料理教室のご報告2015年5月

5月の料理教室が、無事に終了しました。

教室2015_5_5

今月のテーブルは、ブルーがテーマカラー。
爽やかな青空の色です。


教室2015_5_1

ちょうど母の日にあたる日曜を含む日程だったので、
お花はカーネーションも加えて。
教室の1週間前までフランスに行っていたのですが、
満開のリラがとても印象的で、その思い出もプラスして。
あとは、ベランダのハーブなどでアレンジしてみました。


教室2015_5_7

今月の季節の素材は、鰹。
初鰹がおいしい季節になりました。
ゴールデンウィーク明けすぐのレッスンだったので、
築地市場でいい鰹があるか心配していたのですが、
いつもお世話になっている仲卸さんが、とても立派な鰹を仕入れてくださいました。
本マグロの赤身?というくらいの綺麗な色です。


教室2015_5_6

そして、たくさん出回りはじめたマンゴー。
国産もこれからが旬ですが、輸入物も同じ時期。
甘みと酸味、食感、それぞれがしっかりしたものがほしくて、
メキシコ産をセレクトしました。


教室2015_5_12

メインの名わき役は、こちら、プルーン。
一緒に煮込んで旨みを出します。
せっかくなので、Agenのプルーンをフランスで購入。
お土産を使ってのレッスンにしました。


教室2015_5_8

今月の前菜。
Bonite fumée mi-cuit au mangue
~スモークした鰹のミキュイとマンゴー~
ミキュイ=半生に火入れした鰹と生の鰹、2種類にかるく薫香をつけ、
マンゴーとともにサラダ仕立てに。
バルサミコのソースと、スパイス風味のマヨヴィネグレットソースの
2種類をたっぷりかけていただくと、
いくらでも食べられそうな爽やかな味わいになります。


教室2015_5_9

メイン
Medaillons de porc aux pruneauz
~ポークのメダイヨン プルーンとともに~

豚ヒレ肉を、メダイヨン=メダルのような円盤状に形を整え、
プルーンとともにクリームソースで仕上げます。
パサつきやすいヒレ肉もしっとり仕上がり、普段ごはんにもおもてなしにもなる一品。
プルーンの甘酸っぱい味わいも、ソースの味の一部になります。


教室2015_5_10

デザート
Tarte EarlGrey
~アールグレイのタルト~

タルト生地、アーモンドクリーム、ガナッシュ、ソース、すべてに
アールグレイの香りを移した、シンプル&シックなタルト。
サクサクの生地としっとりのクリームのハーモニーを楽しみます。
もともとタルトは大好きなデザートの一つですが、
今回、自分のためにだけでもまた作りたいお気に入りの一品が、また誕生しました♪


教室2015_5_3

合わせたワインは、こちら。
鰹の質感+酸味を利かせたソースには、タヴェルのロゼのしっかり味が
ぴったりと寄り添ってくれました。
メインのヒレ肉は、ヒレ肉のやわらかさ、プルーンのほのかな甘さが、
シュナンブランの甘いようなニュアンスの香りときれいな酸が包み込んでくれる組み合わせ。
どちらも、料理の味わいをひきたててくれる味わいながら、
初夏のテラスで開けたくなるような、心地いいワインでした。


教室2015_5_2


また来月もお待ちしています!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク