異文化に触れてin Mexico

少し遅めの夏休みで、メキシコに行ってきました。

「夏休みはどこかへ行くの?」
「今年はメキシコへ行きます」
「え? なんでメキシコ??」
という会話を何度も繰り返して、いざ出発。

●なかなか行けない遠いところに行きたい
●違った食文化に触れたい
●遺跡を見たい
●リゾートもしたい
なんていうわがままを満たしてくれたのが、今回の旅でした。

mexico_6.jpg

まず到着したのが、首都、メキシコシティ。
メキシコって、すごく遠い場所だと思っていたのですが、
直行便に乗れば、13時間でついてしまうと知って、ちょっとびっくり。
ヨーロッパとそれほど変わらないんですね。

着いた瞬間から雨。気温15℃。
標高2000mの街なので、緯度の割に結構寒いのです。

mexico_5.jpg

あいにく、太平洋には大きな大きな熱帯低気圧、カリブ海には巨大ハリケーンが同時に襲来という
タイミングにばっちりあたってしまい、毎日、雨。
アカプルコなど、太平洋側は大洪水になっていたのですが、
幸いにも旅のルートはそこまでの災害には遭わず、なんとか旅を続けることができました。

着いた翌日が、メキシコの革命記念日。
前日まで教員組合のデモが占拠していたのを機動隊が一掃した直後の広場は、
記念式典の準備でやはり封鎖されていました。

革命記念日を祝うViva!Mexicoグッズを売る出店があちらこちらに。


mexico_1.jpg

メソアメリカの古代文明を、今回はおなかいっぱい見てきました。

ティオティワカンの古代都市は、今までに出会ったことのない異空間。
高度な知識を持っていながら、石器、木器を超えるものを持たなかったという
未だ解明されないことがあまりにも多すぎる文明です。


mexico_19.jpg

人類学博物館にも行ってきました。

mexico_11.jpg

膨大な量の像や遺跡資料。
全部ちゃんと見て回ったら、丸一日あっても足りないくらいです。


mexico_20.jpg

とぼけたかわいい像のように見える、チャックモール像。
生贄の心臓を乗せるための台だったそう…(!!)


mexico_2.jpg

メキシコシティから飛行機でひとっ飛びして、メリダへ。
こちらもやっぱり悪天候。

写真は、ウシュマル遺跡。
マヤ文明の流れをくむ遺跡の一つです。


mexico_3.jpg

どこの遺跡にも、ピラミッドがありますが、
エジプトのものと違うのは、ピラミッドに階段があり、のぼって上にあがることを目的としていたこと。
祭事を行っていた神殿などが上にはあります。


mexico_10.jpg

このピラミッドを上る階段が、かなりの急傾斜!!
今まで足を踏み外した人、いないのかなと思うくらい。


mexico_9.jpg

こちらは、カバー遺跡。
壁一面に、雨の神様チャークが。
鼻が折れていますが象のような顔をしています。


mexico_14.jpg

さらに、こちらも同じくマヤ文明の遺跡の一つ、チチェン・イツァ遺跡。
ピラミッドの4面の階段をすべて足すと、太陽暦の1年を表す365段になっていると言われています。


mexico_12.jpg

マヤ人の末裔のおうちも訪問しました。
昔ながらの方法で、トルティージャを作るお母さん。
味見させていただいた、焼きたてのトルティージャは、熱々でとても香ばしかった!


mexico_13.jpg

そうそう、遺跡には、イグアナがたくさんいました。
天気がいいと、もっともっとたくさん出てくるそう。
じゅうぶんたくさんいたんだけどな…。


mexico_15.jpg

ユカタン半島には、セノーテと言われる泉があちこちにあります。
訪れたセノーテは、鍾乳洞のようになっているタイプのものでした。
幻想的な光景。
水着を持っていけば、プール代わりに普通に泳げます。


mexico_16.jpg

たっぷりの遺跡めぐりを終えて、ようやくたどり着いたリゾート地、カンクン。


mexico_22.jpg

ところがやっぱり大荒れの天気…。


mexico_23.jpg

砂浜には赤旗が。
遊泳禁止です(;_;)。


mexico_4.jpg

もう青い海は見られないかとあきらめていたのですが、
今日帰る、という日の朝、ようやく顔を出してくれたお日さま。
太陽の光を浴びて、ようやく海が輝きだしました。
つかの間でしたが、青い海を眺めることができました。
やっぱりカンクンはこうでないと!!


mexico_17.jpg

メキシコ料理もいろいろ堪能してきました。
そんなご報告はまた改めて…♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク