夏のドリンク事情

あまり冷たいものばかりを口にしてはいけないと思っていますが、
それでも暑い暑い日には、冷たい飲み物がほしくなります。

以前は、シュワシュワしたものが飲みたいね~なんて話をすれば、
シャンパーニュ?という暗黙のお誘いだったりしたのですが、
アルコール抜きの生活になってからは、それに代わるおいしい飲み物探しの旅が始まりました。

レモネードシロップやジンジャーシロップを作ってみたり、
ハーブウォーターを作ってみたり・・・・。


赤しそジュース1

赤しそシロップも作りました。
教えていただいて、使ってみたい!と思っていた、京都・大原の赤しそです。
大原は、京都の料理屋さんの間でも有名な野菜の産地ですが、
ここの赤しそは、種が他と違うのだとか。

収穫した赤しそは、しっかり洗って汚れをおとし、一晩冷蔵庫でパリッとさせたうえで
送ってくださるという、手をかけられたもの。
みずみずしくて、香りもいいいのです。


赤しそジュース2

少しずつ長い間楽しみたいので、お砂糖もあまり控えず、しっかりめのシロップを作りました。
炭酸水で割れば、色もきれいな甘酸っぱい赤しそソーダの完成です。

フランス、シャブリ地方でワインを造っている、日本大好きのフランス人の友人が、
自宅の庭でしそを育てているのですが、
このシロップをおすそ分けしたら、「来年は赤しそを育てて、これを作る!」と
張り切っていました(笑)。


麦茶1

甘いドリンクは、食事のときにはなかなか合わないので、
普段の食事どきには、麦茶を。
一保堂さんの麦茶が好きで、いつもこれを買っています。

そのままでも、しっかりめの煎り具合なのですが、
もっとしっかりめも好きで、勝手にさらに焙煎?をすすめて、
好みの色にしてしまっています。


麦茶2

これがもとの色。
焙煎用の道具を持っているわけではないので、
ふつうに鉄のフライパンで乾煎りしていきます。


麦茶3

これくらいしっかり色づいたら完成。
コーヒー色の麦茶になります。


麦茶4

冷やしても、温めてもおいしいので、
夏だけでなく、年中おすすめのコーヒー麦茶?です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

関岡弘美

Author:関岡弘美
雑誌等でレシピを紹介しながら
自宅での料理とワインの教室を主宰しています。
料理、お菓子、ワイン...
日々思うことをつれづれと。

料理教室のお問合せ、
お仕事のご依頼・お問合せは、
下のメールフォームよりお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク