先日、ストウブを使った世界の料理イベントに参加してきました。


ペルー料理13

「STAUB WORLD RESTAURANT TOUR」は、世界各国の料理をストウブで味わうイベント。
3月から始まっていて、9月まで計7回開催されます。


ペルー料理2

今回は、ペルー料理。
原宿にあるBepocah cocina peruanaでの開催です。
一昨年にメキシコに行って以来、ずいぶんと親近感を感じる南米料理ですが、
日本でペルー料理のレストランに行くのは、これが初めてです。


ペルー料理1

ウェルカムドリンクは、ピスコサワー。
ピスコは、ペルー原産の、ブドウ果汁を原料にした蒸留酒。
ライムの爽やかさに加えて、泡立てた卵白が特徴的な、ペルーの国民的カクテルです。


ペルー料理3

最初に出てきたのは、セビチェ。
爽やかな口当たりなのに、あとからじわり、じわりと辛みが広がってきて、
ほどよく汗が出ます。
日本の暑い夏には、これくらいに唐辛子使いがぴったりかも・・・!


ペルー料理4

冷たい前菜の盛り合わせは3種類。
奥から、紫色のオリーブソースがかかったタコ、魚介のサラダ、そしてオコパ。
オコパは、ワカタイと呼ばれるアンデスのハーブを使ったグリーンソースを、
じゃがいも(今回はホクホクのインカのめざめ)にたっぷりかけたもの。
このグリーンソース、初めて出会う味・・・!


ペルー料理5

温かい前菜は、アンティクーチョ・デ・コラソン。牛ハツの串焼きです。
ストウブのグリルパンで焼き上げられたハツは、
プルンとやわらかくて、とっても香ばしい香り。
黄唐辛子のソース、ハーブのソース、ロコトと呼ばれる赤唐辛子を使ったソースの3種を
お好みでつけていただきます。


ペルー料理6

次はスープ。
ペルーでは、チャウダーのようなスープを、チュペと呼ぶそうです。
ソラマメと、ケソ・フレスコと呼ばれる、しっかりした食感のフレッシュチーズ。
ここにスープが入ります。


ペルー料理7

まるでビスクのような、海老の香りがひろがるスープ。
でも濃厚過ぎず、すっと入ってきます。


ペルー料理8

メインのごはんは、アロス・コン・パト。
鴨のコリアンダーごはんです。
一人分ずつ、小さなストウブで提供されます。


ペルー料理9

中は、こんな感じ。
一人分ずつ、ストウブで炊き上げたごはんは、
蓋を開けた瞬間に、スパイスのやさしい香りが広がります。
こんな演出ができるのも、ストウブならでは。
いいな、ほしいな…♪


ペルー料理10

デザートは、キヌア・コン・レッチェとルクマのアイスクリーム。
キヌアはすっかり人気も定着した雑穀。
やさしいミルク煮になっています。
ルクマはペルーで人気のフルーツ。
調べてみたら、ペルーではアイスクリームのフレーバーで
1,2を争う人気の味なのだとか。


ペルー料理11

素敵なラインナップのストウブたち。
うちでは、グリルパンが大活躍しているのですが、
本当はお鍋も欲しいんだなぁ・・・。
新製品のごはん用のお鍋というのがまたかわいくて、
これでテーブルに出したら素敵・・・と妄想を広げています。

このイベントは来月が最後の回。
9月はフランス料理とのコラボレーションだそうです。
まだご案内はアップされていいませんが、
HPのURLだけご案内しますね。
http://www.staub.fr/ja/nyusu.html
ご興味のあるかた、ぜひ!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク