花びらもち


お正月になると、
京都ならどこの和菓子屋さんにも並ぶ、はなびら餅。

花びらもち

丸いお餅の生地に、味噌餡、甘く煮たごぼうが包まれたこの和菓子。
宮中のお年始の行事がその起源なのだそうで、
それが裏千家の初釜に使われるようになり、
一般庶民にも広まったのだとか。

実家の近くにある町の和菓子やさんでさえ、
新春には必ず店頭に並ぶので、
お正月にはどこにでも必ずあるものと思っていたのですが、
どうもそうではないようですね。

東京に持って帰ってきて、撮影のときにスタッフさんにお出ししたのですが、
「東京じゃとらやくらいでしか見ないかも・・・・」
とのことでした。
やはり京都の和菓子なのでしょうか。

そういえば、梅こぶ茶もそうみたいです。
我が家では元日の朝、家族で食卓を囲んで一番最初に
小梅と結び昆布の入ったお茶を、家族全員でいただきます。
それからお雑煮、おせち。
このお茶も、他では聞かないといわれました。

お雑煮をはじめ、
地方によって異なるお年始の食べ物が
まだまだたくさんあるんですね。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク