料理教室のご報告 2015年11月

11月の料理教室が無事に終了しました。

教室2015_11_

今月のテーマは、「秋深まるこっくりメニュー」。
テーブルも、シックなグレー&ブルーで。
生地が分厚く色が落ち着いているからだと思うのですが、
少し寒くなってきたくらいの時期に使いたくなるクロスです。


教室2015_11_11

センターの花は、パープルブルーに白、グリーンをメインに、
紅葉の季節をイメージして、少しオレンジを足してみました。


教室2015_11_5

今月も素敵な食材がそろいました。
メインに登場したのは、金目鯛。
つい先日、八丈島で漁師をしている友人から送ってもらった金目鯛でパーティをしたのですが、
そのときの金目鯛で今回のレッスンメニューを試作してみたところ、
思った以上にぴったりの組み合わせ…!
本当はほかの魚を予定していたのですが、急きょ金目に変えることにしました。
教室用の分は、築地で調達。
勝浦の立派な金目鯛は、1.5㎏ありました。


教室2015_11_7

前菜、そしてデザートに使ったのは、
今が旬の洋梨。
出始めの時期は、いろいろ種類があるのですが、
11月に入るとほとんどがラフランスになります。


教室2015_11_1

今月のメニュー、まずは前菜から。
Boudin blanc aux poires
~ブーダン・ブラン 洋梨を添えて~

ブーダンは、ソーセージのこと。
ブラン=白で、白ソーセージです。
卵白やクリームなども入って、ムースのようになめらかなのが、ブーダン・ブランの特徴。
今回は、季節の洋梨をソテーし、ピュレをソース替わりに添えました。
豚の血で作るブーダン・ノワールとは違って、手に入る食材だけで作れるブランを
失敗せずに作るポイントをご紹介しました。


教室2015_11_2

メイン
Filet de Beryx long poele a la flamande, betterave au romarin
~金目鯛のポワレ フランドル風ソース ローズマリーの香るビーツ~

金目鯛は皮目をパリッと焼いて、煮詰めた黒ビールで作るソースを合わせました。
ヴェルジョワーズという、甜菜から作るフランドル地方のブラウンシュガーを使い、
さらに付け合わせもこの地方の定番、ビーツをソテーして。
ほろ苦いソースに、ほんのりあまい付け合わせ、脂ののった金目鯛の食感が
うまい具合によく合ってくれました。


教室2015_11_3

デザートもフランドル風。
Tarte a la vergeoise et a la biere
~ヴェルジョワーズとビールのタルト~

メインにも使ったヴェルジョワーズと黒ビールで作る素朴なタルトは、
ナッツで食感を、洋梨で酸味とジューシーさをプラスして、
私好みに仕上げてみました。
ほんのりシナモンの香るシャンティを添えるだけで、
焼きっぱなしのタルトが素敵なデザートの一皿に変身します。

このタルト、見た目以上にかろやかで、しかも後をひく味。
試作の際は、いつも味を確認したら人に差し上げたりすることも多いのですが、
このタルトは気に入ってしまい、気がついたら一人でホールをたいらげてしまいました(^^;)。


教室2015_11_9

合わせたワインはこちら。
前菜に合わせた白は、ラングドックの複数品種をアッサンブラージュしたワインなのですが、
まさに洋梨!が広がる豊かな果実味の中に、
潮風を感じるような塩味がきりっとひきしめ役になっている
なんともバランスの取れた味わいでした。
メインに合わせた赤は、ジュラ地方の外れで作る土着品種を使った1本。
やさしく、やわらかい中に、あとをひく旨みが長く続く不思議なワイン。
ビールのほろ苦さも、ビーツの甘みも、金目の香ばしい脂も、
全部をうまくひとつにまとめてくれる、サプライズの組み合わせでした。

今月も新しいワインと料理の出会いに、感謝です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク