シャブリ


帰国前の週末を利用して、
Chablisへ行ってきました。

DSC_0714.jpg

ブルゴーニュは、ボーヌに2度ほど行ったことがあったのですが、
シャブリは今回が初めて。

パリからレンタカーを借りて
約3時間。
小さなかわいい町に着きました。

DSC_0707.jpg

急に冷え込みが厳しくなってきていたので
朝の気温はだいぶ低く、
高速も途中から深い霧に包まれ・・・・。

着いたときはまだシャブリもどんよりとしていたのですが、
すぐに太陽が顔を出し始めました。

DSC_0709.jpg

シャブリの町を散策。
シンボルはやっぱりこの教会。
大好きなラヴノーやドーヴィサのエチケットの教会はこれかぁ・・・と
感慨もひとしおです。

DSC_0696.jpg

お昼は、訪問したドメーヌの人にお勧めを聞いて、
1ツ星レストランのオーナーが経営するビストロ、
DES GRANDS CRUSへ。

シャブリといえば・・・で
Andouilletteを注文。

実はわたし、
留学中に一度もアンドゥイエットを食べたことがなかったのです。
今回が初・・・。

豚の腸に臓物類を詰めたものがこれ。
大腸に詰めたらアンドゥイユ。小腸に詰めた細い方はアンドゥイエット。

カリっと焼いてあって、
うんうん、おいしい。
Chablisのワインにあうのかどうかというと、う~ん・・・ですが、
結構くせがあると聞いていたわりにはいけるかな。と完食。

一緒に食べていた友人は、
これは本当に臭くないほう、パリだともっときついのあるよ、と
言っていました。
でも、後口に結構においが残ってやっぱりちょっと厳しい・・・。
フランス人の好きそうな食べ物ですが、
毎日はちょっと無理かも。



DSC_0732.jpg

午後は、町から少し出て畑へ。

DSC_0735.jpg

すっかり霧が晴れて、快晴。
気温がぐっと下がって、ブドウの葉の色が変わり始めているので
ブドウ畑は少しグリーンを残しつつ、明るい黄金色に。


DSC_0736.jpg

グランクリュの畑の丘から。
シャブリの町の教会と、その後ろに続く黄金の畑が本当に美しい。
あの教会の鐘の音を聞きながら
ブドウ畑で仕事をしているシャブリの人たちの生活が目に浮かびます。


DSC_0767.jpg

今年の夏は日照時間がとても少なく
ブドウにとってはあまり好ましくない状況だったよう。
プルミエクリュの畑でも
ブドウが病気になってしまって
実がつかないまま枯れている木がたくさんありました。

でもこうやって見ていると
そんなことも忘れてしまうくらい。
どこまでも静かで、
どこまでも美しい。


DSC_0742.jpg

シャブリから少し離れた村にも
遊びに行ってみました。

Noyers-sur-Sereinという
シャブリから南へ少し行ったところにある村。
フランスで最も美しい村に指定されている村の一つです。

DSC_0744.jpg

城壁で囲まれた小さな村は、
いろいろな様式の家があって、
とてもかわいかったです。
骨董やさんの古本のディスプレイだけでも
こんなに絵になってしまいます。


DSC_0766.jpg

戻ってシャブリの町で
お土産を買いました。
DUCHEというビスケット。
シャブリの名物なのですが、ちょっと固めのフィンガービスケットです。
これを、ChablisやChampagneに浸して食べるのだそう。

DSC_0780.jpg

夜は、地元のレストランに
足を運んでみました。

とりあえず、ブルゴーニュ料理のオンパレード。

まずはやっぱり(?)エスカルゴ。
これが一番ワインに合った!
でも、見えるでしょうか。
テーブルに出されてすぐに撮った写真ですが、
1つ、中身が入れ忘れられていたのです・・・
残念。



DSC_0782.jpg

アントレは、oeufs en meurette
ポーチドエッグの赤ワインソースです。
ブルゴーニュといえば・・・で頼んでしまいましたが、
ここはシャブリ。
頼んだChablisには、やっぱり違う物をあわせたほうがよかったようです。

DSC_0786.jpg

そして、メイン。
la jambon a la chablisienne
シャブリの郷土料理、ハムのシャブリ風というのを頼んだのですが、
出てきたものが予想外でちょっとびっくり!
ハムのステーキトマトソース、と思っていたら、
このソースは、マヨケチャ・・・!?
ハム自体の味は悪くなかったのですが、
見た目と、ソースと、付け合せの野菜の塩っ辛さに
ほとんど食べられませんでした。
残念。

DSC_0777.jpg

お料理とのマリアージュはかないませんでしたが
頼んだワインは本当においしかった!

Domaine SERVIN
Chablis Premier Cru VAILLONS 1999

熟成した味わいは
すでにシャブリではないシャブリでした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク