7月料理教室のご報告

今月の教室が無事に終わりました。

教室2016_7_4

7月のテーブルは、オレンジ。
ちょっと昭和な気分のレースのランナーをしいて、
レトロに?仕上げてみました。


教室2016_7_5

センターは、今月の食材や、器の色をイメージして、
グリーンベースにほんのりローズ色。
色あわせにはいつも悩みますが、
この時期は、花の日持ちにもかなり気を使います。


教室2016_7_8

今月の特選食材は、えび。
北海道は古平の、縞海老です。
本来は、お造りとしてそのまま食べておいしい海老なのですが、
さっと火を通すと、また違ったおいしさがあるよ、と築地で教えていただき、
今回の前菜に使う海老は、いろいろ試した中で
この縞海老を使うことにしました。
縦に入った鮮やかな縞模様が本当にきれいな海老ちゃんです。


教室2016_7_7

たっぷりのハーブも登場します。
メインは、バジル。
生徒さんに、「ベランダ栽培ですか?」と聞かれるのですが、
さすがに教室で使う量はベランダでは賄いきれず・・・。
いつもお世話になっている、築地のお店でお願いしています。
水耕ものが多い中で、地植えのハーブを扱ってらっしゃるところがあって、
本当に香りがいいのです。


教室2016_7_6

グリーン&ローズのフルーツは、こちらのライチ。
今が旬のライチですが、産地によって、色や味が少しずつ違います。
今回、勧めていただいて選んだのは、中国産のグリーンライチ。
熟した状態が緑色で、少し粒は大きめ&種は小さめ。
他の品種より甘みがしっかりしています。
皮をむいた瞬間に、トロピカルな香りが部屋いっぱいに広がります。


教室2016_7_1

まずは前菜から。
Tarte croustillante a la tomate, aux crevettes et au pistou
~トマトと海老、ピストゥのタルト~

パイ生地を焼き上げたサクサクの器に、トマトコンフィ、ピストゥ、さっと湯通しした海老を重ねています。
パリッと揚げたバジルチップスと、バルサミコのソースが、味のアクセントに。
南フランスの風を感じさせてくれるような、
夏らしい前菜に仕上がりました。


教室2016_7_2

メイン
Filet de canard roti sauce aux abricots et aux amandes
~鴨胸肉のロティ アプリコットとアーモンドのソース~

しっとりロゼ色に仕上げるのがちょっと難しい鴨肉ですが、
オーブンで思った色に焼き上げるコツをご紹介しました。
酸味のきいたソースには、香ばしいアーモンドと甘酸っぱいアプリコットを合わせて。
付け合わせは、香ばしくて軽やかなポレンタを、グラタン仕立てにして添えました。


教室2016_7_3

デザート
Terrine a la rose et aux litchis
~ローズとライチのテリーヌ仕立て~

ローズパウダーを混ぜ込んだビスキュイに、軽やかなヨーグルトムース、ライチのコンポートを合わせて
テリーヌ型で仕上げました。
ライチのコンポートの煮汁はとてもいい香りで、そのままおいておくには忍びない味わいだったので、
ビスキュイにシロップとしてしみこませました。
口いっぱいに、バラとライチの香りが広がる、乙女なデザートです。


教室2016_7_9

合わせたワインはこちら。
前菜には、プロヴァンスのロゼがいいなぁとは思っていたのですが、
これは、トマトの香りやバジルソースの風味ともぴったり!
見た目は完全に白ワインですが、100%黒ブドウから作られている、
れっきとしたロゼワインなんです。
メインは、酸味メインでいくか、しっかりめの味を強調するかで、
リハーサルの時もかなり意見が分かれたのですが、
ナッツやドライフルーツ、コーンの香りも含めて楽しめる赤を選びました。
ただ、ちょっとボリュームもあるタイプなので、やや冷やし気味で。
夏には、あえて赤ワインを低めの温度で酸を楽しみながらいただくのも
ひとつの楽しみ方かな、と思っています。


教室2016_7_12

今月の食後のお茶は、Boissierの紅茶でした。
いろんな花の香りに、ビスキュイやマジパンの風味が入って、
華やかでこっくり甘いようなニュアンス。
今回のデザートのお供にぴったりでした。
缶のデザインも、何度見てもかわいい♪


ちなみにデザートのテリーヌ、切り分けたはしっこは、
翌日の雑誌の撮影に持参して、おめざとしてスタッフの皆さんに召し上がっていただきました。
喜んでいただけて、ほっと一安心。
教室のデザートは、なかなかそのままでは生活雑誌の中でご紹介できないのですが、
また差し入れにもっていきますね♪

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク