スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月料理教室のご報告


今月も、無事にお教室が終了しました。

6月教室1

梅雨入りして、蒸し暑くなってきた今日この頃、
すがすがしい気分になれるようなテーブル&メニューを
と考えてみました。

テーブルは、先日その存在を思い出した(笑)グリーンのクロス。

6月花

そして、マトリカリア。
カモミール!と思って飛びついたら、お仲間の一人でした。

6月教室3

前菜
Oeuf frit, pomme écrasé au basilic et champignons sautés
半熟卵のフリット バジル風味のポテトのエクラゼ きのこのソテー添え

今回は卵をメインにした、野菜との組み合わせの一皿。
卵は、いつも鶏肉をお願いしている港やさんで注文した
「日本一のこだわり卵」
卵のこくが全然違う&黄身の色が、黄色というよりオレンジ?というくらい濃厚なのです。
(切ったところも撮っておけばよかった、と今気づきました・・)
サフランで色と香りをつけ、刻んだイタリアンパセリを混ぜたパン粉で包んで揚げています。


6月教室4

メイン
Saumon mi-cuit beurre blanc au thym
サーモンのミキュイ タイム風味のブールブラン

マリネしたサーモンを半分だけ火をとおし、
生のねっとりした甘みと、焼いた香ばしさの両方を味わえる一品にしました。
サーモンの一部をペーストにして、キャベツでまいたものを付け合せに。
タイムがサーモンにも、ソースにも香ります。

6月教室5

デザート
Tatin de bananes au rhum,chantilly au café
ラム酒をきかせたバナナのタタン コーヒーのシャンティ

ほろ苦いキャラメルをまとったバナナと、白いのにコーヒーの味がするシャンティとの組み合わせで
大人なデザートに仕上がりました。



6月教室2

あわせたワインは、こちらの2本。
メインには、あえて半甘口のロゼを合わせてみました。
白もロゼも、それだけでもとってもおいしいのですが、
お料理とあわせると、また新しい出会いがあるワインなのです。

どちらも大好きな造り手さんではありますが、
とくにロゼは、ロワールで最初に訪問した
マルク・アンジェリの造るワイン。(ドメーヌ訪問記はこちら
とても思い入れがあるので、ぜひ教室でも紹介したいと思っていたのでした。


毎回、お教室が終わるたびに
生徒の皆さんに感想や今後の希望を聞いているのですが、
少しでも身近な素材で、とりかかりやすいメニューがあるほうが
やはりうれしいという声も多かったので、
今回は、素材の数はあるものの、一つ一つは身近な材料で作れるものをと
意識してみました。

メニューごとのメリハリで、
ときにはちょっと特別な素材もあり、またときにはとっても身近な素材もあり、
というふうにできたらな、と思うのですが、
少しでも活用してもらえるお料理であってほしいので、
また来月も、楽しいメニューを用意したいと思います。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。