京都のお寺


京都滞在の間に、
一日だけ、梅雨の中休みにしてはできすぎたくらい
湿気も雲もないとても気持ちのいい晴天の日がありました。

ここぞとばかりに、
一日中歩き回って、お寺巡り。
今回の関西ツアーの一つ目の目的はユニッソン・デ・クールでの食事でしたが
もうひとつの目的が、お寺へ行くこと。
どちらも一緒に行こう!と盛り上がった、久美子さんとの2人旅でした。


高山寺7

最初に向かったのは、
今回のお寺巡りのメイン、
高山寺。

京都駅からバスにゆられること40分。
高雄の山奥まで来ると、
下界ではすでに濃い緑になっているもみじが
まだ、透き通るような美しい若葉色なのです。

高山寺1

これだけ天気がいいと、
何をみても絵になる・・・。

いつもの大きなカメラを持ち歩いていなかったので
あまりいい写真ではありませんが、
雰囲気だけは伝わると思うので
いくつかご紹介したいと思います。

高山寺2

裏参道の石畳。
木漏れ日が本当にきれい。
この日はいろんなところで、光を通して見える影を
たくさん探しました。


高山寺3


石水院からは、美しい山々が見えます。
柱と柱で切り取られた景色は
まるでそれぞれが一枚の写真のよう。


高山寺4

あんなに美しい緑の景色があるのに、
反対側にある裏庭の池を眺めて
高山寺での時間の大半を過ごした私たち。

もみじの葉が沈んだ池には、アメンボやおたまじゃくし。
そして、新緑の木々が落とす影。
このコントラストがとてもきれいでした。


高山寺5

こうやってお寺の境内を歩いていると、
仏教って自然と共存しているんだなぁと改めて思います。


高山寺6

ヨーロッパで見てきた教会で感じるものと、
やっぱり根元のところで違うなぁ、と。

法然院1

場所は変わりまして、
哲学の道。
法然院です。
大好きなお寺のひとつ。
学生の頃、こちらで開催される学生イベントにも参加していたなぁ。


法然院2

どなたかが手を差しのべたのだと思いますが、
葉を伝って流れていく石の鉢の水が、とても趣深くて
思わず見入ってしまいました。

南禅寺5

哲学の道を最後まで下って、
南禅寺へ。

一番行きやすくて、一番好きなお寺が
この南禅寺です。

繁華街からもそんなに離れていないので、
学生の頃は、よくこの三門の下で
友人たちと語り合っていました。


南禅寺

大きな境内。
何度きても新しい発見があります。
法堂のお線香台の脚がこんな怖い顔をしていたなんて。

南禅寺3

高徳院まであがることはほとんどなかったけれど
石畳がこんなに素敵だったなんて。

南禅寺4

よくよく見ると、
院によって違う瓦の正面や鬼瓦。
今まであまりじっくり見たことがなかったなぁ。
いつもはお寺が開いている時間に来て
お庭を見たりするので、それ以外のところまでは目がいかなかったのかも。


南禅寺2

拝観時間を過ぎたお寺は、本当に静か。
普段見えないものも見えてくるのかもしれません。


それにしても、一日よく歩きました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク