ボージョレとポトフ


なんだかんだ言って、
この時期はやはりボージョレ・ヌーヴォーを飲みます。

最近は、とってもいい造り手さんのヌーヴォーも多くて
ワインとして、もうちゃんと出来上がっているようなものも多いのですが、
やはりフレッシュでみずみずしいのが、このヌーヴォーたち。
(しかもいちばんいい状態で日本にやってくる!)

フランスでもここまで大騒ぎしないよな・・・といつも思うし、
こんなにヌーヴォーが高いなんて!と最初は反発もあったのですが、
解禁の日に合わせて、大切に空輸されてくることを思うと、
ヌーヴォーが3000円以上もすることも納得しなくちゃ、と
思うようになりました。

解禁日はワインバーで8種類のヌーヴォーを飲み比べ。
(写真はありませんが・・・)

ボージョレ2010

翌日に飲んだのはこちら。
この造り手さんのものは、今回が初めて。
いいクリュ・ボージョレのようにしっかりした味わい!


2010beaujolais7.jpg

そして、久美子さんとふたりでガメイ比べをしたのは
このワインたちです。

1本は、去年に引き続き、シャソルネイのラパン(うさぎ)ちゃん。
もう一本は、久美子さんが持参してくださった
ロワールのガメイ。

ラパンは大好きで、毎年一度は口にしたいワイン。
ワインとしてちゃんとバランスが取れているので、
このまましばらくねかせておいてから飲んでも、もっとおいしいんじゃないかと
いつも思います。

ロワールのほうは、2006年だったのですが、
まるでローヌのワイン?というくらい濃厚!
同じ品種とは思えない味わいが、また面白く、おいしかったです。

2010beaujolais1.jpg

ヌーヴォーといえばこれでしょう、と
ベーコンやソーセージ、じゃがいもをたっぷりいれた
シンプル即席ポトフを作りました。


2010beaujolais8.jpg

脇役なのに力が入っているのは、このマスタードたち。
教室の生徒さんにお土産でいただいたものや、
フランスにいる友人が送ってくれた、カシスやエストラゴンのフレーバーがついたもの。
そして、パリのマイユ本店で買ってきた非加熱のフレッシュマスタード。

シンプルポトフが、これだけで華やかになります。


2010beaujolais10.jpg

食事の最後に、何か甘いものが食べたいねという話になり…。
「パンペルデュがおいしそうじゃない?」
「おいしそう!、久美子さん、作って♪」
「はいはい~」
ということで、久美子さんにパンペルデュを作ってもらいました♪
(ぜいたく者です(^^;)
ちょっとお砂糖を焦がしすぎちゃった、といわれたのですが、
ちょちょっといろんなものをプラスして、
大人味のおいしいキャラメルりんごソースに。
むしろ赤ワインがまだまだすすむ・・・!

ワインに合うおいしいデザートっていうのも、
いろいろできたら、なんだか楽しそうですね♪


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク