スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空レストラン2014年10月



被災地支援団体aoSORAntの活動、
今月も参加させていただきました。

aosorant20141013_2.jpg

向かったのは、福島県南相馬市。
角川原仮設住宅です。


aosorant20141013_12.jpg

少し速度を遅めた台風が、徐々に近づいている中、
雨が降る前に…と準備スタートです。


aosorant20141013_1.jpg

今回も、私の担当はごはん。
いただいた茨城の栗を譲り受け、栗ごはんを作ることになりました。
今回は100食分。
栗およそ8キロの皮をむくのは、結構な時間と労力・・・。
これもおいしい栗ごはんのため。
えいえい、おー!


aosorant20141013_7.jpg

あく抜き、下ゆでした栗を詰め、調味液も準備万端。
いざ、出発です。


aosorant20141013_18.jpg

お米と調味液、栗を
いつものガス釜にセットして・・・


aosorant20141013_4.jpg

2回に分けて、炊きます。

aosorant20141013_6.jpg

今回のメニューは、こちら。
銀屋さん、岩井さんの天ぷらチームです。


aosorant20141013_5.jpg

天ぷらの海老の仕込みをする銀屋さん。
お手伝いしてくださる、地元のお母さん。
もともと魚屋さんで仕出しもされていたとあって、
魚介の扱いはなれているからと、進んでいろいろと手伝ってくださいました。


aosorant20141013_3.jpg
aosorant20141013_11.jpg

今回の天ぷらだねは、
えびの他、キス、アスパラ、マイタケ、そして飛び入り参加のチーマディラーパ。


aosorant20141013_9.jpg

銀屋さん、岩井さんの、息の合ったコンビで
どんどん天ぷらが揚がっていきます。


aosorant20141013_10.jpg

出来上がったおべんとうが、こちら。
岩井さんのなめこのおろし和え、お漬物は、芭蕉菜、かぶ、みょうが、
チーマディラーパの葉は辛子和えに。
季節の天ぷらの盛り合わせに、栗ごはん。
秋の味覚たっぷりの、メニューになりました。


aosorant20141013_16.jpg

お昼前に降り始めた雨は、どんどん激しくなり、
皆さんが、集まってくださるころに、ずいぶん強くなってしまいました。


aosorant20141013_14.jpg

そんな雨の中も、傘をさして、
並んでおべんとうを待ってくださる皆さん。

あとで、
「おいしかったよ、ありがとう」
と、わざわざ言いに来てくださったのが
何よりもうれしいひとことでした。


aosorant20141013_13.jpg

ここでも、盛りつけのお手伝いをしてくださるお母さん。
とっても元気で、たのしいおしゃべりで逆に私たちを盛り上げてくださいました。

息子さんは今東京にいらっしゃるそうで、
「この後は、戻っていらっしゃるんですか?」と聞くと
「いやぁ、もう戻らないよ~。
戻る場所もないからねぇ。
本当は、うちの魚屋を一緒に継いでもらってるはずだったんだけどね・・・」と。
笑って茶化しながらも、寂しそうにうつむいたお母さんの姿を見て、
言葉に詰まってしまいました。


aosorant20141013_17.jpg

こちらが、お母さんの旦那さま。
魚屋のお父さんです。
お父さんも、雨の中ずっと私たちを気遣って
声をかけてくださっていました。


aosorant20141013_19.jpg

「このへんでは、さんまを天ぷらにするんだけど、よかったら一緒に揚げてみて」と、
お父さん、さんまを持ってきてくださいました。

そのまま生でたべてもおいしい、
立派なさんまです。


aosorant20141013_15.jpg

天ぷらになったさんま。
初めて食べました。
ちょっぴりしょうゆを垂らしていただくと、
生とも、塩焼きとも違う、何とも言えない香ばしいうまみがひろがりました。

お父さんのおかげで、新しい出会いが、また一つ。


aosorant20141013_20.jpg

少しでも喜んでいただけたら、元気になっていただけたら、との思いで
向かうのですが、
現地のおとうさん、おかあさん、皆さんに出会い、
半日を一緒に過ごす中で、
逆にいつもパワーをもらっている気がします。

一緒に料理をしたおかあさんたちの笑顔を思い出し、
やっぱり「食」って人をつなげてくれる大切なものだな、と
改めて思い
「もっとがんばろう」と
志を新たにする帰り道でした。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。