初参加のはっぴーらんちぷろじぇくと


東北での被災地支援ボランティアで、
福島県相馬市の飯豊幼稚園、小学校を訪問してきました。

はぴらん7

今年はまだ一度も参加できていなかった、被災地でのボランティア。
今回は「はっぴーらんちぷろじぇくと」の活動に、初めての参加となりました。

「はっぴーらんちぷろじぇくと」は、被災地の子供たちとの交流を重ねているボランティア団体。
福島を中心に、幼稚園などでランチを提供したり、音楽イベントなどをしたりしています。

今回は、ランチ部隊3人衆の一人として参加させていただきました。
もうお二方は、天ぷら師匠、岩井さんと、そば職人の知花さん。
強力和食タッグです。


はぴらん9

今回のボランティアで初めてご一緒させていただいた知花さん。
かわりそばずしと、野菜の巾着を作ってくださいました。
素敵な笑顔で、そばずしの作成中です。


はぴらん4

岩井さんは、いつもとは違う家庭用のフライパンで、天ぷらを。
えびと、鮎、銀杏が揚がっていきます。


はぴらん8

ランチの準備には、東京から一緒にうかがったスタッフの皆さんと、
園児のお母さんたちがお手伝いしてくださいました。


はぴらん10

作り方のワンポイント講座あり、毎日のおやつ作りの相談あり、
プチ料理教室を兼ねてのランチ準備タイムです。


はぴらん3

子どもたち用の器は、こんな感じ。
手のひらに収まるほどの、小さなサイズ。
園児べんとうも仕事でよく作るので、サイズ感はある程度感覚があるのですが、
改めて見てもやっぱりミニサイズです。
ひとつひとつのくぼみに、動物の絵があるところがポイント。
左上のスペースが猫の形だったので、ここにねこちゃん型のデザートを作ることにしました。


はぴらん2

完成したおべんとうがこちら。
私が担当したのは、キノコの炊き込みごはん。
そして、猫の形の杏仁豆腐です。

洋食系のおべんとうになることが多いそうで、
和食ランチは今回が初めてとのこと。
あんまり秋らしさ満点で茶色くなってしまうと、子供たちもがっかりかな、と思い、
ごはんにベーコンや枝豆を混ぜてみたり、
杏仁豆腐にベリーソースでお顔を描いてみたり。


はぴらん12

子どもたちのテーブルに同席させていただき、一緒にお昼を食べました。
好みや食べるスピードもまちまちなので、
全部食べ切れる子ばかりではありませんでしたが、
「これは私が作ったんだよ」と伝えると、頑張って食べてみようとしてくれたり、
自分の好きな食べ物や苦手な食べ物を一生懸命教えてくれたりと、
おべんとうに立ち向かって?くれていました。
作った料理に対する子どもたちの生きた声が聞ける、貴重な時間をいただけたことに、感謝。


はぴらん6

午後は、隣り合わせで建っている小学校での音楽プログラムを
一緒に見学させていただきました。
ゲストは音楽家の新垣隆さん。
誰もが親しみのある名曲を演奏してくださったり、
子どもたちからのキーワードで即興で弾いてくださったり。
グランドピアノではない普通のピアノとは思えないほどの
美しい音色にうっとりのひとときでした。


はぴらん13

新垣さんのピアノ伴奏で、全員で歌ってくれた歌も。
震災の後、子どもたちの作った歌詞に、卒業生の音楽家さんが曲を付けてできあがったという
小学校の復興テーマソング。

大好きな地元・福島、大切な友達のことを歌ったメロディーに
思わず目頭が熱くなる、素敵な歌でした。


はぴらん11

帰り道の車窓から撮った一枚。
きっと、もとはこうじゃなかったんだろうな、という光景が
まだまだ広がっています。
すっかり影をひそめてしまっている被災地の報道ですが、
少しでも現状を伝えられたらな、
また、あの子たちの笑顔に会いに来れたらな、と
心から思いながらの帰り道となりました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク