シャートー・レ・クレイエール

フランス滞在中に行ったレストランの中で
一番印象的でした。

crayere14.jpg

シャンパーニュ地方の街、ランスにあるシャトーレストラン、
Chateau Les Crayeres(シャトー・レ・クレイエール)です。

crayere3.jpg

私がムーリスでスタージュをしていた頃、
2番手のシェフとして厨房を取り仕切っていたシェフ、フィリップ・ミルが
今はこちらのトップ。
ムーリスで一緒だった料理人も何人か移ってきているので
厨房には懐かしい顔が。


crayere1.jpg

アペリティフは、サロン手前の素敵なラウンジでいただきました。
さすが、シャンパーニュにあるレストラン、
ブルゴーニュワインは全般的に手厚いですが、
シャンパーニュのリストは特に、とっても充実していました。


crayere2.jpg

こんなに美しくカラフェに移してくださる姿を見られるレストランは
そうそう多くはありません。


crayere4.jpg

こちらは、ラングストのマリネ。
お料理は、どれも本当に美しく、また繊細な味わい…。
フィリップの料理は、どこか日本人的な印象も受けます。


crayere5.jpg

シタビラメはドゥミセルのバターで香り高く。

crayere6.jpg

スズキには、アンディーヴのブレゼが添えられていました。
これがまた絶品!

crayere7.jpg

セロリのリゾット仕立て。
トリュフがこのあとたっぷりかかります。

crayere8.jpg

鶏のうまみが美しく、凝縮した一皿。
黒いダイヤモンドは、なんとトリュフでできているのです。
これは、フィリップがボキューズ・ドールにフランス代表で出たときの
一品なのだそう。


crayere9.jpg

プチフールを経て、デザートへ。

crayere10.jpg

4人それぞれに、違うものを出してくださいました。

こちらは、マンダリンの一皿。

crayere11.jpg

ショコラのスフレには、この後トリュフのアイスがたっぷりと。

crayere12.jpg

洋ナシの形をしたアメを割ると、キャラメルのソースが。

crayere13.jpg

ビスキュイ・ド・ランスには、カンパリのソルベとライムのジュレが。
なんとも可憐な、春らしい色合いです。


crayere15.jpg crayere16.jpg crayere17.jpg

ワインは、ソムリエの方にお任せし、
料理に合わせてこちらの3本を選んでくださいました。

ブルゴーニュ訪問の後、パリに帰る前にわざわざ遠回りした
シャンパーニュ。
このランチのためだけに来て、そのまますぐにパリにもどりましたが、
それだけの価値のある、至福のひとときでした。

フランスでは、シェフが完全に代わると、ミシュランガイドの星は
また一からのスタートになります。
シャトー・レ・クレイエールもフィリップに代わってから再スタートをきり、
今年の春、一つ星を取りました。
きっとあっという間に階段を駆け上がっていくだろうな…。
またぜひ来たいレストランです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク