salon du chocolat 2009

毎年新宿の伊勢丹で催されている
サロンデュショコラ。

去年の秋、パリでのサロンの直前に帰ってきてしまったので
今年は初めて伊勢丹に行ってみました。

少し早く着いてしまい、
開店前のデパートに到着したところ
すでにたくさんの人が入り口の前に・・・。
10時の開店と同時に、
すごい勢いで会場へと走り出す若い女性たち。
え、今日は初売り初日・・・?の光景です。

催事会場に到着すると、
すでに、ショコラとお茶を楽しめるイートインカフェと、
BERNACHONの販売ブースには長蛇の列が。
たくさんのショコラティエが来ているのに、
なぜか、BERNACHONだけ異常な人気です。

他には、Pierre Hermé やJean-Paul Hévin、Christine Ferber Henri le Rouxなどの
有名どころや、MOFのシェフたちが勢ぞろい。
フランスからシェフが来日しているところが多く、
フランス語率がとても高い会場。

ふらりふらりと歩いていたら、
virginie Duroc-Dannerのブースに
以前コルドンで一緒にお菓子のクラスを受けていた友達が!
フランス人と結婚し、パリに住んでいて、
スタージュ先のショコラティエにそのまま就職していました。

どこのブースにも、美しいショコラたちがずらり。
地下の売り場でも買えるものも多いのですが、
ここではシェフに会えたり、試食ができるので
やっぱりイベント感が満載。

いろいろ試してみたくなるのですが、
やっぱりおいしいショコラはお値段もそれなりにします。
全部のショコラティエで買っていたら大変なことになるなぁと思っていたら、
ちゃんとセットになったものがあったんですね。
さすが、日本。

salonduchocolat.jpg


MOFのショコラをベーシックなもの、オリジナリティのあふれるものを
それぞれ一つずつセレクトしたセット、
そして、MOF以外のショコラティエのものを1ずつセレクトしたセットを
それぞれ買ってみました。
あとは、Pralusのミニショコラも。

ショコラを味わうときは、
ワインのテイスティングをしているのと同じ気持ちになります。
見ため、香り、食感、味わい、
味わいも、甘み以外に感じられる酸味や渋み、コクなど
一つ一つ微妙に違って本当に奥が深い。

一粒ずつ、じっくりと味わいながら
ちびちびと食べたいところですが、
おいしいので、あっという間になくなってしまいそうです(笑)。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク