年の瀬の特別ワイン

ワイン仲間と一緒に貯金をして、年に数回だけ
とっておきワインを一緒に開けるという会を開いています。

今年のラストを締めくくるとっておきワインの会は、
他では出会えないようなワインと、オーナーさんの絶妙な口説きトークに出会える
UTAKATAでの宴。

ワインの宴2013_12_1

仕事が長びいて、遅刻で到着。
すでに美しい泡が注がれていました。
一口目の香りで、すでに癒されるブラン・ド・ノワールから。


ワインの宴2013_12_2

開けるワインは、都度候補を並べてそれぞれの説明を聞き、
全員で投票(?)して決めます。

熟成した白と、白ワインとして味わうことを提案されたシャンパーニュ。
自分のヴィンテージがあったので、かなりそれにもひかれたのですが、
最終的にはやっぱりラフォンに軍配が。
83年のシャルムです。
グラスの中で少しずつ変化してくる香りに、'さすがはラフォン'と思わざるをえません。


ワインの宴2013_12_3

2本目は、赤を。
私が自分のヴィンテージにひっかかっていたので、
また候補に挙げてくださいました。
(結局セレクトはされなかったのですが…、いつかぜひ♪)
トロロンモンドの1972年、ボルドーワインですが、ブルゴーニュグラスで
香りを楽しみながらいただきました。


ワインの宴2013_12_4

3本目は、さらに古いヴィンテージから。
説明を聞いているだけで、心は何十年前にもタイムスリップしてしまいそうになります。
全員一致で指差した1961年、ルイラトゥールのニュイサンジョルジュ。
村名とは思えない味わいに、まずびっくり。
優しく、ゆっくり時が流れるワインでした。


ワインの宴2013_12_6

ふだん料理とワインを合わせて…といろいろ試行錯誤していますが、
本当においしいワインを前にしたときには、
ワインが全てになってしまうなぁと、いつも思います。
といっても、そんなワインは普段なかなか出会えないのですが・・・(^^;)。


ワインの宴2013_12_7

―私にとっての、ワイン。

最初は'ただのお酒'だったワインが、
フランスでの生活をきっかけに、どんどん自分の中で大きな存在となりました。
ワインを通じて、たくさんの大切な人との出会いがうまれ、いろいろな経験や勉強をし、
仕事の上でも違う世界が広がりました。
(といっても、まだまだ勉強中の身ではありますが・・・(^^;)

今年もたくさんの人に出会い、たくさんの経験ができたことに
心から感謝、です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク