スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンダンジュ体験記 Domaine de la Taille aux Loups

今回の渡仏の一番の目的
ヴァンダンジュ(ブドウ収穫)に参加してきました。

向かった先は、ロワール地方。
パリから車で3時間くらいのところ、
Montlouis-sur-LoireのDomaine de la Taille aux Loupsを訪問しました。

このドメーヌは、
2年前、初めてロワールを訪れたときに立ち寄った
トゥールの街のワインやさんで勧められて買ったのが
初めての出会い。

そのとき、とても印象的だったので
ずっと覚えていました。

今回は、仲のいいコルドンブルーのシェフが、
ここのドメーヌのオーナーと友人だということで、
直接紹介してもらって参加することに。

DSC_0293.jpg

訪問したのは、ヴァンダンジュが始まって4日目。
収穫に参加しているのは、
日雇いで働いているsaisonierたち。

DSC_0298.jpg

Montlouis-Sur-Loireのワインには辛口~甘口があって、
全てChenin Balnc100%で作られます。


DSC_0289.jpg

ブドウの収穫には、とてつもなく徹底したこだわりが。
今日が収穫のリミット、という完全に熟した房だけをとって
2週間かけてすべてを収穫するというのです。

収穫を手伝わせてもらおうと思っていたのですが、
どれが今日とっていいブドウかを見分けるのは難しいので、
見るだけになりました・・・。

DSC_0314.jpg

収穫したブドウは選果台にあけられ、
傷んだところを丁寧に取り除いていきます。

これならやってみてもいいよ、と言われ
選果作業を手伝わせてもらうことになりました。
運ばれてきたブドウを、一つ一つチェックし、
剪定ばさみできれいなブドウだけにしていきます。

この、髭とサングラスのムッシュが
ドメーヌのオーナー、Jacky BLOTさん。

最初はとっつきにくい、ちょっとこわい感じのする人でしたが、
とても優しく、何でも教えてくれて
そして、ワインに対して熱い情熱を持った人でした。

DSC_0309.jpg

見本にと見せてくれたブドウです。
右が、傷んでカビがついてしまったブドウ。
紫色になってかびたところだけを取り除きます。
左は、貴腐菌がついて、糖分が凝縮したいいブドウ。
試食させてもらったら、
貴腐のついたブドウは、干しブドウのように
甘みがぎゅっと凝縮していました。


DSC_0321.jpg

途中で、甘口ワイン用のブドウ畑も見せてもらいました。
立派なブドウの木は、樹齢70~80年の古木。
一つ一つのブドウにエキスを凝縮させるために、丁寧に剪定し、
1本の木になるブドウの房を、8つにまで絞っています。


DSC_0364.jpg

収穫は夕方17時に終了。
「君たちのおかげで、予定より1時間早く終わったよ」と
ムッシュからひと言。
選果作業を手伝い始めた私たちの仕事が
意外にも戦力になったようでした。

戻ってからの作業もみせてもらえることになり、
斜面を利用した3階建ての小屋へ。


DSC_0336.jpg

ここは小屋の屋上部分。
小屋の反対側から普通に道を歩いてくると、1階の高さにあります。
車で運んできたブドウを、
どんどん放り込んでいきます。


DSC_0341.jpg

その1階下がこちら。
上から入れたブドウはこの中に入っていきます。
このプレス機で、一気にブドウは圧搾されて
ジュースになるのです。


DSC_0352.jpg

絞ったばかりのジュースをいただきました。
これだけで、すでにおいしい!!
ぐっと甘みがあり、すがすがしい香りもあって
これがワインになる日が
待ち遠しくなりました。


DSC_0362.jpg

絞ったジュースは、
さらに下の階にあるタンクへ。

その下の階には、自然の洞窟を利用したカーヴがありました。
このドメーヌでは、ビオのブドウ栽培をしているのですが、
醸造面でも自然なつくりを実践していて、
発酵も酵母を添加せず、自然界に存在する酵母を取り込んで
発酵させるのだそう。



DSC_0330.jpg

戻って、ワインの試飲もさせてもらいました。
ドメーヌには、とても立派なテイスティングルームも。

DSC_0332.jpg

これが、彼の作るワインのラインナップ。
泡ものから始まって、
Montloius-sur-Loireの辛口~甘口、
Brougeuilも畑違いを全部
畑の場所や、ワインの違いを説明しながら出してくれました。

一緒に手伝った収穫に、見せてもらったカーヴ、
そしてワイン。
彼の話を聞きながら、
これだけワインに対して熱い思いを持ち、
こだわりを持っているからこそ、
彼のワインはおいしいんだな、としみじみ思いました。

最後に、ワインを買って帰りたいとお願いした私たちに、
在庫がなくてプライベートワインを出してきてくれたムッシュ。

本当にお世話になりました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

先日はお祝いコメントありがとう♪
ブログどうしたのかなぁと思っていたらパリに行っていたのね。
1ヶ月もなんて羨ましい~☆
こちらのドメーヌはTシェフの紹介かしら?
写真で私も体験した気分にさせてもらいました。
ところでESSE登場おめでとう。なかなか外出できなくて
今日やっと本屋に行ってみたら12月号になっちゃってました。残念。

そうです!

悠さん、もう家に戻ったのかな?
そうなんです。
1ヶ月ブログをとめてしまったのは
パリに行っていたからなんです~。
このドメーヌは、そのとおり、Tシェフの紹介。
またそのうちブログで紹介しますが、
悠さんのスタージュ先のシェフにも
会ってきましたよ~。
プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。