スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾voyage~台湾ごはん~


台湾ばなしその4。
最後は、食べたごはんをいくつかご紹介します。



台湾1

まずは、やっぱり小龍包。
鼎泰豊がいちばん有名ですが、
今回は違うところにも行ってみようということになり、
こちらに来てみました。
杭州小龍湯包。
もとは屋台でやっていたのが、人気がでてお店も出してしまったというところです。


台湾2

最初につまみをいくつか。
豚の豆豉炒め、ねぎと牛肉の餅包み、鶏のスープ。
台湾ビールはようやく発見したのですが、
まったく冷えておらず・・・。
帰ってきてから、「台湾はビール冷えてないから氷をもらわないと冷たいのないよ」と
言われました(涙。

台湾3

手作りの皮がおいしい、
ぷりぷりのえびシューマイ。

台湾4

メインの小龍包。
肉汁と具のバランスがとってもいい!
皮は薄めで柔らかく、いくつでも食べられそうでした。

台湾24

こちらは、お昼に立ち寄った
好記担仔麺。
すっかり有名になったお店ですが、
レトロな雰囲気はなんだかほっとします。

台湾25

昔ながらの味を変えていないという担仔麺。
えびや肉のだしがきいています。

台湾26

へちまとかにの炒めもの。
へちまを使うメニューが結構あるのですが、
こんな風に食べるとおいしいのかぁと、興味津々。

台湾27

佛跳牆は、高級乾物のごった煮スープ。
ふかひれなども入っていて、すごく濃厚なだしが出ています。
洗練はされていないけれど、あとにひく味。
モツ煮込みにどっちかというと近かったかも・・・・。


台湾29

最後に行ったのは、こちら。
火鍋のお店です。

人気店のようで、とても込んでいて、
外で並んで待つ人たちも。
次の予約のお客さんが入るまでに出てくれるなら、と
時間制限つきで、ラッキーなことにすぐに入れてもらえることに。


台湾30

ここではなんと、冷たいビールがでてきました!(笑)

台湾31

急がせてしまってもうしわけないから、サービス、と
おつまみを出してくれました。
味付けは韓国味噌風。


台湾32

さて、火鍋に突入です。

お店で人気の具財を教えてもらって
その中から、豚肉、牛すじ、白菜、イカのすり身をチョイス。

台湾33

2色の煮汁は、見るからに辛そうなピリ辛汁と、
クコのみやなつめ、しょうがなどがたっぷり入った薬膳汁。

汁を器にとるときは、辛い方を1、薬膳汁を2の割合でとるとおいしいよ、
と教えてもらい、さっそく
「いただきます!」

辛い方は、あとをひく辛さ!
でも牛すじはこちらのほうがよく合いました。
薬膳のほうは、やさしい味わい。
でもしっかりとこくがあって、辛い汁にも負けない味です。



台湾34


次の予約時間までに出ないと・・・と気にしていたのですが、
結局もう大丈夫、と言われ、デザートまでいただきました。
なんだかなつかしいあずきバー。
汗だくのお鍋のあとに、ほっとする味でした。

食べているときは、おいしいけれど辛くて暑くて
なんだか大変なことになっていたのですが、
思い出すと、あの辛さがまた恋しくなり・・・。

台北に行くなら、またぜひ立ち寄りたいお店です。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。