スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高台寺の大茶会


京都東山は高台寺で行われた
北政所大茶会に行ってきました。

毎年春と秋に、高台寺で行われるのですが、
なかなかいつもタイミングが合わず、ここ数年は京都に帰れずにいました。
今回は本当に久しぶりです。


高台寺1

高台寺は、豊臣秀吉の菩提を弔うために、
夫人である北政所が建てたお寺。



高台寺4

お茶会は、高台寺のいろいろな場所で
複数の茶席が設けられているので、そこを行ったり来たりするのですが
その合間には、高台寺をゆっくりと拝観することができます。
秋の紅葉時には夜間ライトアップもされて
本当に綺麗なお寺ですが、どの季節にも違うよさがあります。


高台寺2

行ったときに、ちょうど献茶式が行われていました。
今年は舞妓さんも一緒です。

高台寺3

舞妓さんのお点前が見られる席は、
人気でかなりの順番待ちでした。

高台寺5

お昼は、ゆばづくしの点心がいただけます。
ゆばが大好きな私としては、大感激。
ゆばかけご飯のやさしい味がなんともいえません。

高台寺6

高台寺から台所坂を下って、ねねの道へ。
私はこの坂を見上げたときの景色が、とっても好きです。


高台寺7

秀吉が、戦に出陣する前に席を設けたという陣中席です。


高台寺8

こんな、洗面器のような大きな茶碗で、10名分くらいのお茶をたててもらい
円陣をくんで座った皆で、まわし飲みをするというもの。
今年は、新型インフルエンザでだいぶ騒がれているので
まわし飲みは今年はされませんでした。

高台寺9

円徳院では、お煎茶の席へ。
お茶の道具やお花などもまた違っていて
お煎茶の席もとても楽しいものでした。


高台寺10

最後は(いつもおきまりなのですが)洛匠でわらびもちを。
高台寺からねねの道を歩いてすぐそこなので
必ず立ち寄ります。
ここのわらびもちが私は大好き。
お抹茶の味がしっかりして、もっちりしているけれど
柔らかくふるふるなのです。
お庭の池の立派な鯉たちも見どころの一つ。


ゆかりあるお寺でお茶をいただき
おいしい和菓子を食べる一日。
京都が地元でよかったなぁと、つくづく思います。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。