイユのフレッシュマスタード トリュフ風味。

パリのマドレーヌ広場にある、Mailleのパリ本店にだけ、
非加熱のフレッシュマスタードがあります。
プレーンなものはいつも買って帰るのですが、
トリュフ風味はまだ試したことがなく…。
これは、ぴったりのお料理を考えないと!と思案中です。


教室2013_5_18

こちらもNさんからいただいた
アラン・デュカスのショコラティエの、ボンボンショコラ、プラリネ。
今年の2月にオープンしたばかりの、Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris。
プラリネの繊細な軽さは、やみつきになりそう!


教室2013_5_17

しかも、容器がとってもかわいかったのです。
しっかりした素材の紙袋のようなのですが、口を閉じておりこむと、ボックスに♪


韓国のゴマ2013_5

そしてこちらは、私の韓国師匠(?)、いわいさんからの韓国土産のゴマ。
ゴマをたくさん使う韓国でも、国産のものは少なく、中国産がほとんどなのだそう。
これは国産のものなのだそうですが、とにかく香りがいい!
軽やかでかつしっかりと主張のあるゴマの香り。
これを振るだけで、いつものおかずが急にランクアップします。


いつも素敵なおすそ分け、本当にありがとうございます!
いつか皆さんに還元できるように、おいしいもので日々学んでまいります!


プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク