スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1962年のワインをもとめて、シャブリへ

今回の渡仏のいちばんの目的は、
シャブリ訪問でした。

chablis2015_13.jpg

久しぶりのシャブリ。
3回目の訪問です。

去年の被災地支援青空レストランにも参加してくださった
シャブリのワイン生産者、フランソワ・セルヴァンさんを訪れ、
一緒にワインを飲むのが今回のミッション。


chablis2015_21.jpg

パリから列車で1時間半ほど。
最寄りの駅まで、セルヴァンさんが迎えにきてくださいました。

着いた日は、どんよりと重い空に、雨。

chablis2015_5.jpg

まずは、カーヴを見学させていただきました。

シャブリのワインは、
ステンレスタンクだけを使って発酵させることが多いのですが、
セルヴァンさんは、昔ながらの造り方も実践したいと、
樽も使って発酵、熟成をさせています。

まだ樽で熟成中の、去年のワインをまずは試飲。

chablis2015_6.jpg

樽が並ぶカーヴの片隅には、
古びた工具が並べられた、趣のある棚が。

ワイン造りだけでは生計をたてるのが難しかった時代、
セルヴァン家は、ワインの樽作りも兼業で行っていたのだそう。
そのときの工具が、そのまま並べられていました。


chablis2015_7.jpg

ステンレスタンクのワインも試飲させてもらいました。
樽か、ステンレスタンクか、畑の区画ごとに、個性がより生かせるほうを選んで
使うのだそう。


chablis2015_8.jpg

少し前に瓶詰された2013年、
その前の2012年も比較試飲させていただきました。

こうやって同時に味わうと、
区画ごとの違い、年の違いが
手に取るようにはっきりわかります。


chablis2015_9.jpg

ここからは、セルヴァンさんの自宅の個人カーヴに移動。
2人の息子さんも合流して、
さらにテイスティングは続きます。


chablis2015_2.jpg

ワインのお供に出してくださったのは、
スライスしたコンテとアンドゥイエット。
アンドゥイエットは、豚の胃の腸詰で、
シャブリの名産品の一つです。
ちょっとクセのある香りが特徴的なのですが、
そのままスライスして食べたのはこれが初めて。
焼いて食べるよりも香りが抑えられるので、
より親しみやすいかも?
コンテとの相性ばっちりでした。


chablis2015_4_201505171531379dd.jpg

メインのワインは、こちら。
Chablis Monteé de Tonnerre 1962年

50数年の時を経て、熟成しつつも
まだまだみずみずしく、溌剌とした味わい。


chablis2015_10.jpg

62年は、セルヴァンさん、そして岩井さんの生まれ年のワイン。
年に数回は日本を訪問されるセルヴァンさんが、
一緒に飲みましょう、と、岩井さんと約束されていたこのワイン、
ようやく一緒にグラスをかたむけることが叶いました。

「10年ごとに1本ずつまた開けましょう」と、セルヴァンさん。
あと11本あるそうなので、
110年は大丈夫…?!


chablis2015_11.jpg

前日までの悪天候がうそのように、
翌朝は、快晴に恵まれました。


chablis2015_12.jpg

朝日があまりに気持ち良くて、
朝からシャブリの町を散歩。
雲一つない青空です。

前日には、「明日も一日雨の予報で・・・」とセルヴァンさんから聞き、
「シャブリでどしゃぶり?」という岩井さんのだじゃれ
(「だ」じゃれではなく「お」しゃれだといつもたしなめられますが(笑))を
必死でセルヴァンさんに説明したのですが、
幸いにもその言葉は使わなくてすみました(^^;)。

chablis2015_14.jpg

パリの街とは違う、地方の町の小道。
何気ない風景にも、吸い込まれるような魅力があります。


chablis2015_15.jpg

シャブリの象徴ともいえる、教会。
有名生産者のワインのラベルにも描かれていますが、
ワイン畑からこの教会を眺めると、
時間を知らせてくれたり、
きっと心のよりどころになっているんだろうなぁと
しみじみと感じます。


chablis2015_17.jpg

町は、1時間も歩けばほぼ網羅できるくらいのサイズ。
道路の先に見えるのは、グランクリュの畑です。


chablis2015_18.jpg

セルヴァンさんに案内いただき、
そのグランクリュの畑のさらに上にある、小高い丘の上まで連れて行ってもらいました。
ここから見ると、シャブリの町を中心に広がるブドウ畑の形状や、
微妙な起伏、太陽の当たり方まで、手に取るようにわかります。


chablis2015_19.jpg

実際に彼の畑にも連れて行ってもらいました。
ブドウは、芽吹き、枝を伸ばし始めたところ。

同じこの土地、同じブドウ品種で作っていても、
区画一つで個性の違うワインが出来上がる、
ワインって本当におもしろいんですよ、と、セルヴァンさん。


chablis2015_20.jpg

さて、今年のブドウは、
いったいどんなワインになるのでしょうか・・・?



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。