出張料理レッスンin代官山


久しぶりに、外での料理教室を開催しました!


10384920_874864935886044_7842742084762842235_n[1]

気持ちのいい晴れた日曜の午後、
場所は、オシャレエリアの代官山♪


11063073_871215842917620_855062919_n[1]

TENOHA Daikanyama という、去年の秋にできたばかりの場所です。
ワークスペース、ショップ、レストランなどが入っていて、
その中に、キッチンスタジオがあります。
今回はここでの料理教室。


11059360_874544099251461_8724297495316748385_n[1]

入り口の桜は、すでに美しい花を咲かせていました。


11056926_874863815886156_239533179_n[1]

中庭にも、桜が。
本当にいい天気で、見ているだけで気持ちがいい♪

tablier2015_3.jpg

今回は、会場でのチャリティー販売として、
お手製エプロンとコンフィチュールを用意しました。

confiture2015_3.jpg

コンフィチュールは、季節のフルーツ2種で。
レモングラスの香りをつけたいちごと、
八角の香る清見オレンジです。


TENOHA20150322_2.jpg

会場はこんな感じ。


TENOHA20150322_3.jpg

中庭に面しているので、
とっても開放感があります。


1604649_874864922552712_234477676334174171_n[1]

隣のショップで扱っている、オーガニックのスパイスも使わせてもらって、
味のポイントをご紹介。


11081014_874953302543874_8294565313575485869_n[1]

キッチンを囲んでのデモンストレーション。
そして、みんなで盛りつけをして、スパークリングワインで乾杯です。


TENOHA20150322_1.jpg

今回のメニューは、
●チキンと春野菜のキッシュ
●春キャベツのポタージュ
●丁寧に作るシンプルグリーンサラダ
の、3品。
日曜の昼下がりにぴったりのランチになりました。

急なご案内だったにもかかわらず、お越しくださった皆さん、
本当にありがとうございました!
普段のレッスンにお越しいただけない方と会えるチャンスだと思うので、
またぜひ開催したいなと思います。
スポンサーサイト

料理教室のご報告2015年3月


今月も、無事に料理教室が終了しました。

教室2015_3_9

3月は、春の訪れを感じさせるテーブルがテーマ。

教室2015_3_11

テーブルのセンターは、
ピンクを基調にしたチューリップで。


教室2015_3_12

チューリップは、小さいころから大好きな花。
こんな風に生けると、室内の温かさであっというまに花びらが開いてしまうので、
レッスンの時間以外はベランダに出してつぼみを戻したりと、
ちょっと気を使わないといけないのですが、
でもやっぱり春には飾りたいお花です。
一緒にあわせたのは、ペンペン草。
実家に帰ればその辺に生えているような草なのに、
今回は、お花屋さんで花材として買いました(^^;)。


教室2015_3_6

1月末の渡仏の際に見つけたテーブルグッズ、
今月も少しずつお披露目です。
テーブルナプキンは、ランスのアンティークショップで掘り出したもの。
本当はサイズ的にテーブルマットなのだと思うのですが、
ナプキンにしても問題ない生地なので、数をそろえて選んできました。
ナプキンリングは、パリで見つけた、ちょっとアンティーク風の二連リングです。


教室2015_3_14

ポワドナップ(テーブルクロスの重し)も、ナプキンと同じ店で見つけました。
かわいいだけでなく、しっかり重い、役に立つ子です。


教室2015_3_16

今月の春食材その1。
春キャベツです。
待ち望んでいた、巻きのゆるい柔らかキャベツが
三浦半島から届きました。


教室2015_3_7

春食材その2は、いちご。
年末からどんどん増えてきていますが、
選べる種類が多いのは、やはりこの時期から。
今回は色の濃いいちごがほしくて、あまおうにしました。
あまおうの名前は、「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」の
頭文字をとっているのだとか。
築地のやっちゃばで買った今回の子は、Mサイズ。
名前を無視して(?)小ぶりのものを選んできてしまいました(^^;)。


教室2015_3_1

前菜
Terrine de choux printanieres, sauce mascarpone
~春キャベツのテリーヌ マスカルポーネソース~

春キャベツたっぷりのテリーヌの中には、
独活やアスパラ、海老を合わせて。
サラダ感覚でいただくさっぱりテリーヌには
クリーミーなマスカルポーネのソースを添えました。


教室2015_3_2

メイン
Poulet saute a l'estragon ragout de lentilles
~鶏肉のエストラゴン風味 レンズマメのラグーを添えて~

フライパン一つで作れる鶏肉の煮込みは、
エストラゴンの他、さまざまなスパイスを隠し味に仕込みました。
レンズマメのラグーには、春らしくカブも一緒に合わせて食感をプラス。


教室2015_3_3

デザート
Bavaroise de fraise au citron
~いちごのババロワ シトロンの香り~

ババロアのいちごには火が入るのですが、
加熱したいちごの甘い香りと、フレッシュいちごのみずみずしい香りの
2種類を一度に楽しめるデザートになりました。
レモンのシロップ煮をソース代わりに、
花にとまる蝶々にみたてたココナッツのチュイルの香ばしさを合わせていただきます。


教室2015_3_5

合わせたワインはこちら。
白ワインは、南仏なのに、ピノグリを使うという
ちょっと変わったもの。
春野菜の風味がこれにかなりぴったりとあいました。
赤ワインは、先日フランスで、ワイン屋のお父さんにメニューを伝えて
鶏に合わせて選んでもらったシャトーヌフデュパプ。
こんなに濃厚なワインが、鶏肉に合う!?と、最初は疑ったくらいの凝縮感なのですが、
料理と合わせてさらに楽しめる1本でした。
さすがラファエルセレクト♪


教室2015_3_10

3年間うちにいたアシスタントくんが2月で辞めたので、
今月からは久しぶりの一人料理教室でした。
心配して洗い物を手伝ってくださった生徒さんたちに、心から感謝です。
来月も楽しいメニューをご用意して、お待ちしています♪



単発料理レッスンのご案内

今日は、料理教室イベントのご案内です。

代官山にあるキッチンスタジオで、
単発のお料理教室を開催することになりました。

日時:3月22日(日) 12:00〜15:00
場所:「TENOHA & STYLE RESTAURANT」
東京都渋谷区代官山町20−23
参加費:6000円 (自然派スパークリングワイン1杯、レッスン代、材料費込)
定員12名
メニュー
●改めて知りたい、丁寧に作るシンプルグリーンサラダ
●春キャベツのポタージュ
●チキンと春野菜のキッシュ

以前に出させていただいた著書『「深い味をつくる」レシピ』(NHK出版)の
表紙にもなっているグリーンサラダを中心に、
3品のデモンストレーションをします。

告知がちょっとぎりぎりだったので、
あまりお知らせに余裕がなく、当日定員が埋まるかドキドキ…。
このブログを見てご興味を持ってくださった方、
ぜひいらしてください♪
詳細は、こちらのURLからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/events/1782314565327179/

皆さまのお越しをお待ちしています!

4年目の思い


東日本大震災から、今日で4年となります。

2015_3_11_2.jpg

普段のニュースには、もうほとんどあがらなくなった被災地の話題ですが、
さすがに今日はテレビも新聞も震災の話題を取り上げています。

約1か月に1度、被災地支援団体aoSORAntの活動として
被災地での青空レストランに参加してきていますが、
少しずつ変化してきていることもある中で、
何も変わっていないことがほとんど、という印象を、現地では感じています。

未だ、多くの方が避難生活をされている仮設住宅。
宮城では約3万5000人、岩手で約2万8000人、福島で約2万3800人いらっしゃると
今朝のニュースで見ました。
未だ仮設住宅での生活を強いられていること、
仮設住宅にどんどん空きができて、コミュニティが成り立たなくなってきていること、
そもそも地域の再開発がすすまないために住む場所を決められないこと、
住む場所一つをとっても、さまざまな問題があり、
原発事故の関係で避難されている方は、さらに複雑な問題を抱えていらっしゃいます。

あまりにも大きく、複雑な事情の中で
一人の人間ができることはたいしたことではないのかもしれませんが、
決して過去のことではなく、今も続いていることとして、
関心を持ち続けることだけでも、
大切なことなんじゃないか、と思っています。


2015_3_11_1.jpg

できることはわずかですが、
現地の方に会って「忘れていないよ」を伝えること、
現地の方の今の声を、伝えること、
自分にできることを続けていけたら、と思います。


お仕事のご報告2015年3月

3月に出た掲載誌のご報告です。

2015_3仕事

●サンキュ! 4月号
キューピーマヨネーズタイアップページ

●プレジデントムック たまごの学校
以前にdancyuで紹介いただいたオムレツページを
再掲載していただいています。

卵と言えば、今年のイースターはいつだっけ?と調べてみたら
4月5日でした。
ためてばかりでなかなかご紹介できていない
私のエッグスタンドコレクションを
その日に向けてお披露目しようかな、と検討中です♪


バルメス・ブシェールの会



バルメスの会1

我が家では、季節の食材とワインとの組み合わせを検証する食事会を
定期的に開いています。

今回はその食事会に、とっても素敵なゲストをお迎えすることができました。


バルメスの会5

Domaine Barmes-Buecher
アルザスのワイン生産者、バルメス・ブシェールの、マキシムとソフィーです。

彼らのワインを紹介するとともに、日本の季節の食材との組み合わせを検証する機会をということで
今回この企画を我が家で開催することになりました。
 
バルメス家とブシェール家が結婚して一つになった、ドメーヌ・バルメス・ブシェール。
マキシムは、自身も南仏でワインの醸造をしていましたが、
急逝されたお父様の跡を継いで、若くして当主となりました。
今回は、お姉さんのソフィーと2人での来日。
食とワインに情熱を注ぐメンバー10名でのディナーです。

バルメスの会4

彼らのワインのエチケットから、グリーン、白、イエローのイメージを得て、
テーブルの花はこんな感じにまとめてみました。


バルメスの3

メニュー表も、淡いグリーンで♪


バルメスの会6 バルメスの会10
バルメスの会8 バルメスの会7
バルメスの会9 バルメスの会11

お料理は、ゆっくり写真を撮る余裕もなく、
参加した皆さんからいただいたものを拝借して…。
今回は、春の野菜と魚介をテーマに、和洋折衷でメニューを考えてみました。
春の野菜は、山菜をはじめ、ほのかな苦みが特徴的。
バルメスのワインから染み出るミネラル感が、きっとマッチするはず、と
いろいろな形で山菜を使ってみました。
フリットに、蒸し煮、ニョッキにもしてみました。

結果は…。
荒削りなところも多かったですが、
ワインとの組み合わせを皆さんに楽しんでいただける内容になりました。
マキシムとソフィーにも喜んでもらえて、
ほっとひと安心。
自分自身もゆっくりと味わいの検証をしたい気持ちでいっぱいでしたが、
最後まで料理を仕上げないといけないので、
あまりのんびりとはしていられません。
毎回それが自宅での会のジレンマではあるのですが、
そんな中でも、全種類のワインを一緒に楽しませてもらいました。


バルメスの会2

どの一本をとっても印象深かった、バルメスのワイン。
次はアルザスまで会いに行くからね、と約束して。
教室でも今度、ぜひ紹介したいな・・・♪



プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク