パリ・骨董市

2月のフランス話に戻ります。


brocante3.jpg

私が住んでいた15区、
サン・シャルル通りのブロカント。
だいたいこの季節は、週末ごとにいろんな通りを巡回しながら
ブロカント(骨董市)がたつのですが、
ちょうど今回滞在していた週末が
この通りでのブロカントでした。

この通りに来ると、
住んでいたときのことがなつかしく思い出されます。

よく通っていた肉やさんがちょっと移転していたり、
新しいパンやさんが出来ていたり、
改装中だった建物が、ちょっとステキなプチショッピング街になっていたりと
いた頃とはまた少し変わってはいるけれど、
でもやっぱり変わらないものがたくさんあります。



brocante6.jpg

ここのブロカントは毎年、この2月の回のほかに11月にも、
このサン・シャルル通りにやってきていました。(たぶん今もそうなのかな・・・)
すごく質の高い、いいものを扱っているところもあれば、
ダンボールの中のもの、どれでも全部1ユーロ!みたいな
ガラクタ箱を並べているところもあって、
幅広く宝探しができるのが、ここの好きなところ。


brocante4.jpg

でも、不況でスタンド出店料を出してまで来られないのか、
ガラクタ箱を並べていたスタンドは、今回ほとんどきていませんでした。
美しいものは、高価ですが、味があって本当に素敵。
並べてあるグラスや食器だけでなく、
シャンデリアや食器棚も売り物です。


brocante1.jpg

今回、お魚料理用のナイフとフォークのセットを見つけたスタンド。
もちろん、デパートで新品を買うこともできるのですが、
あえてブロカントで探したいと思っていました。


brocante2.jpg

アンティークには、世の中に二つとない、
人の手を渡ってきたものだけが持つ味わいがあります。

brocante5.jpg

人との出会いと同様、食器たちとの出会いも一期一会。
今回の旅で出会った食器たち
大切に使いたいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク