スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロンデュショコラ2014東京


今年もチョコレートの祭典、サロンデュショコラが東京でも始まりました。

salonduchocolat2014_1.jpg

去年はどうしても期間中に都合がつかず、行けなかったので
2年ぶりです。
今日(22日)からが一般公開なのですが、プレス枠のプレオープンとパーティに参加してきました。

毎年、東京のサロンデュショコラはすごいなぁと感心します。
パリのサロンデュショコラも2回ほど行きましたが、
1日では周りきれないほどの巨大な会場に、高級なものから庶民派カジュアルのものまで
ありとあらゆるショコラにまつわるものがずらりと並ぶ、チョコレートの見本市。
その中の、トップショコラティエをぎゅぎゅっと集めた精鋭揃いのサロンが東京版。
広いとは言えない会場に、トップショコラティエがこんなに密度濃く集結しているのを目の当たりにして
なんて贅沢な空間・・・といつも息をのみます。


salonduchocolat2014_2.jpg

プレオープンの会場でショコラを買ったり、シェフと話をしたりした後は、
シネマ会場でのプレス向けイベント。


salonduchocolat2014_3.jpg

映画のスクリーンを使っての、
オープニングアトラクションです。


salonduchocolat2014_4.jpg

ショコラをあしらった衣装は、東京では大きく取り上げられませんが、
パリではファッションショーもあります。


salonduchocolat2014_5.jpg

こんなにぎゅうぎゅうに立っていただくのが申し訳ないほどの
シェフたちの大集合でした。


salonduchocolat2014_6.jpg

試食研究用に(?)、奮発してボンボンをいくつか買いました。


salonduchocolat2014_9.jpg

今回のサロンデュショコラのテーマは’magie' マジ=マジック。
魔法にかけられたような、きらめきのショコラたちです。

パリでは見かけたことがありませんが、日本では、さまざまなショコラティエのボンボンが
一つずつ楽しめるセレクションボックスというものがあります。
今回はこのボックス、開けるとこんなふうにシェフたちの顔が飛び出すマジック付きでした(笑)。


salonduchocolat2014_8.jpg

ボンボンショコラは、指先でつまんでポイ、と口に入れたら終わりの、
本当に小さなものですが、その一口の中に、本当にいろいろな技術や工夫が詰まっています。
同じに見えても、香り、口どけ、カカオ分、フレーバー、組み合わせや割合、
少しでも違うと全く別の味わいになります。

ショコラそのものの繊細な味わいもそうですが、
ボンボンのコフレ(パッケージ)やディスプレイも、
他のスイーツとは一線を画しているのがショコラ。
いつもショコラティエに行くと、素晴らしいアート作品を見に行った気持ちになります。

バレンタインに贈るチョコレートを・・から始まった日本のサロンデュショコラも
もう12回目なのだそうです。
今では、自分のためのショコラを探す女性のほうが多いのだとか。
私の買ったショコラたちも、バレンタインまでには賞味期限がきてしまうので
まずは自分で食べて、研究、研究(笑)。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。