スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪の日本酒と和食を楽しむ会


先月のご報告、
イベントでの出張料理をさせていただきました。

諏訪の会1

長野県、諏訪地方の9つの酒蔵の日本酒が一堂に会するイベントで、
日本酒に合わせる和食をご用意するというものです。
親戚宅が諏訪湖畔にあることもあって、諏訪はご縁のある場所。
今年のゴールデンウィークに、上諏訪の5蔵を巡ってきたばかりだったので、
少しでも諏訪のご紹介に役立てるなら、と、受けさせていただくことに。
9蔵が地元で一緒にイベントをすることもないので、
東京で一度にいただけるのは、またとない機会なのです。


諏訪の会2

主催はsavory-japanさん。
上諏訪以外のお酒をいただくのは、
私も今回が初めてです。


諏訪の会16

せっかく諏訪のお酒に特化した会なので、
食材もできるだけ諏訪の名産を取り入れようと、いろいろ集めてみました。

まずはマルメロ。
諏訪湖のほとりには、マルメロの樹がたくさん植わっていて、
現地ではシロップ煮や花梨酒がお土産として売られています。
花梨とマルメロは別の果物なのですが、
あまり区別されずにいることがおおいかも。
使い方はほぼ一緒ですが、マルメロは産毛でおおわれていて、
香りも味も、ほんわりしている気がします。


諏訪の会17

諏訪湖といえば、ワカサギ。
有名ではありますが、県外に流通するほどの量ではないようで、
築地で探しましたが、入れているところがありませんでした。
現地から直送いただいたワカサギは、
小ぶりですが、黄金色に輝いていて、何より香りが甘い…!
生なのに、生臭くないのにびっくりしました。


諏訪の会18

ここからは、諏訪というより信州の食材。
凍み豆腐(高野豆腐)です。
一般的な高野豆腐より、厚みがないものが多いかもしれません。


諏訪の会19

野沢菜漬け、そして、そばの実。
これも、信州の名産です。


諏訪の会9

会場は、神田のサカキラボさん。
日本酒の杯をずらりと並べ、会場設営が進みます。
こちらも料理の準備スタートです。


諏訪の会3

今回のお客様は35名。
スタッフも入れて、40名分の料理を10品用意しました。
最初だけは一人ずつの突き出しを盛り、
あとは、テーブルごとに大皿に盛りつけて、お出しすることに。

突き出しは、こちらの3品。
出し巻き卵に、ワカサギの南蛮漬け、豆腐の味噌漬け。
味噌漬けに使うのは、もちろん信州みそです。


諏訪の会6

アペリティフ用にと用意したディップ。
味噌チーズディップは、クリームチーズベースで、
味噌の風味がふんわりと広がります。


諏訪の会7

揚げゴボウのそば味噌あえ。
煎ったそばの実をたっぷり加えた味噌あんを炊いて、
香ばしく揚げたごぼうをあえました。


諏訪の会5

野沢菜漬けは刻んでコロッケに。
七味唐辛子ならぬ六味(唐辛子抜き)で味付けして、
ひと口大に揚げました。
火が入ると野沢菜漬けの酸味がとんで、
信州のお焼きのようなほっこりした味わいになります。


諏訪の会4

マルメロは、スライスしてコンポートにしました。
このコンポートはフレンチ仕込み。
フランスでは花梨ではなくマルメロが主流なのですが、
先日シェフに教えてもらったレシピを応用。
聖護院かぶの甘酢漬け、柿、水菜と一緒に、箸休めのサラダ仕立てに。


諏訪の会12

凍み豆腐は、射込みにして、大根と一緒に炊き合わせました。
ほんのりと柚子の香りをきかせて。


諏訪の会13

焼き物は、酒蔵の酒粕を使って、粕漬けに。
今回は鱈を漬け込みました。
ともすると水っぽくなりがちな鱈も、しっかり漬け込むとコクのある酒のつまみになります。


諏訪の会11

ご飯ものは、場所と人数の関係で、温かいものが難しいだろうと判断し、
巻きずしにしました。
しょうがだれに漬け込んだサーモンを巻いた、これもおつまみになる一品です。


諏訪の会10

40人分の料理は、やはりなれないボリューム。
もっと余裕を持ってお出ししたかったのですが、
とにかく仕上げるのに最後は必死でした。(^^;)


諏訪の会15

いらしてくださったお客様。
会場はわいわいと楽しい声にあふれ、
最後はお片付けまで手伝ってくださいました。
日本酒も、お料理も、楽しんでくださったことを願って。


諏訪の会14

イベントのスタッフメンバーと一緒に。
準備は大変だったけれど、終わってみると楽しい思い出と充実感。
仕込みで倒れそうになったことも忘れて
またやってみたいな~と思ってしまう、素敵な会でした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。