春の食材で料理教室2016年4月

4月の料理教室が無事に終わりました!

教室2016_4_1

桜はもう散り始めていますが、気分は春!
テーブルは、淡いピンクで統一して、花霞のイメージにしてみました。


教室2016_4_16

センターの花もピンク。


教室2016_4_17

今回はめずらしく、こんな横長の花瓶にいけてみました。
オアシス入れてるんですか?と生徒さんに質問されましたが、
お花をそのまま挿しているだけなんです。


教室2016_4_8

今月は、春の食材がもりだくさん。
まずは、ホタルイカ。
富山県滑川のものです。
ホタルイカが買いたくて、築地の仲卸さんにいつがベストかずっと聞いていたのですが、
「今はまだもうちょっと待った方がいい」と、言われ続け、
じっと待ち…。
「そろそろですよ!」と連絡をもらって、4月はぜひレッスンにもと思い、
満を持しての登場となりました。


教室2016_4_9

ホタルイカと合わせて使うのは、ムール貝。
こちらは宮城県のものです。


教室2016_4_10

そして野菜は、アスパラガス。
春を感じさせてくれる青い香りと甘み、ミネラル感があふれます。
強い味わいとえぐみがほしくて、今回はあえて、外国産のものでそろえました。


教室2016_4_2

まずは前菜から。
Deux asperges en gelee
~アスパラガス2種のジュレ寄せ~

グリーンアスパラガスはピュレにしてムースに。
ホワイトアスパラガスはゆでて、ハーブを混ぜたコンソメジュレに閉じ込めました。
ほんのりターメリックの香るクリーミーなソースと、うずらのゆで卵と合わせていただきます。
グリーンに黄色が映える一皿です。


教室2016_4_3

続いてメイン。
Parmentier de fruis de mer gratines calamar lucioles & moules
~海の幸のパルマンティエ ホタルイカとムール貝で~

肉にマッシュポテトを重ねてグラタンのようにして焼くことが多いパルマンティエを
今回は魚介で仕上げました。
ムール貝とホタルイカから出ただしをベースに、トマトやクリームでソースを作り、
新じゃがのマッシュポテト、サバイヨンを重ねてこんがりと焼き上げます。
ムール貝からも、ホタルイカの味噌からも、濃厚なおだしが出て、
メインを十分にはれる味わいになります。


教室2016_4_4

デザート
Profiterole a la pistache et aux amandes
~ピスタチオとアーモンドのプロフィトロール~

小さなシューを重ねたデザート、プロフィトロール。
ポップシュガーとアーモンドをまぶして焼き上げたシューに、
ピスタチオペーストを練り込んだアイスクリームをたっぷり詰めて重ね、
チョコソース、刻んだナッツをちりばめました。
シュー生地自体もビアンキュイ(しっかり焼き)なので、
カリカリの香ばしさを口いっぱいに楽しめるデザートです。


教室2016_4_15

今回、どうしても使いたかった道具がこちら。
ムーラン(野菜の裏ごし器)です。
フランスに留学していたころ、何でも買えるわけじゃなかったのに、
なぜかこれにいたく感動して、かなり早い段階で、調理道具店にて購入…。
かさばるし、単機能なのに、なぜかほしかったのでした。
マッシュポテトを作ったり、トマトソースを裏ごししたり、
大量に作るときには、あまり力を使わずに作れてとても便利な道具です。
ただ、そんなに大量にマッシュポテトを作る機会も多くなく、
登場の機会を待っていたのでした。
これを使うと、粘りを出さずに、本当においしいマッシュポテトが作れるのです。


教室2016_4_13

今回、日曜クラスにはサプライズゲストが来てくれました。
フランス、シャブリのワイン生産者、フランソワ・セルヴァンさんです。
ちょうど来日されている期間で、教室の前の週には一緒に東北にボランティアにも行きました。
私がFacebookにアップしていたホタルイカの写真を見て、
「食べたいの行けません、残念です」とのコメントが。
「だったらおいでよ!」と返してみたら、本当に来てくださることに…!
他の生徒さんと一緒に洗い物を手伝ってくださったり、
ムーランも力がいるからやろうか?と申し出てくださったり。
さすが本場の方、ムーランの回し方、手慣れたもの・・・!
うちの料理教室は、年に一度、フランスから元コルドンブルーのシェフが来てくださって、
フランス語でのレッスンをすることがあり、そのときは私が通訳をするのですが、
今回は、一人で日本語→フランス語の両方で説明するという
なんとも忙しいレッスンになりました(笑)。


教室2016_4_7

合わせたワインは、こちら。
アスパラのミネラルとぴったり合うグリューナー・フェルトリナーに、
ホタルイカのみその旨みをひきたててくれる、ジューシーな南仏の赤。
どちらもこれからの季節に活躍してくれるワインになりそうです。


教室2016_4_14

日曜クラスの最後。
セルヴァンさんが、生徒の皆さんに円を作ってくれない?とリクエスト。
何をするのかと思いきや、皆のスリッパを撮影していました。
??と思っていたら、フランスだと靴をぬいでスリッパをはく習慣がそもそもないので、
皆がスリッパをはいているのが楽しくてしょうがなかったよう。

今回も最後まで笑いの絶えない楽しいレッスンになりました。
スポンサーサイト

お花見べんとうレッスンin月島

月島の社会教育会館での料理教室も、これで3回目となりました。
SavoryJapanさん主催の料理レッスン、今回のテーマは「お花見べんとう」です。
ちょうど東京も桜の開花が宣言された直後のタイミングで、
これからお花見、というときに活用していただける内容にしました。

今回は、裏テーマもあります。
「野菜の切り方のきほんをマスター」
先日ブログでもご報告した、今日の料理ビギナーズでもご紹介している
基本的な野菜の切り方をきちんと押さえたうえで、おべんとうを仕上げるという内容です。


花見べんとうレッスン2016_4

いつものごとく、まずはデモンストレーションから。
今回ピックアップした野菜は、大根、にんじん、ごぼう、玉ねぎ。
基本的な根菜類も、繊維に対しての切り方を変えるだけで、
仕上がりや味のしみかた、食感などがかなり変わります。


花見べんとうレッスン2016_1

にんじんは、繊維に平行、垂直の両方の細切りの差を見ていただきました。


花見べんとうレッスン2016_2

ごぼうは、ささがきに。
洗い方から知りたいというリクエストもあったので、
たわしで洗うところからスタートしました。


花見べんとうレッスン2016_3

今回は、オーストラリア人の方もいらっしゃったので、
英語も交えてのレッスン。(といっても、ちゃんと通訳もついてくださいました)
飾りきりの細工などは、やはり海外の方にはとても新鮮なもののようで、
真剣に取り組んでくださいました。


花見べんとうレッスン2016_5

出来上がったおべんとうが、こちら。

●鶏と豆腐のつくね
●大根とにんじんのベトナム風なます
●えびのエスニック揚げ
●根菜の韓国風きんぴら
●梅にんじんならぬ、桜にんじんと、桜おにぎり

おべんとうだけでなく、普段のおかずにも使えるメニューなので、
ぜひ試していただけたら嬉しいです。


花見べんとうレッスン2016_7

結局自分自身は、タイミングを逃してお花見べんとうを作ってお出かけ…は叶わず(*_*)。
せめて、桜を見に行こう、と近所の公園の桜を見に行きました。


花見べんとうレッスン2016_6

そして、同じ公園の夜桜。
こちらも趣があって、きれい♪

桜に心躍る自分に、日本人であることを実感する春の夜でした。

4月お仕事のご報告


4月に出た掲載紙のご報告です。

お仕事2016_4

サンキュ!5月号
●パナソニックタイアップ企画

●調味料ピックアップ企画

20周年を記念しての豪華版!
サンキュ!さん、おめでとうございます~!

ベランダに春


東京の桜もようやく満開になったようですね。
暖かい日差しが、我が家のベランダにも差し込んでいます。


芽吹き2016_3

シャルドネちゃんも、順調に芽を出しました!


芽吹き2016_2

毎年完全に刈り取ってしまうヴェルヴェンヌも、
ちゃんとまた再生してくれます。


芽吹き2016_5

ラズベリーさんも花のつぼみが!
今年はちょっと多めな気がします。


芽吹き2016_6

お隣でブルーベリーはつぼみが鈴なり。
スズランのような愛らしい姿に、いつも癒されます。


芽吹き2016_7

芽吹きの写真をアップしようと思って、ちょっと撮影後にのんびりしていたら、
2日でもうこんなに伸びてた!
今年も元気に育って、我が家のグリーンカーテンになってください♪



プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク