スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンダンジュ体験記 Domaine Pierre BRETON

ロワールヴァンダンジュの旅、2日目。

訪れたのは、Montlouisからさに西へ1時間弱。
Bourgeuil。

DSC_0429.jpg

Domaine Pierre &Catherine BRETON

このドメーヌのオーナー、ピエールに初めて会ったのは、
去年のボジョレヌーヴォーの日。

パリのワインやさんで開かれていた
ヌーヴォーの試飲会で仲良くなったのでした。


DSC_0427.jpg

彼がドメーヌのオーナー、ピエール。

DSC_0419.jpg

奥さんのカトリーヌ。
今回のヴァンダンジュの現場指揮は、彼女。

DSC_0406.jpg

ブルトン家のわんこ、ボビー。
とてもかしこくて、かわいい犬で、
畑でのブドウ収穫の間中、私たちをなごませてくれました。



DSC_0394.jpg

午前中は、カーヴに案内してもらい、
ワインをテイスティング。
畑の場所や特徴などをひとつひとつ説明しながら
出してくれました。


DSC_0412.jpg

お昼は、収穫のメンバーみんなと一緒に。
昼間からワインを飲みながら、
陽気にわいわいがやがや。


DSC_0440.jpg

午後になって、
今日収穫する畑へ。
到着したのは、BourgeuilのLes Perrieresという畑。
昨日はCheninBlancでしたが、
今日は黒ぶどう、Cabernet Francです。

DSC_0447.jpg

2人1組で、両側からブドウを摘み取っていきます。
今回は私たちも摘み取りに参加。


DSC_0455.jpg

どこまでも続くブドウ畑。
畝と畝の間がかなり広くとられていました。


DSC_0459.jpg

今日の収穫を終えて、
畑でお疲れさま会。
カトリーヌが、古いVouvrayと、Morgonをあけてくれました。


DSC_0465.jpg

一緒に収穫していたメンバーの半分くらいは、
stagiare(研修生)。
勉強のために収穫を手伝いに来ています。
たった半日一緒に働いただけでしたが、
とても楽しい仲間たちでした。



jus de vin

収穫を終えて、戻ってくると
お疲れさまドリンクが。
これは、maceration carboniqueを始めて3日目の
ブドウジュース。
甘くて、ちょっと微炭酸で、
子どもの好きなシロップのような味でした。

DSC_0477.jpg

収穫したブドウは、すぐに除梗してタンクへ。

DSC_0482.jpg

ピエールが真剣なまなざしで
見守っていました。

週末にパーティをするから、
それまでここに残っていてよ、
とかなり情熱的に誘ってくれていたのですが、
予定を変えられず、そのまま夕方にパリへ戻ることに。

でも、本当に温かく迎え入れて、
昔からの仲間のように楽しませてくれました。

また次は東京で会おうね、と約束。
本当にありがとう、ピエール!



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。