スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのフルーツたち

fruits2012_6.jpg

今回の渡仏目的の一つ、
フランスの初夏のフルーツを仕入れました!

今年は異常気象で雨続き。
毎日肌寒くて、なかなかフルーツたちも太陽を浴びることができず…。
旬もやっぱりずれてしまったようです。

それでもフランスらしい子たちに出会うことができました!


fruits2012_2.jpg

春~初夏は、やっぱりイチゴ。
たくさんの品種があって、大きさや食感、甘みや酸味が違います。
私が好きなのは、mara des bois(マラデボワ)という品種なのですが、
本来この品種が一番出回っている時期なのに、まだ少ししか出ていませんでした。
一番多かったのは、garigette(ガリゲット)。
写真のイチゴです。
マラデボワよりもこちらのほうが酸味がしっかりしているので、
コンフィチュールを炊くのに向いているかも!と
今回はこちらを購入。

fruits2012_7.jpg

ちなみにこの子がマラデボワちゃんです♪


fruits2012_3.jpg

アプリコットは、鮮やかなオレンジ色。
私の大好きなフルーツです。
甘みと酸味のバランス、食感。
火を入れてもおいしくて、お菓子にするのも楽しいフルーツなのですが、
なかなか日本ではこれ、という味に出会えません。
この子もコンフィチュールメンバーに。


fruits2012_4.jpg

チェリーは、色のこいタイプと、日本のさくらんぼのような
淡い色のタイプの2種類がありましたが、
大半はこの濃い色のもの。
濃厚な味わいの中にきれいな酸味があって、
何とも言えないおいしさ♪

fruits2012_5.jpg

桃は、コンフィチュール用には白桃を選びました。
フランス産の、おいしそうなもの・・・と思って買ったのですが、
時期が早かったのか、この子はちょっと固めの桃でした。


fruits2012_8.jpg

これはまた種類の違う桃で、ペッシュプラット(peche plate)。
平べったい桃なのですが、日本では蟠桃と言うみたいですね。
日本の、ジューシーな桃とはまたおいしさの種類が違う、
ぎゅっと詰まった味わいの桃。
これはそのまま食べる用に購入♪

さて、たっぷりのフルーツたちを買い込んで、
コンフィチュールづくりの始まり始まり・・・!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。