IL VINO


今回の滞在で
1つだけ星つきレストランに行きました。


1016IlVino_1.jpg

ILVINO
2007年にオープンして、2008年にミシュランで1ツ星をとった
イタリアンレストランです。


1016IlVino_2.jpg

以前ムーリスでスタージュをしていたときに
一緒に働いていた部門シェフのイタリア人が
このレストランのスーシェフになって働いているので
彼の店に食べに行こう!と皆でやってきたのでした。


1016IlVino_4.jpg

このお店は、普通のレストランと
ちょっと違います。

これはお店のメニュー表。
だけど、お料理の名前は一つものっていません。
あるのはワインのリストだけ。

コース料理も、アラカルトも、
ここではワインを選び、そのワインにあった料理が
出てくるのです。

レストランのオーナーは、
2004年の世界ソムリエコンクールで最年少で優勝したという
エンリコ・ベルナルド氏。

彼ならではの、演出です。

せっかくだからと
Menu Degustationを頼むことに。
お料理とワインが毎回出てきますが、
ワインは全てブラインド。
出てくるたびに、何かをみんな真剣に考えて楽しみました。

1016IlVino_5.jpg

カナッペは、オリーブたっぷりの
ケークサレ。

1016IlVino_9.jpg

アペリティフには、
Domaine Albert Mann の Pinot Blanc 2007
アルザスの自然派の造り手さんんです。

イタリアンのお店ではあるけれど、
やはりここはフランス。
一番にはフランスのワインが出てきました。


1016IlVino_6.jpg

アミューズは、
エスカルゴのトマトソース。
トマトと合わせると、とたんにエスカルゴもイタリアンに。

1016IlVino_7.jpg

アミューズとアントレには、
イタリアの白があわせられました。

フリウリのD.O.C Collio
北イタリアのソーヴィニヨンとは想像がつかず、
もっと北のほう?なんて予想していました。
イタリア、まだまだ勉強しないと・・。


1016IlVino_8.jpg

アントレ
サーモンのハーブマリネ
オリーブオイルの風味がよかったです。

1016IlVino_11.jpg

続いて赤。
Domaine CHARVIN の Cotes du Rhone
このドメーヌも、ナチュラルなワイン造りをしているところで、
Chateauneuf du Papeがメインですが、
コートデュローヌもじゅうぶんにおいしい。
南のワインでありながら、エレガントな味わいでした。

1016IlVino_10.jpg

メインは、Veauのロティ。
この季節、たっぷりのgirolleがうれしい。

1016IlVino_15.jpg

ここでもう1本赤ワイン。
Perisselo の BARBARESCO Nubiola 2004
すでにタンニンがまろやかで
こくのある味わいでした。

1016IlVino_12.jpg

デザートにはティラミス。
やはりここはイタリアン。

1016IlVino_13.jpg

最後にデザートワイン。
MALVIRA'のBIRBET
ちょっと微発泡の赤の甘口で
とても軽いのみ心地。
MALVIRA'はピエモンテ州のドメーヌで、
ロエロがメイン。
でも、このBrachetto100%の甘口も
とても楽しい一杯でした。

フランスにいながらにして食べるイタリアンと、
クイズのように楽しみながら味わったワイン。
いつもの星つきレストラン訪問とは
違った楽しさがいっぱいの夕食でした。



IL VINO
13, boulevard de la Tour Maubourg
tel 01 44 11 72 00
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク